小学生の修学旅行のお小遣いはいくら?費用や予算、内訳について

小学生 修学旅行 お小遣い

小学校6年生になると小学校生活の一大イベントの修学旅行があります。
子供たちも楽しみにしているのではないでしょうか!

小学校の修学旅行でお母さんたちの
お悩みの種になるのが修学旅行のお小遣い。

  • いったいどのくらい必要なのか?
  • お小遣いは何に使うのか?
  • 多く持たせた方がいいのか?

などお小遣いに関する悩みは次々出てきます。
今回は小学校の修学旅行のお小遣いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

修学旅行のお小遣いは小学生だといくら用意するの?

修学旅行のお小遣いは大体どのくらいかかるのかによって、
お母さんも持っていくお小遣いを決めやすくなるかもしれませんね。

小学生の修学旅行で持つお小遣いは大体の場合学校で上限が決められています。

例えば5000円までなどしおりや事前説明会で説明されるかと思います。

特にまだ小学生なので万が一お金関係のトラブル
(いわゆる友達同士の盗った盗らない盗られた問題など)が起きることも考えて、
上限以上のお金を持たせることはおすすめしません。

お子さんと話し合って上限以内でどのくらい持っていくか決めるのが大切です。
子供たちは子供同士のコミュニティーの中で「いくら持った?」の話をすることもあります。

その時に平気でうそをついたり、ズルをする癖がつくことは
大人になっていく中であんまり良くないことでもあります。

お母さんの中には「万が一事故でお金が必要になったら…」なんて人もいるかと思います。
(私の母はそういうタイプで無理矢理多く持たせられた記憶があります)

私の人生の中で先輩や後輩、別のクラス同じクラスで
事故に合ってお金がなくて困ったという人は見たことありません。

というよりも何かあったら学校の責任になるので、
小学校は特に子供たちが事故に合わないようにものすごく注意しているかと思います。

スポンサーリンク

小学生の修学旅行のお小遣いの内訳って何?

小学校の修学旅行は地方にもよりますが大体1泊か2泊の
お泊りで団体でバスで移動することが多いと思われます。

修学旅行の内容も学習的な内容が多くて、
見学体験が中心の場所でお金を払うことはめったにありません。

そうなるとお小遣いはお土産やお菓子飲み物を買うくらいしか使わないです。

その結果なのですが、多く持たせるとめちゃくちゃ余ります。

余らないとしたらこっそり懐に入れてるか無駄使いをしちゃってます(´Д`;)
いっぱい買っていればその分先生の目につきますので、結局のところバレやすいです。

なので上限内でお小遣いを決めて、一緒にお小遣いを使う時の決まり
(お金は友達の前で出したりしないなど)を決めておくと安心です。

小学生の修学旅行の費用は何がかかるの?

小学生の修学旅行の費用は準備費旅費がメインです。

旅費は昔一括払いだったなどとも聞きますが、
今はほとんどのところが月謝として支払いをしています。

大体旅費は3万円以内のところが多いと聞きますので、
月謝で毎月2000円弱などひかれていると思います。

準備費は

  • パジャマ
  • 下着
  • かばん
  • タオル
  • 洋服
  • ソープや歯ブラシ
  • 雨具

などが必要になります。

学校や地域で必要になるものが変わるので
ご近所さんやママ友に必要なものを相談しておくといいですね。

特にお兄さん、お姉さんがいる友達の
お母さんから情報を教えてもらえると参考になりますよ!

この準備の中で大切なものと言えばかばんです。
小学生の修学旅行に使えるかばんの一例を紹介していきます。

 

おすすめはお子さんの好きな柄やカラーで覚えやすいもの。
シンプルすぎたり無難なものだと友達と混ざってしまって
「どれが自分のものか分からない!」なんてならないようにすることがポイントです。

大体5000円~6000円前後で費用を準備しておけば
スポーツブランド系やキャラクター系を買うことができますよ。

また、下着を紹介しましたが特に女の子のお子さんは肌着が重要です。

小学校6年生の女の子は胸のふくらみが出てきたり月経が着たりと何かとデリケート。

まだ大丈夫だなんて思わずもしもの場合に備えて用意しておくと安心できます。

修学旅行へ行く小学生のお小遣いは場所によって違いはある?

修学旅行のお小遣いは場所によって違いはあります。
というよりも同じ向かい先でも隣の小学校というだけでお小遣い上限が違うことも!

地域差も激しいので情報を取り入れながら
お子さんのお小遣いをどれくらい持たせるか決める目安を見繕ってみてください。

最後に

いかがでしたか?

せっかく楽しい修学旅行をお金のトラブルで悲しい思い出にならないように、
しっかりとお子さんと話し合って決めてみてくださいね♪

スポンサーリンク