離乳食の赤ちゃん用スプーンでおすすめはどんなもの?素材は?

赤ちゃんが食べ物に興味を持ちだし、そろそろ離乳食をはじめる時期に差し掛かった頃。離乳食に使うものを集め始めますよね。

いざ、ベビーグッズを見に行くと、たくさんの離乳食用のスプーン!

赤ちゃんが初めて離乳食を食べるために使うスプーンだから、いろいろこだわりたくなっちゃいます。「でも、どれがいいんだろう?」って悩みますよね。

先輩ママたちが使っている離乳食用スプーンを参考にしてみましょう!

スポンサーリンク

人気の離乳食用スプーン5選!先輩ママがおすすめするはこれ

ベビーグッズを見に行って驚くのが、赤ちゃん用のスプーンでもたくさんの種類があること!スプーンそのものの素材や、大きさなど、本当にたくさん種類があるんです。

先輩ママたちが使っている人気のスプーンをピックアップしてみました。スプーン選びの参考にしてみてください。

ピジョン 食べるnoおうえん はじめてのフィーディングスプーン

言わずと知れた、日本のベビー用品メーカー「ピジョン」の離乳食用スプーンです。

商品名に「はじめての」と付いている通り、初めて離乳食を食べさせてあげやすい大きさと素材でできています。

さらに、初めて離乳食を食べさせるママにも優しい、スプーンを赤ちゃんの口の奥まで入らないストッパー付き!熱湯消毒にも対応しており、衛生面も安心です。

リッチェル おでかけランチくん

こちらは、日本のプラスチック製品の製造メーカー「リッチェル」から販売されているスプーン。深さの違うスプーン2種類と、持ち運び用のケースがついているセット。

離乳食を始めた頃、お出かけ先でもおうちと同じスプーンを使いたいママにオススメです。

コンビ teteo フィーディングスプーン 離乳ナビ Neo コップスプーン付き

ベビー用品の「コンビ」が販売している離乳食用スプーン。

このスプーンセットは、離乳食初期~後期まで長く使える3本セット。それぞれ、深さや大きさが違うので、赤ちゃんに合わせて使い分けることができます。

スプーンを買い替える必要がないことから、こちらを選ぶママさんも多いようです。

天然木製 ベビースプーン ペースト用マッシュ用

こちらは、楽天市場で人気のベビースプーン。天然素材で作られたスプーンということもあり、ママさんに人気のスプーンです。

木のスプーンでは珍しく持ち手が長いこと、木の温かみを感じられることも人気の一因です。

天然素材を使っていることからプラスチックやシリコンに比べると買い替える頻度は高くなりますが、何回もリピート購入するママさんもかなり多いとのこと。

人気の高さがうかがえます。

ののじ 新はじめてのUDカトラリーセット

こちらのスプーンセットは、ステンレスのスプーンセット。赤ちゃんの口の大きさや、食べやすい深さなどを考慮して作られています。

自分でスプーンを使って食べられるようになってからも使えるように設計されていること、ステンレスで作られていることから衛生面も安心ですね。

離乳食をスタートする時に選びたいスプーンをご紹介しました。

こちらで紹介したのは離乳食初期に使いやすい5つですが、まだまだたくさんの種類があります。

どのスプーンが使いやすいか。ママさんによっても違うかもしれません。こちらの5つを参考にして、選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんに離乳食を食べさせるのに適したスプーンの素材

離乳食を食べさせるスプーンには、様々な素材が使われています。素材ごとに特徴がありますので、それぞれを見てみましょう!

プラスチック

柔らかすぎず、固すぎない。そして、カラフルなものが多いのがプラスチックのスプーン。

熱に弱かったり、赤ちゃんの噛む力がついてくると、傷つきやすい面もあります。

シリコン

赤ちゃん用に限らず、食器に使われる素材としてはダントツの柔らかさを持つシリコン。

赤ちゃんの口を傷つける心配がないことからも、選びやすい素材です。シリコン独特の匂いがあったり、食べ物の色が移ってしまうこともあることから、丁寧に洗う必要があります。

その反面、熱湯消毒ができることから衛生面は安心できます。

金属

長い期間使える耐久性があるのが金属。ステンレス製のものが汚れにも強く、多く選ばれているスプーンです。

ただし、金属は熱伝導率がいいことから、温かい離乳食をあげる時に気を付けてあげる必要があります。

また、金属はプラスチックやシリコンに比べて固いことから、最初は嫌がる赤ちゃんもいるようです。

木製

大人でも木のスプーンはなぜか落ち着くもの。

天然素材で作られているので、赤ちゃんにも優しいスプーンです。

持ち手が短めだったり、赤ちゃんの口には少し大きめだったりもするので、それぞれの特徴を確認して選んでください。

また、水に弱いことから、長時間つけおき洗いができない事にも注意が必要です。

スプーンに使われている素材を大きく4つに分けてみてみました。

  • 赤ちゃんに食べさせやすい柔らかさや、管理のしやすさからはプラスチックやシリコン。
  • 長い期間、同じものを使えるように金属。
  • 天然素材の温かさを知ってほしいから木製。

先輩ママさんの意見を聞いても、赤ちゃんの好みのスプーンを選んでいたり、ママさんの使いやすさを重視してスプーンを選んだり…と、様々です。

ずっと一緒にいるからこそ分かる、赤ちゃんにとって一番のスプーンを選んであげてくださいね!

まとめ

初めての離乳食を食べさせてあげるのに、どんなスプーンがいいのか。

選ぶのに困ってしまうほど、たくさんの種類のスプーンが作られています。

赤ちゃんにとっても、ママにとっても一番のスプーンはそれぞれ違うかもしれません。でも、選ぶのも楽しみの1つです。

楽しい離乳食がスタートできるように、スプーン選びも楽しんでくださいね!

スポンサーリンク