秋の京都といえばの紅葉狩り。
階段があったり、混雑していたりで、ママが気にしてる事は
赤ちゃん連れ&ベビーカーで行けるかどうかですよね。

そんなママたちのお助けができれば!とベビーカーOKな赤ちゃん連れOKな
赤ちゃん連れでも行ける紅葉スポット10選をまとめてみました。

スポンサーリンク

京都紅葉狩りでベビーカーOK赤ちゃん連れでも行けるスポット10選

ベビーカーに赤ちゃんを乗せて連れて行ける
京都の紅葉狩りスポットを10選紹介します。

京都御苑

京都御苑は京都御所のあるところです。
とっても広いところで、地下鉄の駅で言えば、今出川から丸太町ととても
広大な面積の場所なので、ちょっとやそっとじゃ混雑の心配はありません。

御苑のなかには、大イチョウが何本も
あったりもして紅葉スポットがたくさんあります。

しっかりとお手入れされた松の木があり、
松ぼっくりもたくさん拾うことができます。

どんぐりや紅葉した落ち葉と一緒に持ち帰って工作を楽しむのもおすすめです。

また、赤ちゃん連れのママが気になるトイレ問題ですが、
北側と南側におむつ替えもできるトイレがあるので安心です。

また、赤ちゃんだけでなく、洋式トイレも数多くあるので
おむつを卒業した幼児連れにも安心です。

 

宝ヶ池公園

市営地下鉄国際会館駅から少し歩いた場所にあります。
地元にお住いの方が犬の散歩や、お子さんを連れて来たりするような穴場紅葉スポットです。

宝ケ池の周囲を歩く遊歩道があり、ベビーカーを押しながら
のんびりと紅葉を楽しむことができます。

宝ヶ池には鳥も飛来するので
バードウォッチングを楽しむのもいいですよ。

幼児向けの遊具が並んだ『子供の楽園』というエリアもあるので
赤ちゃんのお兄ちゃんお姉ちゃんも十二分に満足すること間違いなしです。

京都府立植物園

市営地下鉄の北山駅下車すぐにあります。
自然いっぱいの植物園です。

モミジやイチョウはもちろん、桜もあるので
紅葉だけでなく春のお花見も良いですよ。

レンタルベビーカーも利用できます。

園内にはきれいなトイレが何か所もあります。

特に紅葉がキレイなのは、『なからぎの森』の辺りで、
池の周りにモミジがたくさん植えられていて
水面に映る真っ赤なモミジは必見です。

真っ赤な落ち葉のじゅうたんの上を歩くのもいいですよ!
池にはコイも泳いでいるので餌やりをするのも、お子様ウケがよさそうです。

下鴨神社

世界遺産の下鴨神社といえば、『糺の森』が有名ですよね。
参道は砂利ですが細かい砂利なのでベビーカーでも走行しやすいです。

神社ということもあり、11月は紅葉と七五三シーズンが重なるので
七五三参りの家族連れも多く訪れます。
キレイな紅葉の中で良い写真が残せそうで、いいですよね☆

 

スポンサーリンク

平安神宮

平安京大内裏の正庁をモデルにつくられた大極殿や
応天門など朱塗りの建造物が紅葉にとても 映えます。

庭園は約3万㎡もの広大な敷地が東西南北の4つの苑にわけられています。
4つの苑 はそれぞれに、紅葉やお花を楽しむことが出来るようになっています。

また紅葉を目当てに、平安神宮へやってくる観光客はあまりいないので
お子さんも一緒にのび のびと紅葉狩りを楽しむことが出来ます。

 

南禅寺

京都でも1,2位を争うほどに美しい紅葉が見られるお寺です。
人気のスポットですが、とても広い敷地なので、少しゆとりをもって見られます。

『天授庵』の辺りは混雑しますが、それ以外の場所であれば
ベビーカーを押しながら紅葉見物するファミリーも結構います。

山門の裏あたりの大きな銀杏の黄色い落ち葉のじゅうたんは必見です。

 

平等院

10円玉硬貨に描かれている寺院として有名な平等院は砂利道のため
少し押しづらいのですがミュージアムはバリアフリーになっていてベビーカーでも問題なしです。

もし砂利道を突破するのが大変そうだなと思った方は
ベビーカーは入り口で預けるのがおすすめです。

番号札でしっかりと管理してもらえるので安心して預ける事ができます。

 

二条城

二条城と呼ばれる『元離宮二条城』は築城400年を超え、世界遺産にも登録されています。

平坦でアップダウンが少なく移動が楽な二条城は
小さなお子さん連れからお年寄りまでみんなにぴったりのスポットです。

地下鉄や市バスでのアクセスが非常にいい場所なので人気です。
中でも、二の丸御殿の北よりにある『清流園』がおすすめです。

二条城の北にある庭園となっている清流園は和洋折衷の素敵な庭園です。

 

京都市動物園

平安神宮近くにある動物園です。たくさんの木の紅葉が楽しめます。
動物園なら、子供の満足度も高いはずです。 授乳室もあり、
ミルク用のお湯やベビーシートも利用できるので子連れ紅葉見物にぴったりのスポットです。

 

亀山公園

桂川の渡月橋より少し上流方向にある公園です。
たくさんの木々があるので、紅葉の穴場スポットとなっています。

公園の入り口に少しだけ石段がありますが、
それを超えれば公園の中はベビーカーで移動OKです。

公園を抜けると竹林の道に行くことも出来ます。
公園の奥の方には坂道があるのでそれさえ気をつければ大丈夫です。

 

京都紅葉狩りでベビーカーで赤ちゃん連れで行く時に気をつけること

ベビーカーよりも抱っこ紐の方が便利になることも考えられます。
いざという時にベビーカーを折り畳むことになっても大丈夫なように
抱っこ紐やスリングも持っていくようにしましょう。

京都の紅葉狩りはといえばの問いに出てきそうな、嵐山や清水寺、などの
神社やお寺は赤ちゃん連れには厳しい場所でもあるので要注意です。

石の階段や砂利道はベビーカーで進めず、おまけにほとんどの場所は
おむつ替えスペースや授乳場所もない状況なので赤ちゃん,連れにはあまり向いていないようです。

そしてこういった紅葉スポットは何と言ってもとても混雑していて人混みがすごいので、
赤ちゃん連れにはおすすめできません。

ベビーカーがダメだからと言って、どうしても見たいから数時間は
抱っこ紐で頑張るというのなら行けないこともないかもわかりませんが
あまりおすすめはできません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ベビーカーでも行けるおすすめの紅葉スポットをご紹介してきました。

京都での紅葉見物は、全国的に人気なので混雑する事も予想されます。
午前中に回るようにすれば、人混みを避けて紅葉狩りを楽しむこともできますよ。

小さなお子さんと一緒に紅葉狩りに出かけて季節感を味あわせてあげるのも良いですよね!

スポンサーリンク