岸和田だんじり祭り2018の日程・時間・見所・混雑・渋滞情報を紹介

荒々しい熱気の中で、神輿を突き合わせたり、
擦りあわせたり、寄せ担ぎしたりする『喧嘩祭』と呼ばれる祭の中でも、
有名なのはもちろん大阪の岸和田地区で開催されるだんじり祭ですよね!

全国的にも有名な岸和田だんじり祭の2018年の日程や時間、
見どころと、混雑情報渋滞情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

岸和田だんじり祭り2018の開催日程・時間

[9月祭礼]

2018年9月9日(日) ・ 9月14日(金) ~ 9月16日(日)

  • 9月 9日(日) 14時 ~ 16時 『試験曳き』
  • 9月14日(金) 14時 ~ 16時 『試験曳き』
  • 9月15日(土)  6時 ~ 22時 『宵宮』
  • 9月16日(日)  9時 ~ 22時 『本宮』

[開催場所]

岸和田地区(22町) ―――― 南海線 岸和田駅周辺
春木地区(12町)   ―――― 南海線 春木駅周辺

[10月祭礼]

2018年9月30日(日)・10月6日(土) ~ 10月7日(日)

  • 9月30日(日) 13時 ~ 17時 『試験曳き』
  • 10月6日(土)  6時 ~ 22時 『宵宮』
  • 10月7日(日)  7時 ~ 22時 『本宮』

[開催場所]

八木地区(11町)   ―――― JR阪和線 久米田駅周辺
南掃守地区(8町)   ―――― JR阪和線 下松駅周辺
東岸和田地区(11町)―――― JR阪和線 東岸和田駅周辺
山直南地区(6町)   ―――― 阪和道 岸和田和泉IC周辺
山滝地区(3町)          ―――― 阪和道 岸和田SA周辺

岸和田だんじり祭り2018の見どころは?

だんじり祭りでは、土曜日の宵宮、日曜日の本宮が執り行われています。
ここでは、それぞれの見どころを、ご紹介していきたいと思います。

[宵宮]

早朝6時に市役所からミュージックサイレンの合図が流れると、
それぞれの町のだんじりが大阪臨海線の岸和田港交差点を目指して出発します。

この岸和田港交差点は、通称『カンカン場』と呼ばれ、
カンカン場に向けて一斉にだんじりが出発することは『曳き出し』と呼ばれています。
この日、岸和田駅前では午後1時からパレードが開催されます。

[本宮]

午前9時過ぎに、岸城神社岸和田天神宮弥栄神社(春木南のみ)で
『宮入り』と呼ばれる儀式があります。

特に、岸城神社の宮入りはかつて『城入り』と呼ばれていたこともあり、
岸和田市役所前のコナカラ坂を豪快に駆け上がる『やりまわし』はだんじり祭のハイライトの一つです。

また、荒々しい昼間のだんじり祭は、夜になれば、
『静』が演出された違った表情を見せてくれます。

宵宮では、午後7時から10時頃までの時間、また本宮では、
午後7時半から11時ごろまでの時間『灯入れ曳行』が行われます。

男衆が祭りの中心の昼間とはちがい、老若男女が楽しめるように
約200個の赤い駒提灯にだんじりが照らされて歩行曳行される『静』の祭りです。

お子さんと一緒に見学される際には、非常に荒々しい
昼間の『動』よりも、雅やかな夜の『静』のだんじり祭の見学がおすすめです。

スポンサーリンク

岸和田だんじり祭り2018で混雑・渋滞する時間帯と場所は?

◇南海岸和田周辺
◇岸和田城周辺
◇カンカン場(岸和田カンカンベイサイドモール)周辺

の3地点は、早朝6時前から非常に混雑することが予想されます。

◇南海岸和田駅周辺

(引用先:Googlemap)

◇岸和田城周辺

(引用先:Googlemap

◇カンカン場(岸和田カンカンベイサイドモール)周辺

(引用先:Googlemap

岸和田だんじり祭り2018の交通規制の場所と時間帯は

蛸地蔵駅~春木駅付近、阪神高速湾岸線付近まで下記日程で交通規制があります。
堺・阪南線は通行することができるのですが、国道26号線への迂回がおススメです。

  • 9月 9日(日)13時~16時30分
  • 9月14日(金)13時~16時30分
  • 9月15日(土)17時15分~23時
  • 9月16日(日)20時~23時

交通規制の詳細はこちら

(引用先:岸和田だんじり祭り

岸和田だんじり祭り2018を安全に見るためには?

*傘は使用禁止です!

岸和田だんじり祭りでは安全面から、傘の使用は禁止されています。
残暑もある時期ですが、日傘も禁止されています。

雨が降った場合も、傘の使用は不可です。
お天気に不安がある場合は、レインコートを準備しておくと安心です。

*曲がり角には危険がいっぱいです!

だんじりは、後梃子と呼ばれる舵取り梃子によって舵がとられます。
操作を十分に行うためには、だんじりの幅の約2倍のスペースが必要です。

だんじりが通過する曲がり角では、特に広く道路のスペースをあけておかなければ、
巻き込まれてしまう危険があります。
警備の方の指示や案内に従うようにしましょう。

まとめ

夏祭りと聞いて、東北 青森のねぶた祭りや、
宮城の仙台七夕祭りを思い浮かべる人も多いかと思いますが、
だんじりを豪快に取回す大阪の岸和田祭りを見学にいくのはいかがですか?

9月・10月のお祭りもぜひ、堪能してみてくださいね!

スポンサーリンク