浴衣ディズニー着替え場所はパーク内や周辺にある?靴や下駄、便利な持ち物など紹介

せっかくの夏祭り。普段は着ない浴衣で、より一層楽しみたいですよね。

「夏祭りの場所がディズニーなら、なおさら楽しみが増えそう!」

「でも、ディズニー周辺に行って着替えられる場所はあるのかな?」

「普段とは違う服装だけど、何か特別に持っていったら便利なものはあるのかな?」

浴衣ディズニーを楽しむためのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

浴衣でディズニーに行く場合、着付けや着替える場所はパーク内や周辺にある?

浴衣ディズニーの計画もしたし、あとは当日を楽しみするだけ!ちょっと待ってください。

どこで浴衣に着替えたらいいのでしょうか?

浴衣を着る場合、自分で着る事ができる場合とできない場合で着替えられる場所が変わってきます。それぞれの場合で分けてみてみましょう。

浴衣を自分で着られる場合

まずは、浴衣を自分で着られる場合です。

自分一人で浴衣を着る場合、ある程度の広いスペースが必要です。そして、着付けに必要な紐や帯、小物を置けるスペースと…。

私自身、ひとりで浴衣を着る事はできますが、全身が映る鏡がないと上手く着る事ができません。

慣れている方であれば、鏡が絶対必要という訳ではないと思いますが、着替えるためだけの広いスペースはないと考えてもいいでしょう。

負担ではないのであれば、自宅から浴衣を着用してくるのが一番です。

浴衣を自分では着られない場合

自分で浴衣を着ることができない場合。

一緒に行く人の中に着付けができる人がいれば、その人に着付けをしてもらうのが一番早いかもしれません。しかしながら、ディズニー周辺で2人で着替えができるほどの大きなスペースを確保するのは難しいです。

トイレの個室は、1人で着替えるのが精いっぱいの広さです。

さらには、マナーという点からしても、トイレの個室を着替えで長時間占有すること、優先トイレを使うなんて以ての外です。

自分で着付けができない場合、浴衣の着付けをしてもらえる美容室等の予約をするのが一番かもしれませんね。

着替えができるスペースが設置されている期間もあるはず?

ディズニーのパーク入り口近辺にハロウィーン期間中に開放されている着替えスペースがあったはず。と、思われる方もいるかもしれません。

あくまでも設置されるのはハロウィーンで仮装ができる期間のみです。

浴衣を着る季節(七夕~夏祭りにかけての2か月程度)については、着替えスペースは設置されませんので注意が必要です。

浴衣でディズニー現地着替えあり?なし?

ご自身で持っている浴衣でディズニーを楽しみたい場合、着替える場所の確保や着替えの持ち運びなどを考えると、浴衣への現地着替えは「なし」と言ってもいいのかもしれません。

パーク周辺で着替える予定で持ってきた荷物を預けられるコインロッカーが必ず確保できるとも限りません。

車で行くのであれば、荷物は車に保管できますが、着替える場所の確保ができるとは限りません。着崩れる心配はあるかもしれませんが、家から着ていくのがマストではないでしょうか。

現地着替えとは言えないかもしれませんが、パーク近辺の美容室などで着付けをお願いするのであれば、現地着替えは「あり」と言えるでしょう。

この場合も、浴衣を美容室まで持っていかないといけない手間や、美容室まで着ていく服の保管場所の確保は考えないといけません。

美容室によっては、浴衣をレンタルできる場合もあります。しかし、好みの色や柄の浴衣を選べなかったり、着付けの時間に制約があったりと、少し負担が増えるかもしれません。

スポンサーリンク

浴衣ディズニーで下駄だと疲れる!サンダルや靴はNG?

せっかく浴衣を着るなら、足元も下駄で揃えたいですよね。でも、普段履かない下駄で、長時間歩くディズニーが楽しめるか心配になりませんか?

私も夏に浴衣を着る機会は何回かありましたが、下駄を履いていると、親指と人差し指の間が痛くなってしまう事もしばしば…。

そうなってしまうと、歩くのもつらくなってしまうかもしれません。

せっかくの浴衣ディズニーを楽しむためにも、下駄にこだわらず、あえてサンダルやスニーカーでもいいかもしれません!

自分らしさを出せるのも、浴衣ディズニーならではの楽しみ方ですよ!

まとめ

浴衣を着られる期間は、夏の限られた期間に限られます。
限られた期間しか着られないなら、精いっぱい楽しめる場所に出かけたくなりますよね。

せっかくの浴衣ディズニーです。着替える場所や浴衣の準備、足元のコーディネートなど、今から計画して精いっぱい夢の国を楽しんでください!

スポンサーリンク