大阪の真夏の風物詩といえば「なにわ淀川花火大会」です。

2018年もいよいよ
花火大会の季節が近づいてきました。

平成元年に「平成淀川花火大会」として始まり
今年で30回目を迎えます。

淀川と梅田の高層ビル群を背景に
花火が打ち上がる様は絶景です!

毎年、テーマに沿った新しい演出が楽しめ
淀川に半円状に開く花火や大玉の連続打ち上げ
様々なモチーフをかたどったキャラクター花火など見どころは満点です。

約2万発の花火が夏の大阪の夜空を彩ります。

今回は淀川花火大会の日程や時間、見どころなどをご紹介いたします。

スポンサーリンク

淀川花火大会2018の日程・時間・見どころは?

開催日:8月4日(土) 雨天決行

開催時間:19時40分~20時40分(予定)

やはり淀川の花火で一番の見どころと言えば
圧巻のフィナーレに限ります!

打ち上げ高さの「高低」を使って奥行きが演出されていたり
光と音にこだわった花火のコンサートがあったりと
見どころ満点の内容となっています。

オープニングに始まり、フィナーレまで全7部構成となっていて
それぞれテーマが決まっているので他とは一味違う花火が楽しめます。

スポンサーリンク

淀川花火大会2018有料席のチケット販売日・値段・種類は?

淀川花火大会は有料席の販売を2カ所で行っています。

  • 十三会場
  • 梅田会場

大阪でも1、2を争う人気の大会なので周辺は非常に混雑しています。

確実に花火を見たいのであれば有料席が断然おすすめです。

チケット販売日

チケットは6月1日より販売されます。
人気の席はあっという間に売り切れてしまうので
できるだけ早めの購入がおすすめです!

チケットの種類と値段

チケットの種類は会場によって様々です。

例えば、十三会場には

  • エキサイティングシート
  • アリーナシート
  • ステージシート
  • パノラマスタンド

などがあり
梅田会場にはダイナミックシートがあります!

料金は席によって違い
花火に最も近いエキサイティングシートは9000円
堤防から見えるパノラマスタンドは3500円

また、淀川に浮かぶ納涼船からも花火を鑑賞することができ
こちらはなんと18000円!

上記以外にも各種様々な席が用意されていますので
詳しくは公式HPでご確認ください。

なにわ淀川花火大会公式ホームページはこちら

淀川花火大会の有料席おすすめはどこ?

打ち上げ場所から一番近いのは納涼船です。

値段が高いだけあって、近くてよく見えます。
懐に余裕がある方におすすめします。

ただ近すぎて上を見上げなくてはならないので
首が痛くなるかもしれませんのでそこはご注意を!

淀川に向かっての最前列は
十三会場のエキサイティングシートと団体席
梅田会場とダイナミックシートです。

これらの席なら近くで迫力のある
花火を楽しむことができます!

リーズナブルに花火を楽しみたいのなら
一番のおすすめは、パノラマスタンドです。

特に中心部のレフトスタンド1がイチオシです。

パノラマスタンドは斜面になっているので
前の人の頭が邪魔でよく見えないということもなく

レフトスタンドは花火会場の中央付近にあり
全ての花火がよく見えます。

これらの理由からレフトスタンド1はすぐ売り切れますので
早めの購入をおすすめします。

その他に人気の席と言えば夏ぴあシートです。

チケットぴあのみで販売されているシートで
十三駅から近い専用入り口があり、全席指定席。

さらにエリア内に屋台やトイレも完備されている
快適な環境で花火が楽しめます。

淀川花火大会の有料席チケットはぴあで購入できる?

次の販売所でチケットを購入できますが
販売開始日はそれぞれ異なりますのでご注意ください。

前売り券購入場所

  • チケットぴあ
  • ローソンチケット
  • セブンチケット
  • チケ探

など。

また、夏ぴあシートはチケットぴあのみの販売です。

人気がある席はすぐに売り切れますので
販売開始日などできるだけ早くのご購入をおすすめします。

チケットぴあ

淀川花火大会の有料席は当日券はある?購入方法は?

前売り券を購入できなかった、でも有料席で花火を見たい
という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には当日券もありますよ。

ただし、全ての有料席に当日券が設定されているわけではなく
限定された席となります。

十三会場

  • アリーナシート
  • ライトスタンド3
  • レフトスタンド3

梅田会場

  • ダイナミックシート

当日券を購入される方は
できるだけ早めに会場に行って購入してくださいね。

最後に

花火を見るために暑い中早い時間帯からの席取りはなかなか大変です。

それを避けできるだけよい場所で花火大会を楽しめるのなら
有料席もいい選択だと思います。

有料観覧席の収益金は花火大会の運営に使われています。

もちろん無料の席でも見れないことはないので
いろいろな方法で、夏の花火を存分に楽しんでくださいね。

スポンサーリンク