おせちの保存方法

お正月に欠かせない料理のおせち、なかなか減らず残ってしまうことも…。

「やっぱりお正月だから余ってもおせちは
しっかり用意したい!上手に保存する方法って?」

「余ったおせちって冷凍してもいいのか知りたい!」

と思っている人必見です!

おせち料理を長く取っておくための保存方法のコツや
気になる賞味期限っていつまでなのかを紹介していきます!

お正月に余ってしまったおせちで困ってしまう人も、
より上手に保存したいと思っている人も是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

おせち料理の日持ちは最大で何日ぐらい?

購入の物はお重に詰め替えたときなど
に控えを取っておくことを忘れないように注意してください。

気になる手作りの賞味期限ですが…
味付けを濃くしても大体3日か4日で食べきるようにすることがオススメです!

なんと人によっては、余ったおせち料理を
お弁当に入れるというアイディアをしている人も!

また冷蔵庫で保存することで細菌の繁殖を遅くすることも出来ます。
ただ同じく早めに食べることがオススメで最大でも5日までに食べきるようにしてください。

↑こんなふうに、おせちの味に飽きてきた場合は
リメイクしておいしく食べ切ってしまってもいいですね。

とくにずっと保存しててもあんまり食べないと感じるものは
思い切ってリメイク料理にしちゃいましょう!

おせち料理でとくに余りがちな『伊達巻』の
リメイクレシピがあったので紹介しておきますね↓↓↓

おせちの『伊達巻』のリメイクレシピと保存方法を知りたい人はこちら

おせち料理が残ってしまった時の保存方法は?冷凍保存をしても大丈夫?

おせち料理は、冷凍保存も可能です!
ただ味が落ちてしまうことが多いので
出来るだけ冷凍せずに食べることがオススメです。

残ったおせち料理を冷凍保存した後の活用方法として
例えば、どうしても料理を作りたくない日ってありますよね?

そんな時には冷凍しておいたおせちを解凍しておかずにするのもいいですね!

冷凍するときは小分けにタッパーやジッパーのついている袋などで保存します。
乾燥しないようにラップを巻くなど工夫をすれば味の落ち方が変わってきますよ!
汁ものは汁を切って保存するようにしましょう。
冷凍すれば大体1か月ほど保存することができます。

スポンサーリンク

おせち料理の残りもの冷凍保存できるものとできないものはある?

おせち 冷凍保存

冷凍すると風味が変わったり、触感が変わってしまうものがあります。
気にしない人も中にはいますが、どうせならおいしく保存したいですよね。

おせち料理の中でも特に風味が変わりやすいのは数の子です。

冷凍することは出来ますが、解凍した後に皮が
破けてしまっていたりバラバラになってしまうことも…。

それによって風味が大きく変わってしまいます。
出来るだけ冷凍せずに食べきることがオススメです。

また触感が変わりやすいのがレンコンこんにゃくです。

歯触りが大きく変わってしまい、特にレンコンは
サクサクとした歯ごたえがなくなってしまいます。

味が落ちるどころか場合によってはおいしく感じることが
できなくなてしまうこともあるため冷凍はオススメできません…。

また、冷凍おせちを冷凍保存するときは再冷凍になってしまい、
風味が落ちてしまうのであまりオススメできません!

おせち料理の冷凍保存から再解凍するときのコツ

味を落とさず解凍するためには自然解凍がオススメです!
レンジでの解凍は味が落ちやすくなってしまう原因に…。

食べようと思っている前日に冷蔵庫に移して
解凍すると味の劣化が少なく解凍することができますよ!

↑こんな感じで余ったおせちを
解凍のあとおいしくリメイクしちゃうのもアリですね!

最後に

いかがでしたか?

食べきれず残ってしまいがちなおせちや苦手なおせちをリメイクしたり、
上手に冷凍しておいしく食べきってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク