母の日と誕生日が近い場合プレゼントは個別?一緒のするのはダメ?

母の日と誕生日が近いときのプレゼント選びどうしていますか?

「母の日はお母さんだけでなくお義母さんにも贈らないといけない」
なんて人も多いかと思います。

お義母さんが誕生日と母の日が近い人もいますよね。
そうなると困るのが予算です。

別々に選んだり用意するのも結構大変です。

今回は母の日と誕生日が重なってしまった時の贈り物事情について調べてみました。

  • 母の日と誕生日をセットで祝ってもいいか?
  • 別々にする場合は重視するのはどっちのお祝いなのか?

など、気になる疑問を解消していきます。
母の日と誕生日が近くて贈り物に困っている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

母の日と誕生日が近いから一度にまとめてしまうのはアリ?orなし?

母の日と誕生日が近い場合、一緒にしてしまうのかいいのかどうかは
実のお母さんか義母かで賛否がわかれると思います。

実母の誕生日と母の日が近い場合

実の母親が誕生日と母の日が近い場合は
私はちゃっかり「一緒に祝ってもいいかな?」なんて聞いていました(笑)

私の母の場合は「その分期待しているよ!」と返すようなタイプなのですが
気にしてしまうタイプのお母さんも多いのでお母さんの性格によって対応を変えてください。

例えば・・・

お母さんが気を使ってしまうタイプ

「逆に気を使ってしまうから沢山祝わなくていいよ」と遠慮するかもしれません。
無理して別々にすると負担になってしまうかも。

別々の方が嬉しいタイプ

「どんなに小さいものでも別の方が嬉しいわ」
一緒にされると返って「大事にされてないわ・・・」って
思われるかもしれないのでこのタイプなら別々にしましょう。

心がこもっていれば何でもいいタイプ

「社交辞令になるなら祝わなくてもいい」
大事なのは「お祝いする気持ち」嫌々だったり
無理してやってもらうならいいわというあっさりした性格なら楽かもしれません。

色んな性格のお母さんがいると思うので、
お母さんが気を使わないようにしたり
嫌な思いをしないように工夫をしたり対応することが大切です。

義母の誕生日と母の日が近い場合

義母の場合はもっと気を使いますよね!
いい奥さんや旦那さんに見られるように力を入れたい反面、
嫌な思いになっていたらどうしようと悩むことが多いかと思います。

お義母さんとの関係や性格にもよりますが、同じでもなく
大きいプレゼントを2つ用意するのでもなくお誕生日にはプレゼント
母の日には花束を贈るなどと工夫するといいかもしれません。

メッセージカードをしっかりと添えれば心も伴っていると伝わりやすいです。

また、お義母さんに嫌われないようにするためには
嫌いなものや好きなものをしっかりとリサーチして贈るようにすること。

もし万が一にお花が苦手だとしたら花束を贈ったら一発KOです(´Д`;)

スポンサーリンク

母の日と誕生日を一緒にする場合プレゼントとメッセージおすすめは?

母の日と誕生日を一緒にやるということを踏まえた上で
プレゼントとメッセージの選び方のコツをお話します。

プレゼント

母の日と誕生日を一緒にお祝いするときはお母さんや
お義母さんの好きなものを思いっきり送ってみてはいかがでしょうか?

基本的に別々に贈る方がオススメなのですが、一緒の場合はきちんと
一緒に贈ることを事前にお母さんやお母さんに伝えたり、
旦那さん(奥さん)に相談すると後からいざこざになりにくくなります。

プレゼントの内容としては食事を贈ったり、
温泉など旅行に連れていったりすると特別感も出てオススメです。

メッセージの文例

フランクな関係であれば

「母の日、お誕生日おめでとう!いつもワガママを言ってごめんね。
優しく見守ってくれてありがとう。ほんの気持ちだけど気に入ってもらえたら嬉しいです。」

と素直に母の日と一緒に誕生日を祝うことを
謝りつつ感謝の気持ちを伝えることがベスト!

また、義母に宛てたメッセージなど固い関係の場合は、
仕事や用事などで会いに行けないから一緒に祝うことにしたなど
しっかりと理由を伝えてお祝いする気持ちと感謝の気持ちを添えてくださいね。

予算はいくら?

旅行や食事などドカンと祝う場合は
1万円以上の予算を用意しておくといいかもしれません。

元々母の日にいくら使おうかと考えていたか
お誕生日の予算など計算しておくと予算を決めやすいですよ。

母の日と誕生日をそれぞれ別でやる場合のプレゼント

母の日用と誕生日用それぞれ用意する場合の
選び方はこんな感じです。

贈るプレゼント

母の日と誕生日を別々に祝う場合は
どちらかを形に残るもの、片方を食べ物やお花にすることがおすすめです。

母の日には食事をおごったり、お菓子を用意したりカーネーションを贈って
誕生日は形に残るアクセサリーなどお母さんの好きなものを贈るなど工夫をしてみてください。

予算はどのくらい?

大体母の日の花やお菓子は2000円前後だとしたら
お誕生日は3000円~5000円くらいを予算と考えて
用意すると2回に分けても、気を遣わないととお母さん立ちは感じにくいようです。

メッセージの文例は?

メッセージは分けて母の日は母の日のメッセージ、
お誕生日にはお誕生日のメッセージを用意するといいですよ。

プレゼントにお金がかかっていなくても
メッセージから心を感じられたらうれしいと考えるお母さんも多いんです!

しっかりとメッセージを書くことが大切です。

「お母さんへ いつも心配をかけてしまってごめんなさい。
優しく見守ってくれてありがとう。母の日のお花可愛いものを見つけたので贈ります。」

「お誕生日おめでとう!これからも体を大切に元気に過ごしてね。
次は一緒に食事にでも行こうね!」

などとメッセージを送るのはどうでしょうか。

母の日と誕生日が近い場合はどちらを重視したらいいの?

母の日と誕生日どちらを重視するかですが、私のおすすめはやっぱり誕生日です。

お母さん生まれてきてくれてありがとう
生んでくれてありがとうとお祝いするのもいいかもしれません。

お誕生日はやっぱり大切だと感じる人は多いので
近いときはお誕生日を優先して母の日にも軽くお祝いするといいですよ。

最後に

いかがでしたか?

2つもお祝いするのは大変かもしれませんが、
お母さんの喜ぶ顔を見るためにぜひ頑張ってお祝いしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク