さて、今年のお子さんの夏休みの工作、何にするかもうお決まりですか?
夏休みの工作って、何にするか毎年考えるのは大変ですよね。

そこで、今年は「牛乳パック」を使った工作はいかがでしょうか?
牛乳パックならどの家庭にもありますし、
特に新しく材料を買う必要もなくってお手軽ですよ。

スポンサーリンク

夏休みの工作で牛乳パックを使ってロープウェイを作る方法

夏休み 工作 ロープウェイ

材料

  • 1000ml牛乳パック 1つ
    (飲み終わってから、そのまま洗って乾かしたもの・切り開かないでくださいね!!)
  • 糸 部屋の端から端くらいまでの長さ
    (タコ糸のような太めのしっかりしたものがおすすめです。)
  • ストロー 1本
    (糸が通れば良いので、細いストローでも大丈夫です。)
  • セロハンテープ
  • ハサミ
  • 接着剤

手順

①まずは、ロープウェイの本体部分をつくります。

牛乳パックの側面部分を、好きな高さで切ります。
この長さが浅すぎるとロープウェイにあまりものが入りません。

見た目のバランス的にも、車両の高さは、
底辺の長さくらいはあったほうが良いかもしれませんね。

ちょっと凝りたい子や、手先が器用な子は
この牛乳パックを装飾するといいですね。

色紙・マスキングテープなどを貼り付けると
可愛くデコレーションできますよ。

お絵かきが好きならば、画用紙を貼ってその上から
ロープウェイの車両のイラストを書いてもいいですよね。

②そして、その車両に残った牛乳パックで取っ手のようなものをつけます。

この部分に糸をかけて、ロープウェイを動かします。

③この糸をかける部分に同じ幅に切ったストローを接着剤でつけます。

このストローに糸を通すことで、
ロープウェイの動きがスムーズになります。

これで、ロープウェイ本体が完成です。

④まず、ストローの穴に糸を通しましょう。

そして、お部屋の端から端へ、水平ではなく
片端が高くなるように糸を張り、セロハンテープで固定します。

高いにロープウェイを持っていき、パッと手を離すと
なめらかに低い方へ車両が移動していきます。

文章だけでは、伝わりづらいと思いますので、
以下に写真付きの作り方のリンクを載せますね。

牛乳パックを使ったロープウェイの作り方【写真付き】

牛乳パックを使った夏休みの工作は他にもある!

夏休み 工作 牛乳パック

さて、牛乳パックを使った工作って、ほかにもあるんですよ。

今回は、少ない材料で簡単にできるものを集めてみました。

スポンサーリンク

牛乳パック工作①パタパタ舟

水の中をスイスイ進む舟です。

材料

  • 1000mlの牛乳パック 1つ
    (飲み終わってから、そのまま洗って乾かしたもの)
  • 竹ぐし 1本
  • 輪ゴム 3つ
  • ストロー1本
  • はさみ
  • 千枚通し
  • ホッチキス
  • 接着剤

手順

①牛乳パックを縦に半分に切りましょう。

牛乳パックの上の部分が、船の先端部分になります。
ここの中心あたりに、ゴムを引っかけるための切り込みを、V字に入れましょう。

そして、半分に切った残りの牛乳パックから、
3cm×4cmの長方形を2枚切り出します。
これが、羽パーツになります。

②舟本体パーツの後ろから6.5cmのところに、千枚通しで穴を開けましょう。

そして、そこに竹ぐしを通し、3mmに
切ったストローをそれぞれ竹ぐしの両側に通します。

さらに、そのストローから伸びている竹ぐしに、
切り出した羽パーツをそれぞれ取り付けていきます。

ホッチキスで竹ぐしに羽パーツを仮止めをし、接着剤でしっかり固定させます。
接着剤が乾いたら、ホッチキスを外します。

③舟内部のパーツの準備をします。

輪ゴム3つをつなげます。
そして、その端を竹ぐしに取り付けます。
その反対の端を船の先端部分、V字に切り込みを
入れたところに引っ掛けて、完成です。

水中での進ませ方は、まず、羽部分を回して、ゴムを巻きます。
そして、それを水の上に浮かべて、手を離しましょう。

スイスイと水中を進んで行きます。

こちらも以下にリンクを貼っていますので、
参考にしながらお子さんと作ってみてくださいね。

牛乳パックでできるパタパタ船のつくり方【写真付き】

牛乳パック工作②ウクレレ

もう一つ、「ウクレレ」なんて、どうでしょうか?
弦を張る場所を切るのが少し難しいですが、すぐにできますよ。

材料

  • 300ml牛乳パック 1個
    (飲み終わってから、そのまま洗って乾かしたもの)
  • 輪ゴム 3つ
  • カッター

手順

①牛乳パックの胴体のだいたい真ん中部分を四角くくり抜きます。

弦を固定するために、向かい合う2つの辺に5本ずつ切り込みを入れます。
そして、それを垂直に起こしましょう。

色紙やマスキングテープなどで、
牛乳パックを可愛くデコレーションするといいですね!

②垂直に起こした切り込みに、それぞれひとつずつ輪ゴムを引っ掛けていきます。

これで、ウクレレが完成です。

こちらの作り方は、下のリンクを参考にしてくださいね。

牛乳パックでできるウクレレのつくり方【写真付き】

まとめ

お子さんの夏休みの工作は
牛乳パックと少しの材料で色々なものが出来るんです。

今回ご紹介した
「ロープウェイ」「パタパタ舟」「ウクレレ」
は、どれも小学校低学年のお子さんでも作れるような簡単なものです。

カッターや千枚どおしなど、刃物を使う作業もあります。
思わぬ事故の元になりますので、その時は保護者の方が手伝ってあげてくださいね。

それでは、楽しい夏休みをお過ごしください!!

スポンサーリンク