春といえば桜。桜といえばお花見ですよね。

昼間のお花見はもちろん楽しいですが、
夜のお花見は昼間とはまた違った美しい桜の姿を見ることができます。

ライトアップされた桜は、色気を醸し出しているかのように美しいと感じるほどです。

今回は、夜のお花見だからこそ必要な物や準備するべきことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夜桜を見ながらお花見する時に必需品グッズや持ち物は?

夜のお花見で大切なことは大きく分けて2つあります。

まず一つ目は防犯対策をしっかりすることです。

夜は昼間よりも物騒になりやすく、桜で有名なスポットは
川沿いや公園など緑の繁みも多く、普通の住宅街や繁華街よりも暗くなりがちです。

昼間は子ども連れで人気のエリアでも、夜は全く違う表情を見せる場合もあります。

酔っ払いやホームレスが集まる場所もあるので、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

トイレや買い出しに行くときは、できるだけ複数人で行動するようにしましょう。

夜のお花見に必須な防犯グッズ紹介

ここから夜のお花見に行く時に持っておくといい
便利な防犯対策グッズをいくつかご紹介します。

照明器具

キャンプ用ランタンなど、宴会会場を明るく照らすライトを持っていきましょう。

 

お花見会場に街灯があったり、雰囲気のあるぼんぼりが
吊るされていたりしますが、明りの真下以外は真っ暗です。

なので、暗闇の中で飲食をすることになってしまいます^^:

街灯下は、ライトの準備をしていなかった人たちの
取り合いになってしまうことが多いので、スムーズにお花見を
始めたい場合は、自分たちで明りの準備をしていきましょう。

懐中電灯

トイレや買い出しに行くときなどに
携帯するため、グループで1~2個、用意しておきましょう。

 

今はスマートフォンや携帯電話に懐中電灯機能もありますが、
充電が少なくなってしまうと肝心な時に連絡する手段が危うくなってしまうので
別途で持っていくのがいいでしょう。

夜のお花見をする時に防寒グッズはいる?

夜のお花見で大切なこと、二つめは寒さ対策をすることです。

東京の3月の最低気温は、約5~6℃。
4月でも最低気温は、約10℃。

真冬の日中並みの寒さです。

じっとしていると寒くて仕方ないほどです。

各自でしっかり防寒できるように、参加者全員に声をかけましょう。

夜のお花見におすすめ防寒グッズ紹介

ダウンやコートなどの防寒服

春でも夜は冷えるのでダウンコートを着ていても良いです。

 

春用のトレンチコートでもいいですね^^

お花見らしく春っぽい服装にしたければ、
色が明るい物を選ぶようにして中にたくさん着こみましょう。

カイロ

寒いときに一番簡単に温まることができるのはカイロです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぬくっ子 貼るカイロ 30個入
価格:596円(税込、送料別) (2018/1/11時点)

いくつかポケットに入れて行くのがいいでしょう。

夜のお花見!夜桜を眺めながら楽しめる食べ物や飲み物は?

やはり、温かいものが好まれます。

コンロの持ち込みが許されている会場ならコンロと
鍋を持ちこんで温かい料理を食べるのが一番いいです。

ですが、中には持ち込めない会場もありますよね。

そのときは、出前を使うというのも一つの手です。
冷たい飲み物は、初めの乾杯程度にとどめて、
早々と温かい飲み物に切り替えてしまうのがいいでしょう。

おでん

寒いときの熱々おでんは最高の一品です。
出前もありますし、人数が少なければコンビニおでんでも十分ですね。

温かいスープ

豚汁などのお味噌汁系が人気です。
にんじん、ごぼうなどの冬が旬の根菜には
体を温める作用があるので夜のお花見には最適ですね。

しょうがを効かせて体を温める効果をアップさせるのもいいですね。

汁物をお花見へ持って行くときは、具とスープを分けて具は
ジップロックやタッパーへ入れて、スープは魔法瓶などへ入れましょう。

 

 

↑このようなおしゃれなデザインのタッパーや
魔法瓶などもあるのでお花見にいかがでしょうか?

麺類

上記に書いた方法で持っていけるのが、蕎麦やうどんなどの麺類です。

ただしここまで紹介したのは少人数の場合です。

大人数でお花見の場合は魔法瓶じゃ足りませんよね。

そこで活躍するのが真空保温調理器の「シャトルシェフ」です!

 

圧力鍋と似ていますが、保温力がとにかく凄いです。

調理は圧力鍋の方が早いですが
保温力はシャトルシェフの方が優れているようです。

ほうじ茶

お酒が苦手な人も飲むことができるので、万人受けします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

徳用ほうじ茶パック ティーバッグ5g×100個入
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/1/11時点)

ほうじ茶や番茶は、緑茶よりも体を温めるそうなので夜のお花見にはぴったりですね。

最後に

夜桜は、幻想的で綺麗で美しいのですが、本当に寒いです。

寒くてお花見が続けられないと悲しいことにならないように、
念入りに準備をしてからお花見にのぞみましょう。

風邪をひかないようにしっかり対策をして夜桜を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク