子供が二重まぶたになるのはいつから?目の特徴や兆候は?

子供のいる親なら、ほとんどの方が
「子供にはこんな顔になってほしい」と思う顔があると思います。

その中でも、パッチリとした二重まぶたになってほしいと
思う方も少なくはないのではないでしょうか。

大きな目の赤ちゃんは可愛らしいですよね。

成長の途中で二重まぶたになる子供もいますが、
だいたいいつから二重まぶたになるのでしょうか。

その時期や二重まぶたになる兆兆候や特徴、また、
二重まぶたになる原因は遺伝だけなのかなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供が一重か二重かわかるようになるのはいつ頃から?

生後間もない赤ちゃんは、一重まぶたの子が多いといわれています。

二重まぶたの子供でも、赤ちゃんのころは一重まぶただったというのも少なくありません。

多くの赤ちゃんは、1歳になるまでに二重まぶたか一重まぶたかわかるようになります。
1歳を超えても一重まぶたの赤ちゃんは、これからも一重まぶたのままの可能性が高いです。

もっと遅い時期に二重まぶたに変わる子供もいますので断言はできませんが
子供が一重まぶたか二重まぶたか分かるのは、だいだいは1歳頃までです。

子供が二重まぶたになる原因は親の遺伝が関係している?

赤ちゃんが二重まぶたになるかどうかは、親からの遺伝が関係しているといわれています。

両親が二重まぶたの子供は二重まぶたになることが多く、
逆に両親が一重まぶたの子供は一重まぶたになる可能性が高いです。

しかし、どちらも可能性が高いというだけで、両親が二重まぶたでも
一重まぶたの子供や、両親が一重まぶたでも二重まぶたの子供もいます。

子供が二重まぶたになるのは両親のからの遺伝が
大きく関係していますが、必ずというわけではないんです。

しかし、「優勢の法則」というものから、一重まぶたよりも
二重まぶたのほうが子供に遺伝しやすいということがわかっています。

両親が二重の場合は、子供も二重になる可能性が非常に高くなります。

赤ちゃんが二重になる目の特徴って?

赤ちゃんが一重まぶたから二重まぶたに変わる前兆として、
うっすらとまぶたに線が出てくることがあります。

だんだんと線が濃くなってきて、最終的には二重まぶたになるようです。

生まれたばかりのころは一重まぶたの赤ちゃんが多く、
この線もなかなか見られることはありませんが、
成長していくにつれてだんだんと二重まぶたの線が見られるようになります。

スポンサーリンク

赤ちゃんや子供が二重になりやすい時期は3回ある?

赤ちゃんが一重まぶたから二重まぶたに変化しやすいといわれている時期は3つあります。

1回目の変化の時期は、先ほどご紹介した1歳までの期間です。
この時期の赤ちゃんは自分で動くこと下できるようになってきて、活発に運動をします。
顔や身体をよく動かすことで、まぶたにも変化が起きやすくなるようです。

2回目の変化の時期は、3歳から5歳くらいまでの幼少期です。
この時期の赤ちゃんは、さらによく身体を動かせるようになり、身体にも変化が起きやすくなります。
自分の足で走り回ることもできるようになるので、この時期も二重まぶたになりやすいんですね。

3回目の変化の時期は、思春期の時期です。
思春期にはホルモンの関係で体内での変化が多く、身体も成長しやすい時期です。
この成長に伴って、まぶたも二重まぶたに変化することがあります。

目の二重は子供から大人へ成長する途中でなるというのはほんと?

先ほどもご紹介しましたが、子供から大人に
成長する時期の思春期に二重まぶたに変化することがあります。

多くの赤ちゃんは幼少期までに二重まぶたになることが多いですが、
思春期の成長でまぶたに変化が起きる子供もいます。

体系、体格などのさまざまな変化や、自分の体が気になり始め、
ダイエットや化粧を始めたり、女性、男性で違いが
はっきりしてくるこの時期だからこその変化です。

まとめ

赤ちゃんが二重まぶたになり始めるのは、早くて生後3ヶ月頃です。
1歳ごろには二重まぶたになる赤ちゃんのほとんどに変化が起きています。

両親が二重まぶたの場合は子供も
二重まぶたになる可能性が高く、遺伝が大きく関係しています。

赤ちゃんが活発に動くようになったり、
成長する時期には二重まぶたになりやすい傾向があります。

逆に、生まれたころはパッチリとした二重まぶただったのに
成長するにつれて一重まぶたになる子供もいるようです。

大人になってから二重まぶたになる人もいるので
変化するタイミングは人それぞれですが、子供が一重まぶたか二重まぶたかは
じっくり観察することで分かるかもしれませんよ。

スポンサーリンク