夏休みの過ごし方で幼稚園の子供と一緒に楽しくイライラしないコツ!

幼稚園の夏休み。

おじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行ったり、近所の子たちとプールに行ったり…。
お子さんたちは、とってもウキウキなことでしょう。

でも反対に、ママはとっても大変な期間。

朝から晩まで元気な幼稚園児。

ママは、元気に家中をかけ回るお子さんのお世話に、追われっぱなし。

お子さんの友だちが遊びに来たら、おやつを準備したり
けんかや怪我をしないように気を配ったり…。

毎日外で遊びたい、どこかに出かけたいと駄々をこねるちびっ子たち。

わがままな小さな王様のお世話で、また一日が終わる…。

これが一ヶ月も続くなんて、本当に大変ですよね。

「お母さんだって、夏休みが欲しいのよ!!」
なんて、叫んでしまいたくなります。

そんなママにとっては休みじゃない、幼稚園児の夏休み。
イライラしない過ごし方は、どんなものがあるんでしょうか!?

スポンサーリンク

幼稚園のお子さんの夏休み昼間はどう過ごす?

夏休み 子供 過ごし方

蒸し暑い昼間。
それでも外で遊びたがるお子さんも多いでしょう。

でも、ママとしては、暑くてしんどいし、日焼けだってしたくないですよね。
何よりも、子どもが熱中症になったら…なんて心配もあります。

また、最近は治安だって心配ですし、
外で遊ばせるといっときも目が離せないですよね。

そういう時は、お子さんをビニールプールで遊ばせるなんてどうでしょうか?

ベランダや庭先でお子さんを遊ばせておけば、お母さんは
日に焼けないし、家のことをしながらお子さんを見ておけます。

お子さんたちも、大好きな水遊びが好きなだけできます。

また、家の中でおもちゃで遊ばせておくのもひとつの手です。

最近はスマホゲームもありますが、手を使う遊びをさせることをおすすめします。

子どもは工作などが大好きです。
折り紙・レゴなんて、一度はじめると夢中で遊び続けます。
これらのおもちゃは頭も使いますので、お子さんの頭の体操にもなりますよ。

また、子どもの創造性も養えるので、とってもおすすめです。

遊んだあとのお片付けの習慣も、この頃からしっかり身につけさせたいですね。

大人のやることに興味が出てきた子には
ちょっと家事を手伝ってもらってもいいですよね。

簡単なお庭のくさむしり・床の雑巾がけなどを
ゲーム感覚でしてもらいましょう。

ほかには、野菜を洗うなどの簡単な料理の準備の
お手伝いしてもらうのも、お子さんにとっては楽しいことでしょう。

小さい頃からお手伝いの習慣をつけておけば、
大きくなってからも、自発的に家のお手伝いが出来る子に成長しますよ!

「お手伝い楽しい!!」

とお子さんに思ってもらえたら、しめしめです。

いろいろ手伝ってくれる頼もしい子に成長してもらいましょう!

たとえお子さんが失敗しても、怒らないで優しく見守ってあげましょうね。

また、お外に出かけたいお子さんには、
子ども向けの科学館や工場見学なんていうのもおすすめです。

無料でやっているところも多くありますし、
お金をかけずに涼しい所へ出かけることはできるんですよ。

スポンサーリンク

子供の夏休みでママの気晴らしの方法や自分の時間の作り方は?

夏休み子供 ママの時間

でも、夏休み中ずっとお子さんにつきっきりだと、ママはまいってしまいますよね。

いくら可愛い我が子でも、四六時中お世話を
しないといけないとなると、流石にストレスが溜まってしまいます。
ママだって、自分の時間が欲しいですよね?

そういう時は、思い切って周りの人に助けを求めましょう。

お盆休みのパパには、半日でもお子さんとお出かけに行ってもらいましょう。
おじいちゃんおばあちゃんとのお出かけを楽しんでもらうのも、いいですよね。

もし近所のママ友と悩みを共有できるなら、
順番にそれぞれの家に子どもを遊びに行かせる…という相談をしてみてもいいですよね。

ちょっと早起きして自分の時間を楽しむ、という工夫もできます。
また、お子さんが寝静まった夜も有意義に使いたいですよね。

そのほか、お子さんに習い事をさせてみるのもどうでしょうか?

小さい時からいろいろな経験をさせておくのは、お子さんのためにもなりますよ。
スイミングスクールや英会話スクールなどでは、子ども向けの短期教室もあります。

それらを上手に使って、ママが一人で一息つける時間を作りたいですね!

まとめ

ずっとお子さんが家にいる夏休み。
朝から晩までお子さんに付き合うのは、けっこう疲れます。
毎日お外に連れて行くなんて大変です。

外は危険で目が離せないというママには、ビニールプールや
おもちゃで、安全にお子さんを室内で遊ばせるという方法があります。

また、夏休みにはお子さんにおうちのお手伝いをしてもらえば、
子どもの自立心を養う良い機会にもなります。

無料のイベントに連れていけば、外出費の節約にもなります。

そして、家族やママ友と相談して、自分の時間を作ることも考えてみましょう。
子育ては、ママ一人でするものではありません。

みんなで協力し合って、楽しい夏休みにしましょう!

スポンサーリンク