埼玉の花の都、秩父で行われる羊山公園の芝桜まつりの
来場者は近年100万人を超えそうな勢いで増えています。

気軽に車で行くと渋滞にハマってしまい大変な目に合うことになりかねません。

地元の人は期間中混雑して動きが取れないので
車では羊山公園に近寄らないそうです。

どうせならスマートにお花見を楽しんで帰りたいですよね。

そこで、今回は秩父羊山公園の芝桜まつりの
混雑状況や渋滞を避ける方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

秩父羊山公園の芝桜2018混雑や渋滞はどのくらい?ピークはいつ頃?

羊山公園の芝桜まつりはだいたい4月中旬頃から始まります。

大型連休であるゴールデンウィークにもかぶっており、大変な混雑が予想されます。

土日やゴールデンウィークなどの休日の道路状況は
大渋滞を起こし、平日も午前中はノロノロと動かず混んでる状態のようです。

国道140号線は花園ICより長瀞から羊山公園まで十何キロと渋滞しています。

国道299号線もほとんど何もない山道で、
途中大きな休憩所もないので、渋滞にハマると大変です。

しかも羊山公園の駐車場はシーズンの土日祝は観光バス専用に
車両規制がかかっているそうで、園内に駐車することができません。

一般車両は少し遠くの臨時駐車場に止めなくてはなりません。

小さなお子さんなどがいると臨時バスも混んでいると思いますので、
時間に余裕を持って行動した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

秩父羊山公園の芝桜で渋滞をさけてスムーズに行く方法は?

混雑が予想される時間帯では混んでる道は避け、
はじめから迂回路を選択しておくのがベター。

だけど臨時の駐車場は駐車できるまで
渋滞して2時間くらいかかってしまうこともあるようです。

そして迂回路や一帯の秩父路の注意点は、山道が多く
常にギアを下げて運転しないとカーブも坂道もとてもきついということです。

道幅も狭く、対向車や路肩の運転には十分注意が必要になります。

これらを踏まえて一番いいと思うのは、朝早くに出かけること!

天候がイマイチだったり、平日などはまだ余裕があるかもしれませんが、
休日ともなると、出かける人の数が凄いので、出来れば朝8時くらいまで
遅くても10時には現地に着くように、早め早めに行動した方がいいでしょう。

それより遅くなってしまうと、車で出かけるのは諦めて
電車で出かけるかもしくは日にちをずらした方がいいかもしれません。

渋滞回避のポイント

  • 朝早く出かける
  • 渋滞が予測される時間帯は
    国道144号線や299号線を避けるルートで迂回する
  • まつり期間中の一定時期の土日祝は
    羊山公園内の駐車場は入れないため、はじめから臨時駐車場を目指す。
  • また秩父線の沿いの手前の駅周辺に車を駐車して、電車で目的地に向かう。

秩父羊山公園の芝桜2018周辺の駐車場はある?料金は?

駐車場は近隣の所であれば、朝早ければ停められるようです。

臨時駐車場はここ。

道の駅ちちぶ裏

【住所】
秩父市熊木町43
【時間】
7時から18時(入場は16時半まで)
【料金】
自動車500円

公園までのアクセスには無料シャトルバスがあるので、そちらをぜひご利用ください。

秩父ミューズパーク

【住所】
小鹿野町長留2518
【時間】
8時から18時(入場は15時半まで)
【料金】
無料

無料シャトルバスはありますが、秩父駅経由の帰路のみしかありません。

公園外部(8か所)

【住所】
横瀬町横瀬4132-1(案内所)
【時間】
7時から17時
【料金】
自動車500円

公園までのアクセスは徒歩で10分から20分ほどかかります。

羊山公園周辺の駐車場の穴場は、
少し離れた臨時駐車場である「秩父ミューズパーク」がおすすめです。

公園から少し離れていることもあって比較的空いています。

駐車料金は無料ですし、シャトルバスも無料で出ています。
さらに羊山公園まではシャトルバスで約15分ほどです。

秩父ミューズパークの臨時駐車場はとても広いので
停められる確率は高いのですが、その分シャトルバス待ちで
一時間ほど待たなければならない場合もあります。

羊山公園のおすすめポイント

羊山公園では9種類約40万株もの芝桜が
咲き誇り、見る者を圧倒してしまうほどの景色です。

芝桜というとピンク色をイメージしますが、
羊山公園では白い芝桜もたくさん植えられています。

秩父夜祭の屋台や笠鉾に乗っている、囃し手の襦袢模様と
躍動感をデザイン化したものを、芝桜で描いており、それはとても綺麗です。

羊山公園には他にも見所があり、武甲山資料館・美術館や、ふれあい広場、
わんぱく広場、テニスコート、グラウンド等がありちょっとした散策も楽しめます。

2018年は羊山公園の芝桜まつりに行ってみませんか?

スポンサーリンク