桜が咲いたらやっぱりやりたいお花見!

会社でやる人も、家族で行く人も、友達と良く人も
気になるのは必要な持ち物ではないでしょうか?

いざお花見に行ったら「あれ!?ない!!」なんてなったらもう大変!

楽しいはずのお花見が台無しになってしまうことも!?
しかし、いざ準備しようにも何が必要で
何が余計なものになのか分からなくなってしまうことも^^;

でも大丈夫!
しっかりと必要なものを確認さえすれば準備だって簡単♪
安心してお花見をすることができますよ。

今回はお花見に必要なものとあったら便利なものを紹介していきます。
お花見準備の時にチェックしてみてください。

スポンサーリンク

お花見に必ず持っていくべき持ち物はなに?

お花見に絶対必要なものをまずチェックしてみましょう。

  • レジャーシート
  • ティッシュやウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • 使い捨ての紙コップや食器
  • 食べ物や飲み物

とにかくこの5つは絶対に必要です!

レジャーシート

 

人数に合ったレジャーシートは絶対に必要です。
なければどこに座るの?ってなっちゃいます。

使いやすいブルーシートや硬い地面でもでも平気なクッションタイプ、
こぼしたときでも処理がしやすい防水シートになっているものがオススメ!

お花見のメンバーに合わせてチョイスしてみてください。

ウェットティッシュ

 

箱ティッシュや大容量のウェットティッシュは大活躍!
手や口はもちろん、こぼしてしまった時に拭くこともできます。

手で食べるものが多いメニューの時は特に多めに持っていくと便利ですよ。

ゴミ袋

 

ビニール袋は荷物を入れて移動にも、突然の雨から
料理や女性、お子さんを守るときにも便利!

ごみ袋としても必需品なので大きいものと
小さいものと複数の種類もって行っても便利です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バーベキューやピクニックに!【使い捨てエコ食器セット】
価格:1296円(税込、送料別) (2018/1/11時点)

洗い物が出ないのでとっても便利な使い捨ての食器。

取り分け皿としても飲み物を飲むときにも必要なので必ず準備しましょう。

人数分より多めに持っていくともしもの時便利ですよ。

最後に食べ物と飲み物、これがなければ本当に花を
見るだけになっちゃいますので忘れずに!

スポンサーリンク

お花見にあると便利な持ち物ってどんなものがある?

次に絶対ではないけどあったら便利なもの、喜ばれるものを紹介していきます。

こちらがチェックリストです!

  • ダンボール
  • 黒ペン
  • カイロ
  • 毛布
  • 小銭
ダンボール

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大型段ボール箱(ダブルフルート NO.2) 5枚 555×340×350mm
価格:1709円(税込、送料無料) (2018/1/11時点)

段ボールはごみ箱代わりにしたり、ごつごつした地面と
ブルーシートの間に挟んでクッション代わりにしたり大活躍!

物を入れて運ぶこともできて便利なアイテムなので、
準備できれば持っていきたいものナンバー1アイテムです。

黒ペン

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼブラ 油性マーカー ハイマッキー 黒10本入
価格:1017円(税込、送料別) (2018/1/11時点)

黒のペンは食器に名前を書くときにあると便利なもの。

食器が混ざってしまってどれが誰のか分からない!なんてならなくて便利です。

カイロ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カイロ/貼らないホカロン(30コ入)【ホカロン】
価格:961円(税込、送料別) (2018/1/11時点)

ホッカイロは特に夜のお花見の席にあると便利なもの。
多めに持っていけば分けることもできるので数多めに思っていくと吉!

毛布

 

冷えやすい野外ではブランケットがあるととっても便利。

女性や子供なら肩から掛けてもひざ掛けにしてもGOOD!
汚れることを見越して丸洗いできるフリースなどの素材を選ぶと便利です。

小銭

 

飲み物や食べ物を追加で買い出しに行く時など、ちょっとした
小銭があるといいですよ。

お財布でもいいのですが、小銭が見やすいものだと
手間なくパパッとお金を出すことができます。

お花見の持ち物や食べ物はどんなものがいい?

お花見での持ち物はコンパクトな方が移動がしやすくオススメです。
特に混みやすいお花見会場だと大荷物になり過ぎると移動が大変になります。

食べ物は一緒に行くメンバーに変わってきますが、
お酒を飲むのなら6割おつまみ系4割ご飯系にするようにすると
お酒を飲まないメンバーがいるときに
「食べ物がおつまみ系ばっかり!」なんてことになりません。

また、食器で取り分けるときを考えて取り分けのしやすさや
食べやすさを考えて料理のチョイスをするとこぼしたりするトラブルが減ります。

必要なものはリスト化してチェックしながら準備すると忘れ物がなくなりますよ。
しっかりと準備をしてお花見に備えてくださいね。

スポンサーリンク