どの家庭でも出る牛乳バック。

スーパーの回収ボックスに入れる方
地域の資源回収などに出される方
単にゴミとして捨てられる方など様々だと思います。

その牛乳パックを使って工作してみませんか?

夏休みの工作にするもよし
親子で楽しく作るもよし。

作って楽しい、使って楽しい。

今回は簡単に牛乳バックで作る
風車貯金箱の作り方やその他の貯金箱のアイデアを紹介します。

スポンサーリンク

風車貯金箱の作り方や必要な材料を紹介

材料

  • 牛乳パック 500ml 2個(本体用、回転台用)
  • 6Pチーズの箱(蓋) 1個
  • 竹串 1本
  • ストロー 1本

作る手順

①本体となる牛乳パックの屋根にお金を入れる穴を開けます。

②お金を入れる穴を正面にして、本体の側面、上から4cmのところに
 穴を開けます。

③お金を入れる穴を正面にして、右側面に扉を作る。

④もう1つの牛乳パックを使って、回転台を作ります。
 牛乳パックの底を切り取り、切り取った所から6cm切り取ります。

⑤切り取った部分の各面の真ん中に、カッターの背を使ってスジをつける。

⑥スジを中心に折り込む。

⑦竹串を12cmに切ります。
 尖っている方は危ないので、尖っていない方から12cm使いましょう。

⑧手順6で作った牛乳パックの中心に、竹串を入れ
 ホッチキスで羽の中心に近い部分を固定する。

⑨羽の先をカッターで切り離す。

⑩切り離した羽の片面の先を、5mmのところにカッターの背を
 使ってスジをつける。

⑪スジを付けた部分を折り込む。

⑫折り込んだ羽の裏側の部分をはさみで切り取る。

⑬羽の間を接着剤で貼る。

⑭6Pチーズの箱の蓋の厚みの部分(側面)を切り離す。

⑮6Pチーズの箱の蓋を切り取り、風車の羽を作る。

⑯蓋の中心に穴を開ける。

⑰回転台の軸(竹串)の両側に、5mmに切ったストローを通す。

⑱本体の扉を開き、奥の穴に回転台の軸の先、扉の穴に軸の後ろを通し
 扉を閉める。

⑲前の軸に5mmに切ったストローと風車を通して
 接着剤で接着できたら完成。

実際の作っている様子がわかりやすい動画を下記リンクに紹介しておきます。

風車貯金箱の作り方動画はこちら

コインを入れるとこういう風に動くんですね。

手作り貯金箱おもしろいアイデア5選を紹介

ぱっくん貯金箱

誰もが一度は作りたいと思うぱっくん貯金箱が
9分以上の動画で丁寧に説明されています。

ぱっくん貯金箱作り方動画はこちら

必要な材料は

  • 牛乳パック
  • ハサミ
  • テープ
  • ストロー
  • 竹串
  • 油性マジック

のみです。

動画のもの以外にもカエルの形をしたものもあります。

色紙でアレンジしてもっと可愛らしいものを作ったりとアレンジも無限大ですね。

スポンサーリンク

国旗があがる貯金箱

材料はどれも一般の家庭で揃いやすいものなので助かります。

本当に3分で作り終えているところがいいですね。

国旗が上がる貯金箱のつくり方動画はこちら

貯金箱にお金を入れると
トイレットペ―パーの芯にぶら下がっている
旗が頂上まで上がってきます。

お金を入れるだけではなく
その時にアクションがあると楽しいですね。

トイレットペーパーの芯を使ってできる貯金箱

工作の定番、トイレットペーパーの芯を使った貯金箱です。

マスキングテープや折り紙は100均や雑貨屋さんで購入しましょう。

やはり工作の醍醐味は家にあるものをリサイクルして
作れるところですね。

動画などの説明はありませんが
時間もかからず、作りたい方におすすめです。

トイレットペーパーの芯でできる貯金箱の作り方はこちら

空き箱でできるロボット型の貯金箱

子供が憧れるロボットの貯金箱です。

カッターナイフや紙ヤスリは使い方を間違えると
怪我をする恐れがあるので
必ず親御さんが確認しながら作業を進めてください。

空き箱で作るロボット貯金箱の作り方はこちら

かわいい家型の貯金箱

家型貯金箱を作っている様子が動画になっています。

家型貯金箱のつくり方動画はこちら

これは紙で作ってありますが、紙粘土で作るタイプもありますよね。

風車貯金箱以外にも手作りできる貯金箱のアイデアはあるようです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

工作が好きな子どもは多いです。

私も子どもの時は工作が好きで
学校で拾った木の枝を使って家を作ったり
アイスの棒で家を作ったり、小物入れを作ったりしていました。

もちろん、紙粘土で貯金箱も作りましたよ。

夏休みの工作はほとんどが
紙粘土で作った貯金箱ばかりでした(笑)

紹介した風車貯金箱は
カッターやはさみを使うことが多いので
大人がサポートしてあげて下さい。

でも、手出ししすぎるのは駄目です。

手出ししすぎると
楽しみを奪われた子供のやる気がなくなってしまうからです。

子供に刃物は危ないと思うかもしれませんが
やりたい気持ちを大事にしてあげてくださいね。

見守るだけではなく
親も一緒に作ると良い思い出になるかもしれませんね。

スポンサーリンク