春巻きの冷凍保存の方法と賞味期限・解凍後美味しく食べるには?

春巻きって、家族みんなが喜ぶメニューのひとつですよね。

でも、はりきって作りすぎてしまったとき、
食べきれない春巻きの保存はどうしたらいいでしょうか?

「冷凍保存は可能?」
「もしできるなら、賞味期限はどれくらい?」
「調理してから冷凍するの? それとも、解凍後に調理するの?」

今回は、余ってしまった春巻きを美味しく食べる方法をご紹介しますね!

スポンサーリンク

春巻きは残ったら冷凍してもOK?保存方法は?

春巻き 冷凍保存

さて、春巻きは冷凍保存できるのでしょうか?
答えは「イエス」です。

ただし、美味しさを損なわないように
春巻きを冷凍するための、いくつかのポイントがあります。

春巻きは、揚げる前に冷凍してくださいね。

冷凍するときは、一つ一つ小分けにして、
ラップなどで空気が入らないようにしっかりと包んで、保存をしましょう。
春巻きをまとめて保存してしまうと、皮どうしがひっついてしまいますよ。

調理したあとの春巻きを冷凍するのはOK?

春巻きの皮 冷凍保存 レシピ

調理したあとの春巻きは冷凍しないほうがよいのでしょうか?

揚げたあとの春巻きを冷凍保存してしまうと、
解凍した時に皮がベチャッとしてしまうんです。

春巻きの魅力のひとつ、パリッとした皮の食感が
失われてしまいますので、揚げる前の状態で冷凍庫に入れましょうね。

もしやむを得ず、調理後の春巻きを冷凍する場合は、
食べる前に油でもう一度揚げてくださいね。

元の食感とまではいきませんが、多少はパリッとした皮の食感が蘇ります。

そのほか、

「春巻きの具材だけ冷凍する」
「春巻きの皮だけ冷凍する」

ということも可能です。

具材だけ冷凍しておけば、新鮮な皮を使えるので
皮をまいたあとで冷凍するよりもさらに美味しくいただけます。
あるいは、その具材を、別の料理に使いまわすこともできます。

また、皮だけ保存しておけば、春巻きの
味付けを変えたり、そのほかの料理に使えたりもします。
実は、春巻きの皮で、お子さんのおやつや大人のおつまみも作れるんですよ!

スポンサーリンク

春巻きを冷凍保存したら賞味期限はどのくらい?

春巻き 冷凍保存 賞味期限

冷凍保存した春巻きの賞味期限は、1ヶ月間程度になります。

また、春巻きの保存性をあげるためには、
なるべく水分の少ない具材をチョイスすることをオススメします。

ちなみに、春巻きの冷蔵保存はおすすめしません。
冷蔵庫で保存していると、具材から汁気がでて、
皮がベチャベチャになってしまいます。

すぐに調理しない場合は、冷凍保存しましょうね。

春巻きを冷凍保存した後に解凍して美味しく食べるコツ

春巻き 冷凍保存

冷凍保存した春巻きは、どのようにして調理すると美味しくできるのでしょうか?

春巻きは、冷凍状態のまま揚げてくださいね。
解凍してしまうと、具から水分が出てしまい
べちゃっとしてしまい、うまく揚がってくれません。

また、冷凍状態のまま揚げるので、中まで火が通りづらいですよね?
160度程度の低めの温度から揚げ始めて、
外だけ焦げて、中は冷たい…なんて事態は避けましょう。

また、冷凍したものって、保存状態によっては霜がついていることがありますよね?
油の中に霜の水分が入ってしまうと、
危険ですので、春巻きの霜は取り去ってから揚げてくださいね。

まとめ

作りすぎて余らせてしまった春巻き。
揚げる前の状態での冷凍保存が可能です。
ひとつひとつ小分けにして、冷凍庫に入れましょう。

また、「具材だけ」「春巻きの皮だけ」の冷凍保存も可能です。
それぞれのメリットがありますので、臨機応変に使い分けてくださいね。

冷凍した春巻きは、解凍せずにそのまま揚げてください。
低めの温度から調理をして、中までしっかり火をとおしてくださいね。

冷凍春巻きの賞味期限は、1ヶ月程度です。
お子さんや旦那さんのお弁当のおかずにもなりますので、期限内に食べきりましょうね。

スポンサーリンク