雪が解けて春の足音が聞こえてきたら、みんな大好きなお花見の季節!

お花見と言えばニュースで取り上げられるほど、
場所取りやお花見のマナーについて報道されます。

実際に職場の人や家族、友達とお花見をする時に
気を付けたいポイントやマナーがあったら知っておきたくないですか?

今回はそんなお花見の下見や場所取りに便利なポイントやコツ、
やってはいけないマナーやタブーについて紹介していきます。

他の人がどんなことを嫌と感じているか分かれば自然と
気を付けることができるかもしれません!

楽しいお花見のためにも是非チェックしていってください。

スポンサーリンク

お花見の場所取りはいつから?時間帯は何時からしてもいいの?

お花見をするならもちろんいい場所が理想ですよね。

いい場所を陣取るなら場所取りをしたいところですが、
場所によっては場所取りを初めてもいい時間帯が決まっている場所もあります。

もちろんのことですが、花見をしてもいい場所や
場所取りをしていてもいい時間を守り、自分だけでなく
誰もが楽しく気持ちよくお花見出来るようにマナーを守るのが前提です。

新人社員だったりすると花見の場所取りに行かされることがあるかもしれません。

大体の場所で早朝からなら場所取りをしていてもいいとなっていて、
野宿までして場所取りするのはやめてくれ!となっているようです。

大体早朝から正午にかけて場所取りをする人や企業が多いと思われますが、
平日なら余裕があっても休日には人が集まり混雑しやすくなっています。

なので平日なら正午頃、休日は早朝から場所取りをするといいと考えられます。

スポンサーリンク

お花見の場所取りの前に下見はしたほうがいい?

お花見の場所取りの下見はしっかり行った方がいいですよ!

下見をしっかりと行うことでいざ場所取りをするときに
どこにしようか迷うこともなく、桜が見にくいとか移動が大変なんてことも少なくなります。

また、上司や仲間から場所が指定されている場合でも
場所取りの時に探しているうちに場所を取られちゃった!なんてことも…。

しっかりと下見をすることで失敗を減らし余裕を持つことができるという訳です。

下見をすることで余裕を持った場所取りができる上に、仲間に一目置かれることも!?
評価アップできるなら面倒な下見や場所取りも苦ではない…かもしれません。

お花見の場所取りの下見をするときのポイントや選びどころ、気をつけることは?

混雑具合トイレの位置コンビニの距離
ごみを散らかさない為にもごみ箱の場所の確認座りやすさを考えて地面にも注目!

お酒に酔ってしまった時を考えると出来るだけ平らな地面を選ぶといいですよ。

コンビニの近さは、○○が足りない!という時に便利ですし、
トイレの近いところでは女性にも優しく、お手洗いのあと
戻れなかったなんてことも起きにくくなります。

混雑具合を掴んでおけば何時から場所取りをすればいいかの目途も立ちますよ。
ポイントを掴んでしまえば場所取りに悩むことも少なくなります。

お花見の場所取りをするときに必要なものは?

お花見の場所取りに必要となるものは
ブルーシート飛ばない為の重し防寒具の三つ!
これは必需品になります。

じっとしているので体が冷え切ってしまうので厚めのコートや
ひざ掛けやマフラーなど忘れないようにしましょう。

また、魔法瓶に入れた温かい飲み物があれば体の中からも温まることができます。

他にあったら便利なものは
ホッカイロ携帯充電器書籍、カロリーメイトなどのカロリーが取れるものがオススメ!

長い時間待つため時間の潰せるものや、お腹が空いたときに食べられるもの、
ホッカイロはさらに温まりたいときにオススメ。

花粉症かも知れない人はマスクを付けることも忘れないで!

お花見の場所取りのマナー、気をつけることややってはいけないことは?

お花見マナーは場所取りの時にもあります。

まずは、もちろんお花見もですが場所取り中に出たごみも放置してはいけません。
しっかりゴミ捨てをすれば公園など施設が汚れることもありません。

お花見の時はお酒を飲むことを前提に車は乗ってこない方がいいでしょう。
場所取りの時もそうですが路上駐車も無断駐車も絶対にダメです。

事前に場所取りをしてもいいのか、
そもそもお花見は禁止されていないかの確認をすることを忘れてはいけません。

場所によってはブルーシートを広げていてもいい時間が
決まっているのでお花見のことも考えて行動しましょう。

最後に

いかがでしたか?
みんな大好きな桜もマナーを守らなければ悲しみます。

最近では枝を持って帰ろうとする人もいるとのことですが
どんなにきれいでも桜を傷つけてはいけません!

マナーを守って楽しいお花見の時間を楽しみましょう。

スポンサーリンク