下呂温泉花火ミュージカル冬2018開催期間や場所穴場・駐車場は?

岐阜県にある下呂温泉の冬の澄みきった夜空をステージに、
約7000から1万1000発の特殊花火が音楽にあわせて舞い踊ります。

下呂温泉街の旅館や周囲の山々が自然の反響板となって
下呂温泉花火ミュージカル会場と化します。

クリスマスカラー、ワイドな演出は、夏とはひと味違った花火が次々と打ちあがり
ドラマチックで迫力ある花火パフォーマンスが楽しめます。

また、メッセージとともに花火が打ち上がる、プレゼント花火企画もあります。

2017年度打ち上げ数:合計3万2000発 観客数:4万6500人
2016年度打ち上げ数:合計3万9000発 観客数:6万人。

2017年度を参考に、開催期間、開催場所、観覧場所の穴場
駐車場の情報などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

下呂温泉花火ミュージカル冬2018の開催期間と花火の打ち上げ場所は?

2018年度は、まだ先のようですので2017年度の情報を掲載します。

(2017年度)

開催期間:2017年12月2日・9日・16日・23日~24日
【通常公演(2日、9日、16日、23日)】20:00~20:15(予定)
【クリスマス特別公演(24日)】20:00~20:30(予定) ※荒天・河川増水時中止

開催場所:岐阜県下呂市 下呂大橋上流飛騨川河畔

下呂温泉花火ミュージカル冬2018の穴場スポットは?

(2017年度)

打ち上げ場所から⾶騨川を挟んだ対岸側のしらさぎ緑地公園(下呂⼤橋幸⽥側河川敷)。

そこに設けられた特設ステージでは19時半頃より、
岐阜県の公式キャラクター「はなミュー」ちゃんがダンスを披露してくれます。

純粋に花⽕を楽しみたいという⼈は、下呂⼤橋の上か
下呂⼤橋の下の河原での観賞がメインになってきます。

河原で観る場合、最前列にはロープがあるので、そこを⽬印にするとよいですね。

少し遠くからでも⼈ごみを避けてゆっくり観たいという⼈には⽩鷺橋が⽳場です。

下呂駅を背に向けて下呂⼤橋を渡った先の温泉街の⽅向に、その⽩鷺橋があります。

下呂⼤橋で観覧するほどの迫⼒はないかもしれませんが、花⽕の美しさは⼗分に感じられます。

スポンサーリンク

下呂温泉花火ミュージカル冬2018周辺には駐車場はある?

駐⾞場については、通常公演とクリスマス特別公演とで少し異なりますので注意が必要です。

通常公演駐⾞場

市営駐⾞場(下呂市⺠会館)
有料パーキング施設(約300台収容)

クリスマス特別公演駐⾞場

通常公演時の他に16時から臨時駐⾞場として開放

  • 湯之島グラウンド(徒歩約15分)
  • 下呂中学校グラウンド(徒歩約15分)
  • 下呂交流会館(徒歩約20分)

16時から22時まで有料駐⾞場として臨時開放

  • 幸の瀬湯けむりひろば(120台収容 徒歩約5分)

市営駐⾞場は少し狭く、また、会場に近いためにすぐに満⾞になるようです。

特別公演に⾏く場合は臨時駐⾞場を利⽤した⽅が安⼼でしょう。

有料駐⾞場は下呂駅周辺と温泉街を中⼼にいくつかありますが、
駅周辺は駅利⽤者も多く、会場に近いため混雑が予想されるので注意してください。

下呂温泉花火ミュージカル冬2018の混雑・渋滞・交通規制は?

駐車場については、18時ぐらいを目標に現地へ到着するとよいです。

その時間を過ぎると、駐車場の空きはもちろんですが、
人も車も増え始めるため、思うように動くことができなくなります。

会場に近いところは集中しますので、少々歩くことになりますが
臨時駐車場を利用することをおすすめします。

駐車場の関係もあって、下呂大橋周辺道路は車両通行止め、
全面駐車禁止となりますので早めに出発して到着するのがよさそうです。

  • 通常講演:19時30分~20時45分
  • 特別講演:19時30分~21時00分

上記の時間帯は、車両通行止めおよび全面駐車禁止となります。

下呂温泉花火ミュージカル冬2018で花火が見える宿は近くにある?

ホテルでのんびりしながら、花火が見たいという人のために
花火を見ることができる近場のホテルを紹介します。

下呂温泉 水明館

下呂温泉花火ミュージカル冬公演会場からの目安距離は約310m
徒歩4分

⇒ 下呂温泉 水明館

湯あそびの宿

下呂温泉花火ミュージカル冬公演会場からの目安距離は約830m
徒歩11分

⇒ 下呂温泉 湯あそびの宿 下呂観光ホテル本館

下呂温泉 今宵天空に遊ぶ しょうげつ

下呂温泉花火ミュージカル冬公演会場からの目安距離は約610m
徒歩11分

⇒ 下呂温泉 今宵天空に遊ぶ しょうげつ

ほかにも多数存在しますが、
かなりの混雑が予想されますので早めに予約をするとよいでしょう。

まとめ

夏の定番といえば、花火大会というイメージがあります。

冬については、どちらかというとクリスマスを想像しますので
花火をイメージすることがありませんでした。

冬場は夜空が星できれいに輝きますので、そのような夜空に向けて
華麗なる花火がミュージカルにのって打ち上げられるとはとても神秘的です。

スポンサーリンク