9月でも泳げる海水浴!関西近郊でおすすめ穴場スポットとクラゲ対策

9月でも、まだまだ暑さは残りますよね。

夏休みが終わっても、海水浴に行きたくなるような日が続きます。
でも、海水浴場って、だいたい8月末には泳げなくなるところが多いですよね。

今回は関西の数ある海水浴場でも、9月でも泳げるおすすめスポットをご紹介していきますよ。
穴場もあります!

そして、この時期の海水浴で気をつけるクラゲについて
またどんな服装や持ち物が9月の海水浴に必要かもお教えします。

それでは、さっそく見てみましょう!

スポンサーリンク

9月でも泳げる関西近郊の海水浴厳選5つを紹介!

さっそく、9月でも泳げる関西近郊の海水浴を5つ紹介していきます。

鳥羽白浜ビーチ

まずは、三重県の鳥羽市にある「鳥羽白浜ビーチ」。
こちらは9月の下旬まで海水浴ができます。
長さ1km以上もある美しい白砂が人気のビーチです。

バナナボートやビーチバレーが楽しめる
ブルーオーシャンテラス」という施設があり
バーベキューができるスペースもあるんですよ!

住所:三重県鳥羽市浦村町字白浜

諸寄(もろよせ)海水浴場

兵庫県の北部・美方郡新温泉町にある「諸寄(もろよせ)海水浴場」は
9月の末まで海水浴ができるスポットです。

澄んだエメラルドグリーンの海が美しい海水浴場です。
実はここは、お盆シーズン以外は人が比較的少ない、穴場スポットなんですよ。

海で泳ぐだけでなく、マリンスポーツやキャンプも楽しめますよ!

住所:兵庫県美方郡新温泉町諸寄

白良浜(しらはま)海水浴場

和歌山県白良浜(しらはま)海水浴場も、9月上旬まで海水浴を楽しめますよ。

この白浜海水浴場、なんとハワイのワイキキビーチと姉妹浜なんですよ!
ハワイに想いを寄せて、海水浴なんていうのもいいですよね。

周辺にはアドベンチャーワールドや南紀白浜温泉もあるので、それらを回るのも楽しいですよ。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町

スポンサーリンク

白ひげ浜水泳キャンプ場

ちょっと目先を変えて、海ではなく湖なんていうのもオススメです。

滋賀県高島市の「白ひげ浜水泳キャンプ場」では、9月上旬まで琵琶湖で泳ぐことができます。
まるで海に来ているかのような、白い砂浜と広く続く湖の景色を楽しむことができます。

海水ではないから髪が痛まないっていうのは、女性にはけっこう大きいポイントですよ!

また、こちらは名前のとおりキャンプ場もあり
テントを持ち込んでキャンプをしたり、日帰りでバーベキューもできます。

キャンプ場自体は9月の末までやっていますので、
遊泳期間が終わってしまっても、キャンプやバーベキューは楽しめますよ!
また、バーベキュー道具のレンタルもやっていますので、少ない荷物で遊びに行けますね。

住所:滋賀県高島市鵜川1091

姫ヶ浜

 

#愛媛#松山市#忽那諸島#中島#長師#姫ヶ浜#夕景#瀬戸内海#海 #ehime#island#Japan#setouchi#sea

Daisuke Takeshimaさん(@takeshimadaisuke)がシェアした投稿 –

最後に、折角なので、足を伸ばして四国まで行ってみませんか?
愛媛県松山市の「姫ヶ浜」は、9月上旬まで海水浴を楽しめますよ。

こちらの海水浴場は、瀬戸内海国立公園内の中島にあります。
500mの美しい白浜には、遊歩道もあります。
また、キャンプやバーベキュー道具のレンタルもしていますので、海水浴以外の遊びもできますね!

周辺には民宿などの宿泊施設もあるので、折角なので一泊していくのもおすすめです。

住所:愛媛県松山市長師

9月の海水浴で気をつけることや海の気温、クラゲ対策

9月の海水浴で、気をつけるべきことがあります。

7・8月の海水浴シーズンが終わり、9月になると途端に利用者が減ります。
プライベートビーチ気分で海を独り占めできますが、
その分いざという時には助けてくれる人がいなくなってしまいます。

さらに、9月になると常駐の係員がいなくなるので、
万が一溺れてしまったりしてもすぐに対処できる人がいません。

あまり遠くの方へは行かず、浅瀬で海水浴を楽しむようにしましょうね。

9月の海水浴の海の気温は?

さて、9月の海の気温はどうなのでしょうか?

実は、海水温度が最も高くなるのは、8月の終わりから9月にかけてなんです。
ですので、日中海水浴を楽しむのならば快適に過ごせるでしょう。

9月の海水浴でクラゲが増える?対策法は?

9月にはほとんどの海水浴場が閉まってしまう理由の一つは、「クラゲ」なんです。

早いところでは、お盆明けからクラゲは増えていきます。
クラゲに刺されてしまうと、水膨れや火傷のような痛みなど炎症が起きてしまうことがあります。

しかし、それだけではありません。
最悪の場合、クラゲに刺されてしまったことでショック死…なんて自体にもなりかねません。
(一般的なクラゲには、それほど強い毒性はありませんのでご安心くださいね。)

もし、海水浴中にクラゲに刺されてしまったら、
「刺されたところは、こすらない」
「真水ではなく、海水で流す」
ことをしましょう。

刺されたところをこすってしまうと、
クラゲの毒をさらに体に塗りこんでしまうことになりかねません。

また、海水で患部を洗い流す理由は、クラゲは海の生き物なので、
クラゲと親和性のある海水を使ったほうが、
毒を刺激し悪化させる心配が少ないからです。

また、もし患部にクラゲの触手が刺さってしまったら
素手で触れないようにして毛抜きなどで抜きましょう。

念のため、処置後には、病院で患部を診てもらってくださいね。

9月の海水浴に行く時の服装や持ち物

それでは、9月の海水浴、どんな服装・持ち物を持っていくのがよいのでしょうか?

9月もまだまだ暑さは残るため、
基本的に海水浴シーズン中と同じ服装・持ち物で構わないでしょう。

ただし、朝晩の気温差はありますので
念のため薄手の羽織ものを持っていくといいですね。

9月に入ると海の家がやっていなかったりするので
食べ物や飲み物は持参しておくことをオススメします。

また、9月でも紫外線はたっぷり降り注ぎます。
紫外線対策はしっかりして、日焼けトラブルは避けたいですね。

まとめ

9月でも海水浴ができるところは、関西圏でもいくつかあります。
人もだいぶん減るので、ゆっくり海水浴が楽しめます。

ただし、常駐監視員がいなくなるので、安全なところで遊ぶようにしましょう。

また、クラゲが増え始める時期でもありますので
クラゲがいないところで遊ぶよう心がけましょうね!

スポンサーリンク