インフルエンザの時にお風呂はNG?入るならいつから入浴してもOK?髪を洗うのはいい?

インフルエンザ お風呂 いつから

冬になると心配になってくるのかインフルエンザ。
このシーズンは年末年始、進学、受験など、
いろいろ控えている方が多いので感染や発症が心配ですね。

また感染症であるインフルエンザは、
家族内での感染の可能性があります。
インフルエンザになった時に気をつけたい日常のことにお風呂があります。

家族がインフルエンザになった時
また、自分がインフルエンザになった時に
お風呂に入っても良いかなど気になることがいっぱいありますね。

そこで今回は、そんな気になるインフルエンザにかかった時のお風呂について
入浴の可否、いつから入っても良いか
気をつけることはあるかなどをご紹介してゆきます。

スポンサーリンク

インフルエンザの時にお風呂に入るのはダメ?いい?その理由は?

インフルエンザ お風呂

インフルエンザにかかった時、高熱が出て汗をかいている、
温まった方が良いのではないかという考えもありますよね。

ですが基本的にインフルエンザの時に入浴はNGです。

理由としては、お風呂に入ること自体体力を消耗するからです。

インフルエンザにかかれば、身体がウイルスと戦おうとします。

身体が戦うために体力を使っているのに、入浴に体力を
使ってしまうと症状が良くならないもしくは悪化することも考えられます。

インフルエンザの初期症状として、
悪寒や寒気がありますが、その時はたいしたことないと感じるかもしれません。

ですが、インフルエンザのウイルスは体内での増殖のスピードが速く
高熱や筋肉痛のような関節の痛み、だるさと行った症状が出ます。

また、インフルエンザB型の場合は熱が出ない、微熱が続くことがあります。

もし熱が高くなくても、だるさや痛み、
寒気などの症状がある場合は入浴は避けた方が良いでしょう。

高熱が続いている時や、倦怠感、悪寒、食欲がない、
筋肉痛のような痛みの症状が続く時は、
温かいお湯で濡らしたタオルで身体を拭くくらいにしておくことがおすすめですよ。

スポンサーリンク

インフルエンザの時のお風呂はいつから入っても大丈夫なの?

インフルエンザ お風呂

ではいつ頃からお風呂に入っても問題ないのでしょうか?

インフルエンザが治る期間は個人差があり、
医師でもいつからお風呂に入っても良いと判断するのが難しいと言われています。

平熱や体力にも個人差がありますが、目安となるのは

  • 熱が下がっているか
  • 身体がしんどくないか

ということになります。

熱があるうちはまだインフルエンザウイルスと
身体が戦っている状態ですし、身体がだるいなどの症状がある場合でも
体力を消耗する入浴は禁物です。

熱が下がって、体力が回復してきた頃がお風呂に入っても良いタイミングですね。

インフルエンザの時はシャワーだけでもいい?湯船に入るのは?

インフルエンザ シャワー

お風呂に入るのは、先ほどもお伝えした通り症状がきつい時は避けた方が良いです。

どうしても!という場合は、軽くシャワーを浴びる程度ならOKです。

ですが湯船に入るのはあまりお勧めできません。

湯船に浸かると血行が良くなって脈が速くなり、
運動をしている時と同じ状態になりますので身体に負担がかかります。

インフルエンザの時はただでさえ高熱が出るほどの
負担が身体にかかっていますので、さっとシャワーを浴びる程度にしましょう。

また、シャワーを浴びた後はしっかり暖かくしてくださいね。

インフルエンザの時のお風呂で髪を洗うのはいいの?

インフルエンザ お風呂

インフルエンザの時は高熱が出て汗をかき、
頭も気持ち悪く感じることがあると思います。

インフルエンザの時に髪を洗うのはOKかどうか。
結論としては入浴と同様避けた方が良いですよ。

理由は入浴と同じく、体力を消耗するからです。

熱が下がり、身体がしんどくなくなってから、
髪の毛をきれいに洗ったり、ゆっくりリラックスしてお風呂に浸かりましょう。

インフルエンザにかかった家族が入ったお風呂はお湯を入れ直したほうがいい?

インフルエンザ お風呂

お風呂場は閉め切った空間ですので、
インフルエンザの感染が気になりますよね。

ですがインフルエンザウイルスは高温多湿が苦手。

湿度50%以上でインフルエンザウイルスは生きられないという研究結果もあります。

お風呂場は湿度80%以上ありますので、
インフルエンザウイルスは生存できず感染の心配はありません。

ですので、お湯を入れなおす必要もありませんよ。
続けてお風呂に入っていただいて問題ありません。

インフルエンザの時にお風呂に入る時に気をつけることは?

インフルエンザ お風呂

インフルエンザウイルスは、先ほどお伝えしたように高温多湿が苦手です。

お風呂場内での感染の心配はありませんが、
脱衣所のマットやタオルを共有する場合は注意が必要です。

タオルは別々に分ける

足拭きマット、タオルはインフルエンザに感染している家族と分けた方が良いです。

インフルエンザウイルスがマットやタオルに付着し感染する恐れがありますので、
お風呂場の外で使用するタオル類は分けて使いましょう。

脱衣所も温めておく

インフルエンザウイルスは高温多湿が苦手です。
湿度50%以上かつ室温22℃以上でウイルスは死滅します。
脱衣所を温めておけば、インフルエンザウイルスの感染も軽減できますね。

ドアノブやスイッチにも注意

ドアノブ、扉の取っ手、お風呂場の扉、電気のスイッチなど、
手が直接触れる場所にも注意が必要です。

インフルエンザ感染者が触れた部分は、消毒をする、
温かいタオルで拭いておくなど対処しておくと安心ですね。

入浴後の注意点

入浴後はすぐに身体を拭き、髪を乾かしましょう。
身体が冷えると熱があがってしまう、症状が悪化するなどの恐れもあります。

また、しっかり身体を拭いた後は、暖かくして安静にしましょう。
入浴で奪われた水分を補給することも忘れないようにしてくださいね。

インフルエンザの時のお風呂まとめ

インフルエンザになった時のお風呂について、
シャワーや入浴はOKか、気をつける点は何かなどをお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか?

インフルエンザウイルスの性質や

身体の状態に目を向けながら、入浴方法に注意してくださいね。

基本的には安静です。

インフルエンザにかかった時は、一番に自分の身体のことを考えてくださいね。

スポンサーリンク