おじいちゃんやおばあちゃんも安心して食べられるクリスマスメニュー献立

九月に入り、師走に近づいてきましたね。

クリスマスまであと3カ月です。
クリスマスをおじいちゃん、おばあちゃんも交えて過ごすといったご家庭もありますよね。

クリスマスメニューといえば、洋食で
ガッツリ高カロリーで胃もたれしそうなメニューのイメージがありますよね。

高齢者の方には、クリスマスメニューが苦手という方が多いと思います。

そういう方たちにはあっさりめで食べやすい料理とかの方がいいのかもしれません。

そこで今回は、高齢者の方でも美味しく
食べやすいクリスマスメニューの和風料理レシピを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お年寄りでも消化が良く食べやすいクリスマスメニュー

ちらし寿司

お祝いで華やかにしやすくかつ、お寿司の為
喜ばれるちらし寿司ですが、クリスマスの時にもぴったり。
高齢者の方にも喜ばれることでしょう。

ローストチキンの炊き込みご飯

チキンをバラバラにして炊き込みご飯として出します。
すると食べにくいチキンも食べやすくなって喜ばれることでしょう。

茶碗蒸し

付け合わせとして茶碗蒸しなどの柔らかめな料理も用意してみてはいかがでしょうか?
だし汁に溶き卵、各種具材を用意して蒸し器で弱火で15分蒸していけばOK.。

上品な味なので高齢者にはぴったりのことでしょう。

スポンサーリンク

クリスマスの和風食べやすい簡単レシピ

ノンオイルのおから豆腐の和風テリーヌ

ヘルシーなおからと豆腐を使用した和風タイプのテリーヌ。
鶏むね肉におから、豆腐とヘルシーな食材を使用してテリーヌ状に仕上げてます。

フードプロセッサーで砕いてよく混ぜてオーブンで
焼くだけですので簡単に出来上がるかと。
あっさりとした仕上がりになるので高齢者の方にも向いてますね。

クリスマス用リンゴのポタージュスープ

りんごに含まれているベクチンは悪玉コレステロールを
下げ心臓病や脳卒中の予防に役立ちます。
高齢者だけでなく、中年の方にもおすすめのレシピです。

クリスマスにおすすめリースでミートローフ

お年寄りクリスマスメニュー

見た目が華やか。作るのは簡単。
型さえ用意しておけば材料を積めて焼くだけでおいしいミートローフの完成です。

和風サラダ

年配の特に女性はヘルシーテイストを
好むためサラダを用意すると喜ばれることでしょう。

あさりご飯

あさりご飯を出すだけで華やかさがアップ。
クリスマスにもおすすめのレシピです。

ホウレンソウとクルミのサラダマッシュポテト添え
 
素材の組み合わせや盛り付けをデり風にちょっとおしゃれに。
毎日野菜を摂ってると心も体も元気になります。

花上げシュウマイ

見た目が面白くひと口目の食感が楽しい包まないシュウマイ。
食べると肉のうまみが口の中にジュワーッと広がります。

揚げ出し豆腐

豆腐の水切りをすることで水っぽくなるのを防ぎます。
挙げた時にはねないよう片栗粉はまんべんなくつけましょう。

アボカドのカニソースグラタン

クリーミーなアボガドとカニソースが混ざり合ってコクのある味わいに。
好みのパンにたっぷり塗っていただくのがおすすめです。

野菜と魚介の焼きサラダ

鮭、えび、れんこん、ブロッコリーなどが入って、
メインにもなるような食べごたえのあるごちそうサラダです。
バルサミコを使ったドレッシングとの相性も抜群です。

タイ飯

ふたを開けた瞬間香ばしい香りの漂ってくるタイ飯。
たいは焼いてから炊き込むので香ばしく骨離れも良好。

上品な白身を丁寧にほぐして薄味のご飯と混ぜればしみじみとしたおいしさです。
クリスマスにも喜ばれる一品になることでしょう。

レモンクリームパスタ

あつあつのクリームパスタにチーズと千切りにした塩レモンの香りたっぷり。
マイルドな塩気と酸味、香りほのかな苦みが一体となって味を引き締めてくれます。

イチゴのティラミス

たっぷりとコーヒーシロップを染み込ませた柔らかいスポンジのティラミス。
カスタードとマスカルポーネクリーム、甘酸っぱいイチゴが味を引き立てます。

きのこオムレツ

サイドメニューとして簡単でおいしくおすすめ。
まるでがレットのようなおしゃれなごちそうに。

きのこは強火でさっと炒めて卵を入れると
フライパンにくっつかないように動かしながらと手早くするのがコツです。

カリカリシーザーサラダ

ふだん余りがちなパン粉を利用して作る
カリカリガーリックがあればシーザーサラダも気楽にできます。

他にもイタリアンのパン粉焼きや
自家製ソーセージなどレシピも広がるメニューとして使えます。

まとめ

いかがでしたか?

高齢者向けのクリスマスにテーブルを彩るごちそうの紹介でした。

好みに合わせてお皿も変えたり一工夫して
楽しいクリスマスを過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク