新入社員の女性が買うべきビジネススーツの色や値段の相場は?

就職先が内定し、春から新入社員として働き始める方もいるでしょう。学生から社会人になるのは不安も多いですよね。

社会人と学生の違いは色々ありますが、まずはスーツです。

なので、今回はどんな色のスーツがいいのか、何着必要なのか、値段の相場などをご紹介します。

スポンサーリンク

新入社員のスーツは最低2着用意が鉄則!オススメカラーはコレ

社会人1年目の新入社員は、スーツで仕事をする機会が多いもの。研修期間や配属されてからは女性もしばらくはスーツだと思います。

そこで、どんな色が新入社員として好まれるのか知っておきたいですよね。ここではスーツのオススメカラーや何着持って入ればいいのかなどをまとめました。

まず、スーツの色で選んではいけないのは、派手な色です。
一般企業では、赤やピンク等の強い色のスーツは好まれません。

新入社員のスーツの色は黒やグレー、紺といった落ち着いた色が好まれます。リクルートスーツしか持っていなかったのなら明るい色を選びたくなりますが、まずは黒やネイビーなどの落ち着いた色から揃えるのが無難です。

白などの明るい色は働き始めてから社内の雰囲気を見てから決めるのがいいと思います。お客様や取引先と接する人などは、社内で暗黙のルールがある場合もあるので注意しましょう。

少なくとも1着は黒い色のスーツは用意しておいた方がいいですね。

スーツといえば無地だけではありませんよね。ストライプはスッキリ見せてくれるので新社会人に向いている柄です。

黒いスーツはリクルートスーツの延長のような感じになってしまいますが、さりげなくストライプが入っていると暗めの色でも印象が変わっていいですね。ストライプの色もスーツと同色系でさりげないと尚良いでしょう。

次に、スーツは何着持っていればいいのでしょうか。

持っているスーツの数が少ないとローテーションが回らず、毎日同じスーツを着ていると思われるかもしれません。

新入社員の場合は、少なくても2~3着は用意しておいた方がいいでしょう。全て新しく揃えるのが厳しい方は、リクルートスーツを数に入れても問題ありません。

ただし、営業職なら新しくビジネス用のスーツを新調するのが良いでしょう。明らかに1年目とわかってしまうのは、仕事上良くないケースもあります。

特に営業として取引先を頻繁に訪れる場合は、リクルートスーツの着用は避けたほうがいいでしょう。

女性の場合、スーツを着て仕事するのも数か月程度のことが多いです。長くても1年くらいですので、それほど多くのスーツを用意する必要ありません。

最低でもローテーションを組むことができる数を用意しましょう。

歩くことが多い人はボトムの消耗が激しいので、ボトムもローテーションできるように数着持っていると良いでしょう。

スポンサーリンク

新入社員に買ってほしいスーツの値段の相場はこのくらい

新社会人になったから高価なスーツをと考える方もいるかもしれませんが、新入社員にはまだ高価なスーツは早いと思います。

上司や先輩たちに生意気だととられるかもしれませんし、女性だと長くても1年程度しかスーツを着ないということもあるので、そこまでスーツに値段をかけなくてもいいと思います。

とはいえ、1万円程度のスーツはやめておいた方がいいでしょう。安いということはそれなりに理由があって、生地や耐久性などに問題がある場合が多いです。

大体3~5万円程度のスーツだとそれほど安っぽくみえず、清潔感もあっていいと思います。
スーツを購入するにあたって価格、機能性、耐久性などを考えて、必ず試着して購入しましょう。

まとめ

さて、いかがでしたしょうか。

新入社員が着るスーツは誰が見ても嫌みがなく、新入社員らしいデザインのものを選ぶのが賢明です。その際には、高級ブランドは避け3~5万円程度のお手頃価格の中から選びましょう。

高価なスーツは上司や先輩方に生意気だと思われる要因にもなるので、やめておいたほうがいいでしょう。

新入社員にオススメのスーツのカラーは、落ち着いた暗い色が無難です。黒やネイビー、グレーなどが周囲から浮くこともなく、さらに新入社員らしい若々しさと清潔感も演出できるので良いでしょう。

社内の雰囲気を見てから少し明るめのスーツを購入するのもアリですね。

女性の場合、スーツを着る期間というのは短い場合が多いです。なので、ローテーションが組める程度大体2~3着くらいを目安に揃えると良いでしょう。

自分の体型に合い、新入社員らしいフレッシュで元気に見えるスーツを見つけてくださいね。

スポンサーリンク