世界遺産に登録された熊野古道がある熊野市。

熊野市で毎年開催される熊野花火大会は
全国的に人気の花火大会です。

広い浜辺で様々な場所から打ち上げられる花火
特に三尺玉の海上自爆は圧巻です。

ただ、難点なのが交通の便。

バスや電車といった公共の乗り物の本数が少ないため
車を利用する人が多いんですが
渋滞が酷くてツアーバスが辿り着けずに引き返したり
駐車場から車を出して国道に入るまで3時間かかったなど
渋滞状況は散々で車中泊が当たり前のようになっています。

ですが車中泊するとなると
仕事の休みを取る必要もあり
慣れていないと車で仮眠を取るというのは結構きついですよね。

そこで今回は熊野花火大会への行き方や渋滞
交通規制などをご紹介します。

スポンサーリンク

熊野花火大会への行き方やアクセス方法、渋滞する時間と場所は?

三重県熊野市で開催される熊野花火大会は海で打ち上げされます。

熊野灘にある七里御浜や鬼ヶ城が会場となります。

熊野花火大会への行き方・アクセス方法

開催日時:2018年8月17日

開催時間:19時10分~21時30分

アクセス

電車 JR熊野市駅から徒歩5分
車 熊野尾鷲道路 熊野大泊ICから国道42号を七里御浜方面へ2キロ

地図:https://goo.gl/maps/jjHZT46tDRJ2

熊野花火大会で渋滞する場所と時間帯はいつ?

熊野花火大会は毎年車の渋滞が酷いので
公共交通機関の利用を推奨していますが
田舎なので公共交通機関は「電車JRのみ」になり
花火大会当日は臨時便が出るといっても本数は少ないです。

花火大会当会日は行きも帰りも渋滞します。

新宮・和歌山方面よりも名古屋・大阪方面からの下り線の
渋滞が凄まじいです。

行きの渋滞予測(名古屋・大阪→熊野)

お昼前から国道42号線が混み始め
午後2時、3時頃は最大10キロを超える渋滞になることが
過去の渋滞から予想できます。

例年、熊野尾鷲道路は9時~21時まで
一般車両が通行止めになるので
国道42号線に車が集中し、大渋滞が起きます。

なので、とにかく午前中に到着するように行きましょう。

帰りの渋滞予測(熊野→名古屋・大阪)

帰りは歩行者優先で通行規制があり
国道42号線を通って帰る場合が少し待たなければなりません。

規制が終わってから車が一斉に出るので
渋滞が解消され始める時間が日をまたいでしまうそう。

渋滞にはまるくらいなら軽く仮眠を取ってから
午前0時以降に帰る方がスムーズですが
帰宅時刻が予測できないので
翌日の仕事も調整しておいた方が良いかもしれません。

熊野花火大会で車の帰りの渋滞を回避する方法は?

例年、花火終了後には駐車場から出た車両が国道42号線に殺到し
大渋滞を引き起こしています。

国道42号線が混雑している時は
迂回路もご利用ください。

名古屋・尾鷲方面

国道311号線を紀和町方面へ
風伝トンネル出口を右折し県道40号線へ
紀和町赤木→熊野市育生町長井→
県道34号線、奥瀞橋を渡り国道169号線へ
七色ダム→桃崎大橋を渡り右折→
国道309号線を経由して国道42号線方面

名古屋・尾鷲方面

国道42号、熊野市大泊町大泊交差点を右折
国道311号新鹿方面→国道311号で尾鷲市内へ再び国道42号へ

大阪・奈良方面

国道311号を紀和町方向へ
風伝トンネル出口を右折し県道40号
紀和町赤木→熊野市育生町長井→
県道34号、奥瀞橋を渡り国道169号
不動トンネルで県道299号へ
国道169号を吉野方面へ

大阪(南部)、和歌山、田辺方面

国道311号を紀和町方面へ
国道169号から国道168号に入り和歌山県本宮町を経由、再び国道311号
和歌山県田辺市へ入り、南紀田辺TCから阪和自動車道へ

熊野花火大会では交通規制はある?

熊野花火大会は渋滞がひどく
広範囲にわたり交通規制がなされます。

規制時間は迂回しなければならないので
早く会場についておく方が良いでしょう。

2018年の交通規制情報は
まだ発表されていません。

公式HP:https://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/traffic-regulation/

熊野花火大会の会場近くに駐車場はある?駐車可能数と料金は?

毎年、臨時駐車場が決められています。

各駐車場は順番に案内されているため
開場時間が違ったり、花火会場までの距離にもばらつきがあります。

当日の駐車場満車情報もHPにて確認ができるので
現地に近付いてきたら確認しておくとスムーズに駐車場へ向かえそうですね。

ここで注意しておきたいのは
会場から遠い駐車場に駐車した場合
行きはシャトルバスが出ますが
帰りはバスがないため歩かなければいけないことをお忘れなく!

有馬中学校

開場時間:7時

台数:130

地図:https://goo.gl/maps/n3frrKKV5jS2

市営陸上競技場

台数:490

地図:https://goo.gl/maps/XHdYEVfMRg72

市営野球場

台数:390

地図:https://goo.gl/maps/kj5VfYp8fvL2

熊野精工・矢田

台数:180

地図:https://goo.gl/maps/Si7cmNRrRyM2

旧近大高専

台数:410

地図:https://goo.gl/maps/q43ckWca1zx

山崎運動公園

台数:280

地図:https://goo.gl/maps/tokSgYQvUd52

不燃物処分場

台数:200

地図:https://goo.gl/maps/6AHMKoSwcH72

新矢田橋

台数:135

地図:https://goo.gl/maps/GZuqyvSq8J82

金山農村公園予定地

台数:800

地図:https://goo.gl/maps/rp4kScEBBQ42

金山小学校

台数;180

地図:https://goo.gl/maps/Am1Sfu3RnBH2

有馬小学校

台数:70

地図:https://goo.gl/maps/wzqRBe7TdUD2

花由

台数:90

地図:https://goo.gl/maps/6nnnvPv88wk

旧建設省跡

台数:70

地図:https://goo.gl/maps/WtSzjsY5NDA2

木本中学校

台数:320

地図:https://goo.gl/maps/WMS4rWqPRPM2

大吹峠駐車場

台数:55

地図:https://goo.gl/maps/9Q9PG9WXAxQ2

市営の臨時駐車場で開場に一番近いのは木本中学校です。
会場まで約2キロ。

例年ですと午前9時くらいには満車になってしまうようです。

スポンサーリンク

熊野花火大会で駐車場を確保するなら何時くらい着いておくといいの?

車で行って会場近くの安い駐車場に停めるなら
深夜に現地に着くように家を出ましょう。

明け方までには着いて、車中泊。

その後観光したりして花火の時間を待つのがよいでしょう。

駐車場が満車になるのは大体午前9時あたりらしいので
朝の内に到着しておいたほうがいいでしょう。

まとめ

臨時駐車場がたくさんあるということは
それだけ車で来る人が多いということです。

渋滞対策は必須ですね。

朝方に着くなら花火の時間まで間がありますので
近場の観光名所などを事前に調べておくといいと思います。

スポンサーリンク