母の日のプレゼント、一人暮らしや遠方に住んでいる大学生でも贈れるものは何?

母の日 プレゼント 大学生

母の日は、毎年何を贈ろうか悩んでしまいますよね。

学生だとそんなに高い物は買えません。
でも、感謝の気持ちは伝えたい。

遠方に住んでいる人たちは特にそう感じると思います。

そこで、今回は遠方に住んでいる
大学生でも贈ることができる母の日のプレゼントを紹介します。

スポンサーリンク

母の日のプレゼント、一人暮らしや遠方に住んでいる場合はどうする?

母の日 プレゼント 遠方

母の日は、日頃苦労をかけている母に感謝を伝える日です。

何か特別なプレゼントを贈りたい気持ちもわかりますが、
一番大事なのは感謝の言葉を伝えることです。

母の日に「ありがとう」という気持ちを伝えることが、
お母さんにとって何よりも嬉しい母の日のプレゼントとなります。

手紙やメッセージカード、電話などで感謝の気持ちを伝えるといいですね。

それでも、

「感謝の言葉以外にも何かプレゼントを贈りたい」

という人もいるでしょう。

そんな時は

  • ハンカチ
  • ストール
  • マグカップ
  • 入浴剤

などにメッセージカードを付けて贈ると喜ばれます。

一般的な予算は千円~3千円程度です。

ですが、「学生時代に自分の為にお金をかけるくらいなら
生活費の足しにでもしてくれた方が良い」と考えるお母さんが多いようです。

なので母の日に大学生から贈るプレゼントは金額など関係なく、
心がこもっていればそれだけで価値がありますよ。

  • 「母の日にお母さんにプレゼントしたいけど、予算も時間もない。」
  • 「母の日に手紙やメッセージカードを書くのは気恥ずかしい。」

そんな人は、ラインやメールでメッセージを送るだけでもいいと思います。

遠方に住んでいる大学生に母の日に
プレゼントされて嬉しいものの第一位は「感謝の言葉」です。

「ラインやメールのメッセージだけだとお母さんは残念がるかな?」
 なんて心配はいりません。

お母さんは母の日に
「何かしようと考えてくれている」その気持ちが嬉しいんです。

母の日にお母さんに届く「ありがとう」のメッセージ。

お母さんはそれだけで18年以上の苦労が吹き飛ぶくらい感動するはずです!

スポンサーリンク

母の日のプレゼントで実家を出ていても贈ることができるプレゼントってある?

母の日 プレゼント 遠方

どうしても形になるものを贈りたいという
大学生の方におすすめの母の日プレゼントを集めてみました。

ハンカチ

よく使うものなので、実用的で喜ばれます。

 

さらりとしたコットン100パーセントの美しい生地です。

きめ細かい、薄手のさらりとした生地に思わずうっとりしてしまいます。

ちょっと自慢したくなってしまう、上質な日本製ハンカチです。
名前やイニシャルを刺繍で入れられます。

 

イニシャルを刺繍でき、書体と色が選べます。

スカーフ

季節的にも紫外線対策できたり、夜の肌寒い時にも活用できます。

 

暖かいニット素材のラッセルシャーリングマフラーです。

シャーリング加工により自然と波打つ
立体的なデザインなので、適当に巻くだけでもお洒落に仕上がります。

 

シルク100%のミニスカーフです。

20種類のプリント柄がかわいいですね。

首に巻くのもよし、
バッグに結んでアクセントとしても活用するのもいいですね。

ハンドクリーム

家事で年中手荒れに困っているお母さんにおすすめです。

普段買わないようなギフト用のハンドクリームをプレゼントするのも良いですね。

 

 

入浴剤

普段は買わないようなものや、
リラックスできるような香りのもの、お肌が潤う系のものなどが喜ばれます。

 

セットで入っているものだと複数回楽しめていいですね。

 

お母さんの好きな香りのものを贈るのもいいですね。

まとめ

母親はそんなに高いものじゃなくても嬉しいものです。

むしろ、プレゼントよりも感謝の言葉の方が嬉しいという人もいます。

ちなみに私が大学生の時は、
感謝の気持ちと母の好きな色のマニキュアをプレゼントしました。

母が爪の手入れをしているのをよく見ていたので、
普段使いしやすく母の好きそうな色を選んでプレゼントしました。

「ちょうどこんな色が欲しかったの」とすごく喜んでくれたことを覚えています。

皆さんもお母さんが喜ぶプレゼントを贈れるといいですね。

大学生はまだ学業が本分です。

自分が出来る範囲で感謝の気持ちを伝えることが一番です。

特別なプレゼントなどなくても
「ありがとう」という言葉が何よりのプレゼントになります。

一緒に旅行に行ったり、鞄を買ってあげたりなどの親孝行は社会人になってからにしましょう。

その時の自分に合った感謝の形が一番だと思います。

スポンサーリンク