自宅のイルミネーションが迷惑や苦情の原因に?ご近所への配慮のコツ

1年の終わりが近づく12月ぐらいから、自宅にイルミネーションを
取り付けて、柔らかな光を眺めて癒されている人もいることでしょう。

もしかしたら、光具合がとても派手なもので
まぶしくて仕方がないと感じている人もいるかもしれません。

イルミネーションを自宅に取り付けには何か目的や理由があるものと考えられます。

近所の方に迷惑のかかる明るさでしたら、長時間の点灯は避けるべきですし
迷惑をかけていないはずと思っていてもいつしかご近所さんから苦情が入り
トラブルのもとになることもあります。

イルミネーションを取り付ける、取り付けないは個人の判断であり
制約されることはないはずですが、実施する前に
大きなトラブルとならないように対策を講じる必要があります。

スポンサーリンク

自宅イルミネーションが近所迷惑や光害・苦情・トラブルに?

苦情やトラブルに関する実例を採り上げます。

  • たまに見るならいいけど、見たくもないのに視界に入るのはありがたみも何もない
  • 近所迷惑とか思わないのかな?やりたいのなら室内でやって欲しい。
    9時には消えたりしますが、たまに忘れて11時くらいまで点灯しています。
    こちらが不快だからという理由でやめろとも言えないけどほんとうに不快
  • イルミネーションは観光地かビジネス街の街路樹までが許容範囲です。
    一般家庭はやめてほしい。また、飾ってる家を見るだけで
    ムカつく人も何割かいることを理解してほしい。
  • 夜中もキラキラして落ち着かない

などの事例がありました。

スポンサーリンク

自宅のイルミネーションが近所迷惑にならない点灯や飾り方5つ

ここで、自宅イルミネーションをやる際に
ご近所さんの迷惑やトラブルにならないために守るべき5つをお話します。

1隣の家に光が差し込まないように飾る

イルミネーションを点灯している間に、隣の家が消灯したら
家の中が丸見え状態というのは光が強すぎるからです。

イルミネーションには調光コントローラーがついていますので
コントローラーを確認して一番弱い光に変えてみることです。

イルミネーションが点灯している間、外に出て何時間も眺めませんので
調光の度合いを最大限抑えることが必要です。

調光コントローラーがない場合は、コントローラーだけでも
販売していますので、追加することで解決します。

2夜早めに消灯すること

夜6時ぐらいから点灯し始めて、消灯するのは午後9時ぐらいがよいですね。

夜9時でも遅いかもしれませんが、高齢者の方が就寝される時間でもあり
子どもたちもそのぐらいの時間になると就寝しますので
タイマーなどを取り付けて自動消灯させるとよいでしょう。

3ご近所さんに一言声をかけておくこと

せめて両隣の方には、イルミネーションを飾っていることを伝えておきます。

また用心のために、町内会であれば町内会長や班長さんに一言話をしておくとよいかもしれません。

イルミネーションを続けるには周辺に居住されている方の理解があると心強いものです。

4明るすぎる過度な装飾はしない

電球の数が300個とか500個になると、結構明るくなります。

通信販売などではそれ以上の数でも販売していますが、
家の周りを派手にしたいからと電球の数を増やすことは避けるようにしたほうがよいです。

5激しく点灯・点滅するような装飾は控える

点灯だけならまだしも点滅となれば、人によっては点滅する光が苦手な方もおります。

虹色のように7色で転倒する電飾も好ましくありません。

赤とか黄色とかどちらかというと明るい系の色ではなく、ダークブルーや
ダークグリーンなどの目にやさしい色の電球を装飾するようにしたほうがよいです。

点滅は避けて点灯するようにしましょう。

自宅イルミネーションは防犯効果があるというのは嘘・ホント?

イルミネーションは防犯効果があるかといわれると全くないわけではありません。

イルミネーションを見たいからとどこからともなく見物客が来ると、
自宅には誰もいなくなることさえありますので、その時にわきから
何食わぬ顔で空き巣に入られたら、大変ですよね。

人が近付いたときにライトが点灯する人感センサーにはなりませんので
防犯対策にはなっても防犯効果は期待できません。

嘘かホントかと問われましたら、どちらかというと嘘になるのではないでしょうか。

自宅のイルミネーションで電気代が高くならないように気をつける

自宅の電気料金は、契約アンペア数にもよりますが、何時間も点灯させていると
いつもの電気料金とはならず、見たことのない高額の電気料金が請求されることもあります。

これを避けるためには、点灯する時間を決めておくことです。

巷では、家中にイルミネーションをつけて点灯させたら
10万円近く請求されたとの話を耳にしたことがあります。

ビジネスホテルやレストランなどではお客さんを呼び込むために
おこなうことがあっても個人宅ではそこまで必要かどうか考える必要があります。

さらに自宅からの電気を使用しているので
それらをソーラー式やLEDタイプに変更する方法もあります。

まとめ

私の自宅でもLEDタイプでソーラー式の100球ぐらいのイルミネーションをつけています。

購入してから7年ぐらい点灯させていますので、光の度合いも
だいぶ弱まりいつ故障してもおかしくない状態です。

心を癒す目的でイルミネーションを始めてみようと計画している方がいれば
豆電球サイズでLED仕様のソーラー式をおすすめします。

やるからにはご近所さんに一言声をかけてくださいね。

スポンサーリンク