松江水郷祭湖上花火大会は
島根県松江市で毎年8月に開催される花火大会です。

松江水郷祭は全三日間に渡り開催されており
その二日目に花火大会が行われます。

今回は松江水郷祭湖上花火大会の日程や
アクセス方法、見どころなどをご紹介します。

スポンサーリンク

松江水郷祭湖上花火大会2018の日程や開催時間・場所

開催日:2018年8月4日(土)

開催時間:20時~21時

開催場所:島根県松江市宍道湖 白潟公園沖

松江水郷祭湖上花火大会2018のアクセス方法と駐車場情報

アクセス方法

*電車

JR山陰本線「松江駅」北口から徒歩15分

一畑電鉄「松江しんじ湖温泉駅」から徒歩2分

※来場の際はICOCA・Suicaなどの交通系のICカード
もしくは予め帰りの切符を購入しておくことをオススメします。

また可能であれば開始二時間以上前に来場しておくと
比較的良い場所で観賞することができます。

*車

山陰自動車道「松江西IC」から10分

※当日は会場周辺の道路が車両進入禁止等の交通規制が行われます。

スポンサーリンク

松江水郷祭湖上花火大会の近くに駐車場はある?

城山西駐車場

料金:60分 500円

駐車台数:136台

地図:https://goo.gl/maps/Vmw2cPbnSfq

松江城大手前駐車場

料金:60分 500円

駐車台数:67台

地図:https://goo.gl/maps/co8cy9pYBLS2

パーク&ライドくにびき駐車場

料金:60分 200円

駐車台数:233台

地図:https://goo.gl/maps/Zb6jCuBSq9N2

松江水郷祭湖上花火大会2018の見どころと穴場スポットは?

松江水郷祭は三日間開催され
メインの花火大会は4日の午後8時から
西日本最大級の1万発もの花火が打ち上げられます。

今年は「不昧公200年祭」を記念して
抹茶色の花火も披露されるようです。

そこでここでは花火大会の見どころや
穴場スポット等をご紹介します。

松江水郷祭湖上花火大会の見どころ

西日本最大級であり松江の夏の風物詩である湖上花火大会。

スターマインや尺玉、水中花火など
華麗な花火が水の都松江の夜空を美しく照らします。

湖面に映る花火は私たちを光の幻想的な世界へ誘ってくれますよ。

田舎の花火大会と侮るなかれ
打ち上げ数は1万発を誇ります。

隅田川の花火大会と比べれば
打ち上げ数は半分ほどですが
1万発も打ち上げられる花火大会は
大規模な花火大会だと思います。

松江水郷祭湖上花火大会の穴場スポット

宍道湖上が打ち上げ場所となります。

湖に映る花火を観賞するのもいいですが
混雑は避けられません。

ゆっくり静かに花火を観賞したい方に
最適な無料の穴場スポットについてご紹介します。

①宍道湖大橋 橋上

高く障害物がないので水中花火もしっかり観ることができます。

欄干に事故防止のバリケードが設けられます。

地図:https://goo.gl/maps/b8zipoDnF5K2

②白潟公園 南側

有料観覧席が準備されますが公園自体が広いので
その南側へ行けばゆっくり無料で有料席並みの臨場感で
花火を観ることができます。

地図:https://goo.gl/maps/ennqvJv7v4S2

③末次公園

白潟公園よりも少し北にある公園です。

障害物がないのでゆっくり綺麗な花火を観賞することができます。

地図:https://goo.gl/maps/KkCCceH9dr52

④岸公園県立美術館

広く宍道湖に向けて傾斜になっています。

障害物もなく人混みも避けられます。

ゆっくり花火を観賞できる穴場スポットです。

地図:https://goo.gl/maps/b5hngbfgxA92

⑤袖師公園

宍道湖に面している公園です。

花火打ち上げ会場からは少し離れてしまいますが
ゆっくり花火観賞ができます。

地図:https://goo.gl/maps/EfzoAPNaXeG2

⑥イオン松江店

ショッピングセンターの屋上駐車場です。

少し会場からは離れてしまいますが
食べ物の調達やトイレの心配がありません。

地図:https://goo.gl/maps/gkqxasTUby52

まとめ

松江市は古代出雲の中心地として早くから開け
奈良時代には国庁や国分寺が置かれていました。

松江しんじ湖温泉をはじめ
松江城等の観光地も多い町です。

出雲大社へも参拝できるツアーなどもあります。

この夏松江水郷祭湖上花火大会に併せて
旅行してはいかがでしょうか。

夏の思い出にぜひ。

この記事が皆さんの参考にされば幸いです。

スポンサーリンク