ウェディングベールの手作りは簡単にできる!より素敵な結婚式に

もうすぐ結婚式。ウェディングドレスに合わせるウェディングベールって、どんなのがあるんだろう…。結婚式で身につけるものは気になりますよね。でも、なかなかどんなものがあるのか分からない…。

それなら、自分で作ってみてはいかがでしょう?実は、ウェディングベールは簡単に作ることができるんです。簡単な作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

誰でも簡単に作れる!ウェディングベールの作り方を分かりやすくご紹介

「そんなに簡単に作れるの?」すごく難しそうに思われがちですが、基本のベールさえ作れれば簡単なんです。

基本のベールが作れたら、アレンジをする事で世界に1つしかないベールにする事もできます。せっかくの結婚式ですし、オンリーワンのものを作ってみましょう!

さっそく、必要なものを見ていきましょう。

必ず準備するもの

  • チュール(150〜180cm幅のもの)
  • コーム

これさえあれば、基本のベールは作れます。チュールは、柔らかいものを選べばエレガントなシルエットに、少し張りのあるものを選べばふわっとしたキュートなシルエットになります。

また、ウェディングドレスに合わせて色を選ぶ必要があります。一言にウェディングドレスと言っても、白〜アイボリーと色に幅があるんです。アイボリーのドレスに真っ白なベールだと、色味が浮いてしまうこともありますので、ドレスの色に近いチュールを選びましょう。

また、チュールの長さはショートベールにするか、ロングベールにするかで必要な長さが変わります。顔を隠せる長さ(50〜70cm)と、背中側に来る長さ(70〜500cm)を合わせた長さを準備してください。

コームは、髪の毛に隠れてしまうので、色や素材はどんなものでも問題ありません。

アレンジに使えるもの

  • レース or サテンのバイアステープ
  • パール
  • ビーズ
  • スパンコール

特になくてもベールは作れますが、好みのものを使うことで、オンリーワンのベールにすることができます。レースとバイアステープは、どんなイメージのベールを作るかでどちらを選ぶのかが変わります。レースだとドレスと一体感がありエレガントに、バイアステープだとベールの裾が強調されキュートなイメージになります。

また、レースはどんなデザインや太さのものでも使えますが、ベールの裾に使いますのでチュールやドレスの色に近いものを選んでください。レースもバイアステープも、ベールの裾を一周する長さが必要ですので、自分が作るベールの長さを確認しておいてくださいね。

パール・ビーズ・スパンコールは全部使う必要はありません。好みのものを選んで使ってください。パールはベールに全体に、ビーズやスパンコールはレース部分に散らす事で光が当たるとキラキラと、とてもキレイです。

作り方

いよいよ、ベール作りです。簡単な作り方はこちら。

  • チュールを楕円形にする
  • レース(バイアステープ)を裾につける
  • コームを付ける
  • パールやビーズを縫い付ける

必要な手順はこれだけ。レースやビーズなどを縫いつけたりするのに時間がかかります。少しづつ確実に縫っていきましょう。ベール作りをする際、抑えておきたいポイントをお伝えします。

チュールは、4等分に折って角を丸くすると全体が同じ丸みになります。ショートベールであれば、四角いチュールがまん丸になるように切ると、裾がキレイになります。ロングベールの場合は、顔周りと裾の部分が丸くなっていれば問題ありません。

コームを付ける部分については、チュールの端から70〜75cmのところにギャザーを寄せて、そこにコームをつければ出来上がり。

チュールの中心部分50〜80cmを、コームと同じ幅になるようにギャザーを寄せてください。ギャザーは、ざっくりとなみ縫いをして糸を引っ張ればできますが、あまり引っ張りすぎるとチュールが切れてしまう事もありますので、気をつけてください。

後は、ギャザー部分にコームを縫い付けるだけ。コームを付けづらい場合は、ギャザー部分にバイアステープを縫い付けると縫いやすくなります。最後に、パールやビーズを縫い付けたら出来上がりです。顔周りにつけてもカワイイですが、レース部分に付けるだけでも十分です。

縫い付ける自信がない場合は、手芸用ボンドで貼り付けても問題ありません。ただし、ボンドを使う場合は、チュールにしっかり固定されているか確認してくださいね。

スポンサーリンク

ウェディングドレスや髪型によって変わる?あなたに合うウェディングベールとは

「ウェディングベールを作ろうと思うけど、どんなベールがいいんだろう?」気になりますよね。

ウェディングベールを作る前に、どんな形のウェディングドレスを着るか決まっている場合は、ドレスの形でベールの形を決める事もできます。ドレスのトレーン部分が短いものであれば、ショートベールでもロングベールでも大丈夫。好みの長さのものを選んでください。

逆に、トレーンが長い場合は、ベールは短い方がスッキリとします。また、エンパイアドレスやマーメイドドレスといった細身のドレスを着る場合は、ロングベールでよりエレガントなシルエットを作る事もできます。

「ドレスによってベールを変えるといいのは分かったけど、髪型でもベールの形は変えた方がいい?」個人的な意見ですが、ベールの形はあまり髪型に左右されることはないと思います。

ウェディングドレスを着る時の髪型は、比較的スッキリとしたまとめ髪が多いので、ドレスとどんなイメージになりたいかでベールを決めてもいいと言えると思います。

もし、ベールボーイやベールガールを頼む場合は、ドレスの形に関係なく必ずロングベールにしてくださいね。せっかくお願いしたのに、ショートベールだと持つ部分がない…なんてことになってしまわないように気をつけてください。

まとめ

世界に1つしかないベールを使って、式を迎える…。ステキなお式になりそうですね。

ベールを作るのには時間も労力も必要かもしれませんが、お式への思い入れもきっと違うものになると思います。ぜひ、ステキなお式を迎えてくださいね。

スポンサーリンク