スーツケースの選び方!海外旅行に行く時にお勧めのものは?

楽しみにしている海外旅行。荷造りするだけでもワクワクしますよね。「荷造りするのはいいけど、スーツケースってどんなのを選んだいいんだろう?」たしかに、海外に行くなら大きめのスーツケースが良さそうな気もする…。でも、あまり大きいと持っていくのが大変じゃないかな?

そんなお悩みが少しでも解決できるヒントをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

海外旅行のためのスーツケースを選びたい!選ぶ時のポイントとは?

まず、スーツケースを選ぶ基準を作りましょう。海外旅行に行く日数と地域を基準に選ぶと選びやすいです。

スーツケースを購入する場合も、レンタルする場合も、「○泊用」や「○リットル」と表記されている事が多いので、こちらを参考にして大きさを決めましょう。大まかな計算ですが、1日あたり10リットルと考えて計算すると、ちょうどいい大きさのものが選べます。

行き先や季節によっても荷物の多さは変化すると思いますので、やや大きめのものを選ぶと安心です。ただし、大きすぎるものを選んでしまうと、スーツケースが重たくて…なんて事にもなりかねませんので、欲張らないように注意が必要です。

スーツケースの素材や開閉部分もチェック

次に、スーツケースの素材を見てみましょう。

スーツケースと聞くと、硬い素材のハードケースを想像される方が多いと思います。日本人は、硬いハードケースを使う人が多いと言われます。たしかに、私も海外旅行に行くときはハードケースを愛用しています。

ハードケースは、スーツケース自体が硬い素材で作られているため、ソフトケースに比べると中の荷物が傷つく心配もなく安心です。ただし、ハードケースは素材自体が重いため、スーツケース自体の重量も重たくなります。長期の旅行になる場合は、荷物も多くなりますので重さも少し考慮しましょう。

スーツケースには、キャスターが付いていますので、持ち運びをする時は重量を気にする事はないかもしれませんが、電車の乗り降りや、ターンテーブルから荷物を取る時に苦労することがあるかもしれません。

また、ハードケースを選ぶ場合は開閉部分をファスナーで閉じるか、フレームで閉じるかも重要なポイントになります。ファスナータイプは、ハードケースの中でも重量を軽くする事ができ、ファスナーを少し開ければ荷物を取り出す事も可能です。

しかしながら、ファスナー部分が壊されやすいという欠点もあります。

逆に、フレームタイプは開閉部分が金属で作られるため、スーツケース自体が頑丈に作られているため壊れにくく、防犯性も非常に高いです。その反面、フレーム部分の金属でスーツケース自体が重たくなりやすい事、スーツケースの中身を取り出すのに、ちょっとだけ開ける事ができないというデメリットもあります。

使いやすいスーツケースは、人それぞれだと思います。使いやすいポイントを抑えて、自分にとってベストなスーツケースを選んでくださいね。

スポンサーリンク

機内持ち込みできるスーツケースには重さ制限がある?上限はどのくらい?

機内に持ち込みのできるスーツケースには、大きさや重さに規定があります。

航空会社ごとに細かい規定は違いますが、「3辺の合計が115cm以内」のものであれば、ほぼ機内持ち込みは可能です。「SSサイズ」や「機内持ち込み可能サイズ」と表記されているものを選べば問題ありません。

サイズの他に、手荷物を機内持ち込みをする場合、気をつけないといけないのが重量です。機内持ち込みができる手荷物の重量については、航空会社によって規定が違い、7〜20kgと幅があります。

自分が利用する航空会社が決まった時点で、ホームページなどで確認してください。

航空会社によっては、重量オーバーで荷物を入れ替えないといけなかった…という事もありえるようです。特に、LCCを使う場合や、目的地までに乗り継ぎがある場合は気をつけてください。

まとめ

海外旅行に行く時のスーツケース。どんなものを持っていこうか、荷造りをする前から楽しみができますよね。スーツケースを選ぶのにも、いろいろなポイントがあります。自分にとって最適なスーツケースは、人それぞれ違うと思います。

せっかく海外旅行。ベストなスーツケースをお供に楽しめるといいですね。

スポンサーリンク