母の日のカーネーションの選び方や花の色について喜ばれる贈り方は?

母の日にカーネーションを送るのは定番!

カーネーションを贈る習慣や母の日の由来は
南北朝時代のアメリカだと言われています。

亡くなった母へ娘が白いカーネーションを送ったことから母の日が生まれました。

日本には明治時代に文化が広まったんだとか!

今では赤いカーネーション以外にもいろいろなカーネーションがありますが、
どんなカーネーションが母の日にピッタリなのでしょうか?

今回は母の日にピッタリなカーネーション選びのコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

母の日のカーネーションの色の選び方は?おすすめの色は?

カーネーションと言えば赤色がやっぱり定番ですよね。
赤色は「母への愛」「母の愛」などお母さんへの贈り物として最適です!

同じ赤色でも深い赤色になると花言葉があって
「私の心に哀しみを」という意味に変わってしまいます。

花言葉で選ぶわけでなければ気にしなくてもいいかもしれませんが、
花言葉を考えると真っ赤なカーネーションを選ぶことがベストになります。

カーネーションの色は他にもピンクや黄色、白、薄緑などがあります。

珍しいところだと青色や紫も!
お母さんの好きな色のカーネーションを選んでもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

母の日のカーネーションの色は赤以外もある?それぞれの色の意味は?

先ほど紹介させて頂きましたがカーネーションの色にはそれぞれしっかりと花言葉があります。

普段言えない気持ちをカーネーションに乗せて送っても素敵ですね!

では、他の色のカーネーションにはどんな意味があるのか紹介させて頂きますね。

白いカーネション

白いカーネーションには「私の愛は生きています」
一番最初に紹介させて頂きましたが、亡き母へ送った
白いカーネーションから花言葉がきています。

亡くなってしまったお母さんへ送りたい花言葉であり、
いつまでもお母さんへの感謝を忘れない為のお花ですね。

ピンク色のカーネーション

ピンクのカーネーションには
「熱愛」「女性の愛」という意味が込められています。

お母さんよりも彼女に送るような花言葉になっていますが、
女性らしい花ことばなので気にせずピンクが好きなお母さんに送ってもいいですね。

オレンジ色のカーネーション

オレンジのカーネーションには「清らかな慕情」という言葉があります。
子どもから母へというよりは恋人へ送るための花言葉になります。

お母さんになった奥さんへ旦那さんが送るときにいいかもしれませんね。

珍しいカーネーションのカラーですが青色や紫が置いてあったらラッキー!

青色や紫色のカーネーション

青い色のカーネーションには「永遠の幸福」
紫のカーネーションには「誇り」「気品」という意味があります。

永遠の校風だなんて素敵ですよね!

紫のカーネーションはいくつになっても
気品のあるお母さんやお母さんを誇りに感じているときに贈ってもいいですね。

レインボーカラーのカーネーション

レインボーカラーのカーネーションは「感謝」
珍しくてハッピーなお色のカーネーションで感謝の気持ちを贈るのも素敵ですね。

お子さんを生むとお母さんに敬老の日に一緒に贈るなんて人もいるかもしれませんが、
いつまでも私のお母さんとカーネーションを送ってもいいのではないでしょうか。

母の日のカーネションで選んだらいけない花の色ってあるの?

カーネーションに限らず、
そして母の日に限らず避けたいお花の色は「黄色」です。

黄色の花ことばには
「嫉妬」「軽蔑」「侮蔑」などマイナスイメージの花言葉
があるので贈り物にするときは注意が必要です。

可愛いのにもったいないですよね…。

ちなみに黄色のカーネーションは「軽蔑」の花言葉が当てはまります。

うっかり送ったらお母さんを侮蔑するなんてことに…。

黄色に近い色の薄緑なら「癒し」の意味の花言葉になるので、
黄色が好きなお母さんには薄緑で
黄色にできるだけ近いカーネーションを贈ってはいかがでしょうか。

母の日のカーネションは花束と鉢植えどちらがいいの?

母の日に贈る花束で鉢植えにしてはいけない、
花束にしてはいけないなどのルールはありません。

お母さんの性格や趣味で鉢植えか花束にするか決めてはいかがでしょうか。

鉢植えはこまめな手入れや世話が必要ですが、
ずっと長く育てることができるので
ガーデニングが好きなお母さんにオススメです。

花束は小分けにしてお部屋に飾ることもできるので、
インテリアが好きなお母さんにオススメです。

母の日のカーネションの予約はいつ予約すればいい?

「母の日の当日、カーネーションが売り切れ!?」

どんなにカーネーションを仕入れていても
やっぱり品薄になってしまうことが多いようです。

送りたいデザインや色のカーネーションが
ないなんてやっぱり残念ですし、遅れたくもないですよね。

そんなときは事前に予約を入れましょう。

お花屋さんが忙しくなるのは
4月中旬以降なので4月中旬までに予約を済ませておきましょう。

母の日のカーネションの花の色を選ぶ時の決め方は?

母の日のカーネーション選びのコツは以下の3つです。

  • 花言葉で選ぶ
  • お母さんの好きな色で選ぶ
  • お母さんの好みで鉢植えか花束を選ぶ

このポイントで選んで母の日に素敵なカーネーションを贈ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク