父の日に送りたいメッセージの考え方!義父を喜ばせるための3箇条

結婚して父の日がやってくると自分のお父さん以外に義父にも気持ちを伝えたいですよね。

「義父に渡すものは慎重に選んで失敗がないようにしたいけどなかなか難しい…」なんて不安になったり緊張されている方も多いのでは?

何を渡せば喜んでくれるんだろう?何を言えばいいの?などなど気になります。

やっぱり渡すなら義父にとびきり喜んでもらいたいところ!そこで今回は父の日に義父を喜ばせるためのメッセージとプレゼントについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

父の日にメッセージを伝えよう!義父が言ってほしい言葉3選

会って直接義父に伝えることもありますが、多忙だったり遠方に住んでいる場合などなかなか会えないこともあると思います。

そんな時は手紙を同封してメッセージを伝えましょう。また直接渡す場合でも簡単なメッセージカードをつけてあげると喜ばれます!

手書きのものを渡すと気持ちがこもっているように感じられるので自分で書きましょう!

感謝の気持ちを伝えよう

定番中の定番と言ってもいいかもしれませんが、これが1番大切です。ですが、「いつもありがとうございます」だけでは義父が言ってほしい言葉にはなりません。具体的に何に感謝しているのか伝えましょう!

近くに住んでいる場合はなにかしてもらった時のこと・遠方の場合はたまの帰省で心遣ってくれたこと、などなど嬉しい場面といっしょにいつもありがとうと伝えるととっても喜ばれますよ!

夫を立てよう

プレゼントを渡す時には自分が選んだものであっても必ず「夫が義父のために選んでくれたもの」であることを伝えましょう。息子がちゃんと妻に立てられている姿を見るのは義父にはとても嬉しいものなのです!遠方で手紙を書く場合は最後に夫と連名で送ると喜ばれます!

手紙やメッセージカードはお父さんと表記しよう

宛名を「お義父さん・お義父様」とするのは距離があるように感じられてしまい、他人行儀なんて思われてしまうことも!そうならないように「お父さん・お父さま」と書きましょう。親しみを持って接してくれてるんだなと嬉しく思われますよ!

また子どもがいる時は、子どもの写真や家族写真を同封してあげると義父だけではなく義母にもとても喜ばれるので、ぜひ一緒に送ってあげましょう!

スポンサーリンク

父の日のメッセージと共に渡したい義父が喜ぶプレゼントとは?

プレゼントは5000円前後のものをあげるようにしましょう。

あまりにも高価なものを贈ってしまうと、義父も「悪いことをしたな」と感じてしまって素直に喜べない場合がありますので、精神的にも気軽にもらってくれるお値段のものを渡しましょう。

またプレゼントを渡すなら義父の趣味や好み、病気などはリサーチしておきたいところ。これは義母や夫に協力してもらって、その中から義父が喜んでくれそうなものを選びましょう!

お酒

病気や食事制限などもなく、お酒が大好きな義父の場合はお酒をあげましょう。

お酒にもビールや日本酒にウイスキーなどなどたくさん種類がありますので、何が好きなのかは事前チェックしておきたいです。

またいつもとは違う珍しいお酒や飲み比べができるセット、それにプラスしてお酒に合うおつまみを渡すと喜ばれますよ!

寝巻き

父の日が過ぎればもうすぐ夏がやってきます。夏の夜は蒸し暑くて寝苦しいので、それを見越して甚平を渡すのもおすすめですよ!

毎日着るものなので実用性が高く喜んでもらえます。寝やすく肌触りのいい生地を選んであげましょう。

食べ物

遠方に住んでいる場合は義父の好きな食べ物を贈ってあげましょう。好きな食べ物と一緒に自分たちが住んでいる地域の特産品なども合わせて贈ると喜んでもらえますよ!

近くに住んでいる場合は家族で一緒に食事に出かけるのがおすすめです。義父の好きな料理などを確認しておき、みんなで楽しく食べられると義父も嬉しく感じてくれます!

他にも義父がまだ現役で働いている場合は靴下などの毎日使う消耗品・ゴルフが好きな方ならゴルフグッズ、定年退職後で70歳前後の場合は古くなってしまった家電を新しく購入してあげると喜んでもらえますので、義父の年齢と好みに合わせて選ぶのがポイントです。

まとめ

とっても緊張してしまいますが、ポイントを抑えながら義父を喜ばせてみましょう!

義母や夫に義父の趣味などをリサーチするのはもちろんですが、自分でも日頃から気にかけてみるといいかもしれませんね。ぜひご参考に頑張ってみてください!

スポンサーリンク