クリスマスカード手作り!マスキングテープを使って簡単&可愛く作る方法

クリスマスカード手作りマスキングテープ

クリスマスカードというと、キラキラした飾りや
飛び出す仕掛けなどが付いていて、
可愛いけど自分で作るのは難しいように感じますよね。

じつはマスキングテープを使うと、誰でも簡単に可愛いカードが作れちゃうんです。

最近のDIYブームで、マスキングテープは
よく耳にするワードになってきたと思います。

しかし、実際利用する機会がなかなか無い方も多いと思います。

マスキングテープは接着できるのはもちろんですが、
最近は装飾として利用されることの多いテープです。

色や柄だけでなく素材の種類も豊富にあります。
このマスキングテープをカード作りに利用すると、
簡単にオシャレなカードを作ることができます。

そこで今回は、マスキングテープを使った
クリスマスカードの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスカードの手作り!マスキングテープを使ったクリスマスカードデザイン集

それでは、参考になるような可愛い
デザインのカードをいくつかご紹介していきます!

こちらはカラフルなツリーのデザインですね。
マスキングテープを切って使っているようです!
お子さんと一緒に作っても楽しそうですね。

こちらはプレゼントポックスのデザインですが、
マスキングテープを上手く組み合わせて大人っぽく仕上がっています。
リボンの絵柄を上手に使っていて素敵ですね!

こちらもプレゼントボックスのデザインですが
トナカイのグリッターシールを一緒に使っています。

キラキラ感がクリスマスな感じをさらに引き出しています。

こちらもクリスマスツリーですが、
グリーンのマスキングテープがまとまりがあって綺麗。

こちらはリーフと雪だるまの形になっています。
リボンが立体的なアクセントになっていますし、
ちぎって作ったことで個性的で素敵なデザインですね。

ハサミを使わないので小さなお子さんでも安全に出来そうです^^

小さなお子さんが作るとこんな感じ。
ちぎって貼るだけなので、簡単に可愛くできますね♪

まだまだ紹介しきれないぐらいたくさんありますが
マスキングテープさえあればできてしまうので
絵を描くのが苦手な子でも楽しめそうです。

スポンサーリンク

クリスマスカード用のマスキングテープはどこで手に入れたらいいの?

装飾用のマスキングテープは色々な場所で購入できます。
多種多様なマスキングテープを取り扱う専門のネットショップもあるほどです。

一般的には、

  • 文具店
  • ホームセンター
  • 百貨店の文具コーナー
  • 100円ショップ

などで購入できます。

その他、通販サイトでも色々な種類が販売されているようです。

マスキングテープはまとめ買いがおすすめ

マスキングテープは一度にまとめ買いしたほうが
色々デザインも決めることができますし、ネットなら複数買ったほうがお得です♪

↑こんなふうにカラフルなマスキングテープがセットになったものがあります。
気になる送料は、送料無料です。

クリスマスにぴったりな柄のマスキングテープもありますよ↓

お気に入りのマスキングテープを見つけてくださいね!

マスキングテープを使ったクリスマスカードの作り方

簡単に可愛くできるマスキングテープを使ったクリスマスカードの作り方をご紹介します。

【用意するもの・材料】

  • 厚紙、色画用紙
  • 好きな柄のマスキングテープ数種類
  • お好みのリボン、糸、ボタンがあればより素敵です。
  • 筆記用具
  • はさみ
  • のり

特別な材料はほとんどありません。
マスキングテープ以外は、お家にあるもので出来ちゃいます!
作り方もいたって簡単です。

【手順】

①厚紙をお好みの大きさに切ります。
②お好みの下絵を書きます。(ツリー、プレゼントポックス、雪だるま、キャンドルなど)
③下絵の形にマスキングテープを貼っていきます。
④メッセージを書きましょう。
⑤最後にアクセントになる飾りを付ければ完成です。

ざっくりとした説明になりましたが、
先程ご紹介したデザインを見て頂けると想像しやすいと思います。

マスキングテープを使ったカードの作り方の動画を載せておきます。

↑キャンドルですが、やり方はツリーやプレゼントボックスでもほとんど同じです。

マスキングテープを使った手作りクリスマスカードまとめ

今回マスキングテープを使った
クリスマスカードをご紹介しましたが、参考になったでしょうか?

簡単に可愛く作れるので、お子さんのいる方は一緒に
作っても喜ばれそうですし、お家のクリスマス飾りにもなりますね!

今年は大切な人へのクリスマスプレゼントに、
マスキングテープを使ったオシャレな手作りカードを添えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク