日焼け止めによる服のシミや白くなる・黄ばみの防ぐコツと落とす方法

天気の良い日は紫外線が少々気になるもので、
その対策に日焼け止めを塗ることがありますよね。

日焼け止めをぬったのはよいけど、うっかりして腕や首に塗った
日焼け止めが服にこすれてしまい、お気に入りの服が
白く汚れてしまったなどということはありませんか?

日焼け止めが服につくと、汚れとして目立つこともあり
黄ばみなどはなかなか落ちなかったりして、困りますよね。

黒い服のときは、特に目立ってしまい、とても嫌な思いをします。

そこで日焼け止めによって、発生した白いシミや
黄ばみを落とす方法やその原因について検証していきます。

スポンサーリンク

日焼け止めによる服のシミや黄ばみ・白くなった汚れを落とす方法は?

日焼け止め 服 黄ばみ

日焼け止めで服が白くなってしまったとき

昨年販売していたと思っていた日焼け止めがいつの間にか
新しく変わり、そのほかに沢山の種類の日焼け止めが販売されています。

日焼け止めとして販売されている商品は
汗をかいても流れないウォータープルーフのタイプがほとんどです。

肌に塗っていた日焼け止めが
服に付いてしまうと普通の洗濯ではなかなか落ちません。

なぜ、服についた日焼け止めが白いしみになってしまうのかよく考えると
下地効果がある化粧品と同じであると考えるべきでしょう。

また、日焼け止めによるトラブルの原因は、一つではないのです。

トラブルの原因として考えられる主なものは、

  1. 日焼け止めによってついたばかりの白いシミ
  2. 気づかずに服の生地に定着した黄ばみによるシミ
  3. 漂白剤に反応したピンクや赤のシミ

などで、これらのシミによっては対処法が異なってきます。

日焼け止めを塗っているときに、ついうっかりとつけてしまった
シミかもしれないと、帰宅してから気づいた白いシミはできるだけ早く処置することです。

日焼け止めは、ファンデーションや口紅と同じで油性の汚れに近いものです。

洗濯できる衣類なら、襟そでの皮脂汚れのように
部分洗いをしてから洗濯するのがよいですね。

液体洗剤原液(蛍光剤無配合)や台所用の中性洗剤を使って
付け置きするか、軽くこするだけでもよいです。

それでもシミが残り、また、洗濯NGの衣類は
口紅を落とすときと同じ要領でおこなうことをオススメします。

化粧落としとして、まず、クレンジングオイルと
台所洗剤を1:1で混ぜて、シミ抜き剤を少量作ります。

乾いたタオルを下に敷き、使い古しの歯ブラシに
シミ抜き剤を付けてシミのついているところに塗り込みます。

あまり広げずに塗り込み、軽くブラッシングや
叩くなどしてシミが落ちていくかどうかやってみます。

少しずつタオルをずらしながら、下の布にシミを落として
シミ抜き剤の次は、水を付けて同じ手順を繰り返していきます。

注意点としてはお湯を使用すると生地に定着してしまうのでシミが落ちにくくなります。

ここまでできたら最後は軽くドライヤーを当てて乾かし、完了となります。

もし、それでも落ちなければ、ベンジンを使う方法もありますが
ベンジンは生地を痛めたり、色落ちしたりすることもあるので慎重におこなわなければなりません。

衣類の繊維を痛めるのではと不安がありましたら
クリーニング店に持参してお願いしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

日焼け止めが服につかないコツや白く・黄ばみを防ぐには?

日焼け止め 服 黄ばみ

 

日焼け止めが服につかないようにするには塗ってからよく乾かすことです。

乾いたことを確認してから衣服を着ましょう。

日焼け止めで汚れやすい服の部位

日焼け止めを塗る箇所によりますが、よく塗る箇所としては両腕や首回りです。

首元の襟や袖口は汚れやすい箇所でもありますね。

日焼け止めで服の白く・黄ばみを防ぐには?

色のつかないタイプで無色透明の液状タイプ
ジェルタイプの使用をおすすめします。

日焼け止めで服に黄ばみやシミ・白くなる原因

日焼け止め 服 黄ばみ

服が白くなってしまう原因の一つには、皮膚に
金属のような膜を張って紫外線を反射させて、
紫外線が届かないようするための紫外線反射剤が含まれているからです。

なかにはパウダーが含まれている
日焼け止めもありますので、それも白くなる原因の一つですね。

服に黄ばみがついてしまう原因の一つは、紫外線を熱エネルギーに変えて
吸収させ、肌を紫外線から防ぐ働きをする紫外線吸収剤が含まれているためです。

紫外線反射剤は皮膚呼吸を阻害し、紫外線吸収剤は
かゆみを生じることもあるので、帰宅後は
シャワーなどを浴びてしっかり洗い落とす必要もあります。

まとめ

白いしみや黄ばみが起きる原因には
日焼け止めに含まれている成分に問題があったようですね。

最近では、デリケートな肌を痛めることがないように
注意書きによって購入する際の注意を促している商品もあります。

また肌にとって必要なビタミンなどが
摂取できるようにと改良された日焼け止めも販売されています。

日差しを浴びながらも夏の遊びを楽しみたいですよね。

日焼け止めを購入されるときは注意書きや
説明書きをしっかり読んで自分に合った商品を購入するのが一番です。

スポンサーリンク