早いもので郵便局やネット上でも、
2018年年賀状の話題が上がっています。

まだ運動会もハロウィンも終わっていないのに早い!
と思っていても、実際12月なんてあっという間。

元旦に年賀状を届けようと思ったら、
一体いつまでに準備して投函すればいいのでしょうか?

私も年賀状を出すので調べてみました。

スポンサーリンク

年賀状を2018年1月1日の元旦に届けるならいつまでにポストに入れたらいいの?

年賀状いつまで?

 

いつまでに出せば元旦に配達してもらえるのか?

実は、私は毎年郵便局の人に確認しています。

なぜかというと、なかなか一日集中して準備するのが
難しいので、遠方の人から優先的に書き進めているんです。

近場の人はいつまでなら大丈夫かの確認です(笑)

年賀状の受付は12月15日より始まります。

郵便局のホームページでは、
12月25日までに出された年賀状は元旦に、
12月26日から12月28日に出された年賀状も、
できる限り元旦に届けられるように取り組むと明記したうえで、
12月25日までの投函を呼び掛けています。

12月25日を過ぎて年賀状を投函してもいい?

「25日を過ぎでも、届けてくれるなら
最悪、ちょっと過ぎでもじゃぁいいの?」

ってちょっと思う人もいるかもしれません。

しかし、26日から28日投函分はあくまで「できる限り」ですから、
その期間に出す人があまりにも多ければ、郵便局も捌けないでしょう。

そしてギリギリになればなるほど、
絶対に相手の住所を間違えないのも重要です!

特にパソコンの住所録で引っ越しした人の住所を
書き変え忘れている事ありませんか?

私の友人にも、毎年
「今年も旧住所に送って返ってきた。ごめん。」
とメールをくれる子がいます(笑)

受け取る側は悲しい限りです(;´Д`)

こうならないためにも、早めに
余裕を持って年賀状の準備をしたほうがいいですね。

スポンサーリンク

元旦到着の期日を過ぎた時に年賀状を出した場合はどうなるの?

元旦到着の為に12月25日までの投函を呼び掛けていても
なるべく多くを元旦に届けようと
郵便局の方々は相当年末頑張っていらっしゃる事と思います。

郵便局の方に聞いたところ、同じ県内や市内だと
12月29日に出しても元旦に届く可能性は高いそうです。

同じ町内、つまり郵便局の管轄が一緒だと、
30日の夜に出したものであっても元旦配達の準備ができるかもという事です。

ただしこれは運が良ければだそうで、
あまりにも量が多いとか、機械が故障して
作業中断なんてこともあり得るので約束はできないということでした。

どうしても元旦に届かない年賀状はいつ相手に届くの?

元旦に届けるのが難しい年賀状は、
1月2日は配達が休みで、3日以降順次配達されます。

通常の配達よりもプラス1日か2日かかるそうです。
31日に出したとすれば、場所によって3日か4日あたりに届くようですよ。

私は、お正月に旅行に行くとか里帰りをするという
友人は、実は一番後回しで準備しています(笑)

万が一元旦に届かなくても、
相手にはいつ配達されたものかどうか分かりませんからね(笑)

期日を過ぎたがどうしても元旦に年賀状を届けたい場合はどうすればいいの?

出すのが遅くなったけど
どうしても元旦に届いて欲しい相手がいるのなら
一つは速達郵便を使うことでしょうか。

ただ年賀状の速達というものはないらしく、
普通郵便の速達扱いになるそうです。

31日に出したものが速達で1日に配達されるというだけの話です。

ただし、出すタイミングや相手の住所次第で、
必ず1日に届くかどうかは分かりません。

早すぎて年内に配達されてしまった、
遅すぎて2日になったということもあり得ます。

料金もプラスでかかるのでできれば避けたいところですね。

後は、余程遠方でない限り、
届けたい相手の近くの郵便局に
出しに行ってお願いするということでしょうか。

これも労力使うのであまりオススメはできませんが(笑)

いずれにしても元旦に届けたいのなら早めの準備が必要ということですね!

年賀状は元旦に届かなくても大丈夫?送るのはいつまでOK?

年賀状いつまで

元旦に届くようにと準備する人が多いと思いますが、
1月7日までに届けば失礼にはならないとされています。

これは、1月7日までがお正月の松飾りを飾る「松の内」とされているからです。

1月8日からは、通常通り消印が押されるし、
今年はがきの値段が上がったこともあり、プラス10円の料金がかかります。

また、元旦に届くのは難しいなと思った場合は、

年賀状の文面に「元旦」とは入れずに
「一月」や「正月」を使った方が良さそうです。

松の内が過ぎたら年賀状ではなく寒中見舞いにしよう

一般的にお正月とされている1月7日(地方によって15日)までの
松の内を過ぎたら、年賀状ではなく、「寒中見舞い」を出しましょう。

自分が出していなかった人から年賀状が届いて
急いで返事を書くのが難しい場合
寒中見舞いとして出しても相手からは喜ばれると思います。

以前会社の先輩から15日頃年賀状が届いた事がありました。

4日には仕事始めで新年の挨拶を交わしていたので、
こちらも忘れた頃に届いて何とも言えない気分でした(笑)

まとめ

年賀はがきは11月1日には発売されます
早めに購入して早めに取り掛かり、元旦に届くように私も頑張ります!

スポンサーリンク