根室さんま祭り2018の日程・見どころ・混雑状況・中止の場合は?

秋になると食べたくなるのが旬を迎える『サンマ』ですよね。

北海道の根室市はサンマの水揚げで日本一なのです。
『とろさんま』として知られる、根室さんま祭りが今年も開催されます。

この時期に根室沖で漁獲されてくるサンマは、
親潮海域の脂肪分が秋にたっぷりになるプランクトンを
沢山食べることで一番脂がのりきった状態になります。

そんなベストコンディションで
水揚げされる根室のサンマの美味しさはお墨付きです!

というわけで今回は、とっても美味しいサンマが
食べられることで知られる根室さんま祭り2018の日程と見所、
そして気になる混雑具合についてまとめてみました。

スポンサーリンク

根室 さんま祭り2018の日程や場所、開催時間は?

おいしい『とろサンマ』が堪能できる、
根室さんま祭り2018の日程は下記の通りです。

1日目と2日目とでは開催時間が違っているのでご注意ください!

  • 1日目:2018年9月22日(土) 12:00~20:00
  • 2日目:2018年9月23日(日)9:00~15:00

場所 根室港特設会場

お問い合わせ先 :根室さんま祭り実行委員会 (℡0153-23-6111)

根室さんま祭り2018のアクセス方法と駐車場は

とっても大人気の根室さんま祭りの会場をくわしくご紹介します。

会場の住所 :根室港特設会場(北海道根室市本町5丁目)

料金 :無料

アクセス:JR根室駅から徒歩で20分
(JR根室駅から、無料の臨時バスが運行される予定です)

車の場合は約5分です。

会場周辺には3か所の駐車場があり、500台ほどの駐車場が 無料で利用できます。

根室さんま祭り周辺の駐車場情報はこちら

根室さんま祭りは中止になった例はある?雨天決行?

 根室さんま祭りは、当日が小雨の場合は結構されます。
本降りの場合は雨天中止になる可能性もあります。

当日の最新情報は、根室さんま祭り公式のfacebookで随時発信されるので要チェックです。

根室さんま祭り公式フェイスブック

スポンサーリンク

根室さんま祭りの見どころやイベントは?

盛りだくさんな内容を簡単にまとめてみました。

なんと!ワンコイン100円で炭火焼さんまが
おかわり自由で食べ放題できるのは、根室さんま祭りならでは!

 

さんま節でだしをとった、さんまラーメンはワンコイン500円です

 

あつあつの刀汁やさんまロールお寿司も!

 

さんまのつかみ取り ワンコイン500円でさんまのつかみ取りが体験できます!
もちろん鮮度抜群の新鮮で脂のたっぷりのったおいしいさんまです!

 

さんまの箱買い 。
新鮮なさんまがいっぱい詰まったトロ箱がいっぱいです。
宅急便を利用した地方発送もOKなので安心です。

 

はーじまーるよー #根室さんま祭り #根室

hagi5310さん(@hagi5310)がシェアした投稿 –

根室さんま祭り2018は料金はかからないの?

駐車場代や入場料は無料です。

割りばしとトレーのセットを100円支払って購入するだけで、
全長約100mの長い炉端焼きで
焼かれているさんまをお腹いっぱい好きなだけ食べることができます。

脂ののったさんまはを思う存分堪能できるのは、根室さんま祭りならではです。

その他、露店もたくさん出ていて、さんまにぴったりの
生ビールや、さんまラーメン、さんまの刀汁、サンマカレーなどの
サンマグルメはもちろん、ホタテやつぶ貝、ホッキ貝、焼きウニなど、
北海道の新鮮な海の幸もお値打ちに販売されています。

またワンコイン500円で参加できる
各日150名限定のさんまつかみ取り大会もあります!

参加必要な整理券は1日目は正午、2日目は午前9時から配布が始まります。

根室のさんま祭り2018の混雑状況や待ち時間、交通規制はある?

駐車場はすぐに満車になりがちなので、早めに行くことをお勧めします。

早めに行けば炉端の場所も人数分確保しやすいです。

1番待ち時間が長くなりがちなのが、1回目に500円でできる
さんまのつかみどりのための整理券に並ぶことですね。

100円で堪能出来る食べ放題のさんまを焼くスペースに関しては、
100mの炉端が2レーンあるので、空いたスペースで焼くので
そんなに目立った待ち時間はないようです。

根室のさんま祭り2018行く時の持ち物や服装は?

根室さんま祭りで一番気になるのが、空模様です。
小雨決行で本降りなら中止です。

根室さんま祭りの公式facebookをチェックするようにすれば、最新情報を得られます! 

服装ですが、9月末の北海道といえば、
空気はもう少しひんやりしています。

しかも根室さんま祭りの会場は根室港の一角なので、
もちろん海の横で、海風も吹いています!

なので体感温度は結構寒いほどです。

女性の場合はズボンやタイツで足元からの冷えをブロックするのがおすすめです。
またさんま祭りの会場では炉端でたくさんの
さんまを焼いているので、煙がかなりもくもくした状態です。

当然ニオイもつくので、焼き肉店に行くようなつもりで
服装をチョイスするといいですよ!

持っていくと便利なものとしては、炉端でさんまを焼くときに
細長いさんまを箸だけを使ってひっくり返したりするのは
至難の業なので、軍手やトング、霧吹きなんかがあると便利ですよ!

旅行中で荷物になるなぁ、なんていう場合は
その場だけ使えればいいという具合に、100円ショップに出かけて
使い捨てのものなどを用意しておいても良いでしょう。

まとめ

根室というと、北海道の中でも道東地域にあるので
旅行で行くのもなかなか大変ですが、脂のたっぷりのった
旬のとろさんまを100円で食べ放題できるので行く価値はあると思います。

また、夜になればサンマ漁船の集魚灯が点灯されるのでまた雰囲気に変化ができます。
歌謡ショーやYosakoiソーランのステージもあるので、楽しめます。

スポンサーリンク