秋といえば、紅葉狩りですよね。
大阪でも色々なところで紅葉は見られますが、
大阪の北にある箕面には、有名な紅葉スポットがあります。

実はベビーカー有りでも行くことができる
赤ちゃんがいるママさんにもおすすめの場所なんです。

ところで、ベビーカーの場合、公共機関より
車の方が移動が楽なことも多いですよね?

そんな赤ちゃんがいるママがその紅葉スポットに
行くために、便利な駐車場はあるのでしょうか?
また、混雑する時期はいつなんでしょうか?

さっそく見てみましょう!

スポンサーリンク

大阪箕面で紅葉ベビーカーOKな場所の駐車場・混雑・アクセス方法

 

大阪箕面で紅葉見物ベビーカーありでもOKな場所

大阪箕面で紅葉見物といえば、「箕面公園」です。
特に「箕面大滝」は公園内のハイライトとも言える場所で、
行ったことがなくても写真を見たことがある方も多いと思います。

「でも、山にある公園だし、ベビーカーで大滝を目指すのは大変そう…。」

いえいえ、そんなことはないんですよ。

実は、駅からの大滝へ続く道は、道の幅も広めで、きれいに舗装されています。

比較的ゆるやかな坂道で、段差もなく、
ベビーカーで大滝まで行くことは出来るんですよ。

途中おしゃれなカフェなどもありますので、
途中で休憩しながらゆっくり目的地を目指すといいですね。

大阪箕面で紅葉スポット近場の駐車場は?アクセス方法

残念ながら、箕面公園内には駐車場がありません。

紅葉を見に行くのに一番便利な駐車場は、「箕面大日駐車場」です。
箕面ドライブウェイにある駐車場で、箕面大滝の上・北側にある駐車場です。

しかし、この駐車場から滝の方へと下る道は、急な坂道です。
ベビーカーでこの駐車場から大滝に行くことは、困難です。
またシーズン中、この駐車場は平日でも
混雑しますので、こちらを使用するのはあまりおすすめはしません。

ベビーカーで箕面公園に行かれる時は、箕面駅周辺の駐車場を利用するとよいでしょう。
駅の近くには、二ヶ所市営の駐車場があります。

箕面駅前第一駐車場

こちらは箕面駅そば南東側にあり、収容総数285台と大きな駐車場です。

紅葉のメイン場所である箕面大滝までは、駅から歩くと50分かかります。
しかし、ゆるやかな坂のハイキングコースとなっていますので、
途中の紅葉も楽しみながら、目的地まで行くことができますよ。

24時間営業で、駐車料金は、
8時~20時は30分100円
20時~8時は1時間100円
一日の最大料金は1600円です。

住所:箕面6丁目4-10

箕面駅前第二駐車場

こちらは第一駐車場より若干駅から遠いですが、歩いて3分ほどの違いです。
収容台数は282台で、駐車料金は同じです。

住所:箕面5丁目12-67

スポンサーリンク

大阪箕面で紅葉スポットで混雑状況や空いている時期はいつ?

箕面公園・駅周辺の駐車場は、
シーズン中の11月中旬から12月初旬は、どこも混みます。

土日祝日は午前中から満車のこともありますので、
駐車待ちを覚悟したほうがいいでしょう。

ただしシーズン中でも、平日ならば比較的すいているので駐車しやすいですよ。

もし時間が取れるならば、平日に紅葉狩りに行かれることをオススメします。

紅葉狩りで赤ちゃんを乗せたベビーカーで行く時に注意すること

さて、ベビーカーで赤ちゃんと紅葉狩りに行く時、どのようなことを気をつけたらよいのでしょうか?

場所によると、ガタガタの坂道でベビーカーが通れないこともあります。
抱っこひもなど、赤ちゃんを抱いて移動できるものを念のため持って行ってくださいね。

また、目的の場所がベビーカーOKなのか、事前に調べておくことも大事です。

ベビーカー預かり不可のところもありますし、
長時間赤ちゃんを抱いてベビーカーを押すことは大変ですし、また危険です。

山や公園などに紅葉を見に行く場合、
オムツ換え台がない公共トイレしかないところもあります。

ベンチなどの上で替える必要も出てくるかもしれませんので、
おむつ替えシートやレジャーシートなどを持っていかれるとよいでしょう。

また、授乳できる場所もない場合があります。
授乳ケープも持っていきましょうね。

まとめ

大阪を代表する紅葉スポット、箕面公園はベビーカーで箕面大滝まで行くことが可能です。
時間はかかりますが、ハイキング気分でのんびり歩きましょう。
名物もみじの天ぷらを食べながら、美しい景色を楽しみたいですね。

ただし、シーズン中の土日祝日は混雑します。
周辺の駐車場も待たなければいけない可能性があるので、覚悟して行きましょう。

スポンサーリンク