運動会のお弁当は紙コップを使ったおしゃれな盛り付け方とレシピ紹介

運動会の時期になると、お子様のために
お弁当作りに気合の入るお母さんも多いのではないでしょうか。

かわいいお弁当を作ろうとうきうきしているお母さんもいれば、
凝ったお弁当が苦手で運動会の時期は憂鬱なお母さんもいるのでは?

運動会でがんばっているお子様が楽しみにしているのがお弁当。

運動会の日はなんといっても他のお母さんたちの
目に触れることもあるので、お母さんの腕の見せ所ですよね。

しかし、いつもより大きいお弁当でおしゃれにするのは
少したいへんではありませんか?

今回は、紙コップを使って誰でも簡単におしゃれなお弁当を作ることができる
盛り付け方のコツや、レシピをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

運動会のお弁当のおかずを紙コップを使って綺麗に盛り付けるコツは?

運動会 お弁当 紙コップ

「お弁当に紙コップで盛り付けってどういうこと?」
と思ったお母さんもいるのではないでしょうか。

お弁当に紙コップで盛り付ける方法は、
作ったおかずを紙コップに入れてお弁当に詰めるだけ!

本当にたったこれだけで、お弁当が一気におしゃれに見えるんです。
いつものおかずを作るだけで盛り付けの時間もほとんどかからないので、
お弁当作りが苦手なお母さんや忙しいお母さんにはぴったり。

紙コップの間にできたスキマにはミニトマトや
パセリなどを詰め込んで、スキマをなくすとさらに豪華に見えます。

また、使用する紙コップはひとつの種類だけではなく、いろんな種類の
紙コップや違う色の紙コップを使うとカラフルでかわいく仕上がります。

マスキングテープやシールで紙コップを飾り付けてもかわいいですよ。
こんな感じになるので、見た目の参考にしてみてください

⇒ 運動会♡紙コップお弁当【簡単でかわいい】

運動会のお弁当には紙コップおかずを♪おすすめレシピ紹介

運動会 お弁当 紙コップ

紙コップのお弁当は、基本的には何をいれても大丈夫です。
いつもの卵焼き、ウインナー、ミートボール、ポテトサラダなど、
何を入れてもおしゃれでかわいく見えるんです。

前日などのおかずの残りをいれてもいいので、本当に手間がかかりません。

いつもと違うお弁当にしたい場合は、
夏ならではのそうめんなどはいかがでしょうか。

作り方はいつも通りにゆでたそうめんを
紙コップに入れてお弁当として持って行くだけ。

水筒やペットボトルにめんつゆを入れて
一緒に持っていけば外でも気軽にそうめんが食べられます。

ペットボトルにめんつゆを入れる際は、冷凍しておくと
お昼にはとけて冷たいめんつゆでそうめんを食べることができますよ。

ガッツリとしたお弁当もいいですが、暑い中で動き回る
運動会の日はさっぱりとしたそうめんも喜ばれるでしょう。

大人数で食べる場合は、カレーライスや丼などもおすすめです。

カップに入れるので汁物もこぼれにくく、いつもは
お弁当にしにくいメニューも簡単に詰め込むことができます。

透明のカップを使えばチラシ寿司やデザートは層が見えるので、
華やかでもっと美味しそうに見えます。

スポンサーリンク

お弁当にぴったりと収まる紙コップの高さや大きさは?

お弁当 紙コップ 高さ

一般的な紙コップの高さは、だいたい8センチくらい。

この高さでは、ほとんどのお弁当箱はいれると上がはみ出してしまうんです。

小さな紙コップ、もしくは8センチの高さのあるお弁当箱でしか
紙コップでの盛り付けは不可能なのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。

紙コップがお弁当箱より高いのなら、
お弁当箱と同じ高さにしてしまえばいいのです。

紙コップにお弁当の高さのところでしるしをつけ、
はさみなどを使って切ります。

使う分だけ切れば、お弁当箱にぴったりな
盛り付け用の紙コップのできあがりです。

切り口ががたがたになってしまった場合などは、先ほどご紹介した
マスキングテープでカバーすると切り口も隠せて、見た目もかわいくなるのでおすすめです。

小さい紙コップだと高さ5センチくらいのものもあるので、
切るのが嫌な人はそちらの紙コップを使ってもいいと思います。

まとめ

紙コップを使った盛り付けは、大人数で食べるときは簡単に取り分けられて、
お弁当箱に直接おかずをいれないので汚れることもなく、
後片付けも楽でいいこと尽くめです。

美味しいお弁当は、お子様の午後のやる気をさらに引き出してくれます。
運動会はおしゃれで豪華なお弁当で、みんなをあっと驚かせましょう。

スポンサーリンク