平昌五輪女子フィギュアはザキトワ1位!宮原4位坂本6位!

平昌オリンピック 女子フィギュアスケート

女子フィギュアスケートの結果を紹介しています。
日本からは宮原知子選手、坂本香織選手が登場します。

二人共初のオリンピック出場となりますが
その結果は果たして!?

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

フィギュアスケート女子フリー宮原・坂本の結果順位は?

宮原選手の結果は

技術点75.20点
演技構成点71.24点
でフリー単独で146.44点
ショート合わせての合計点222.38点

で暫定1位を記録、結果は4位となりました。
フリー、合計ともに自己ベストを更新しました。

坂本選手の結果は

技術点68.42点
演技構成点68.11点
でフリー単体で136.53点

ショート合わせての合計は209.71点で暫定で3位を取りました。
総合順位6位となりました。

宮原選手はもう完璧でしたね!
今までで一番いい演技ですごくよかったです。

ジャンプも全てそろえてきて、「ミス・パーフェクト」の名が復活したと思います。

坂本選手も1つジャンプの着地が乱れた部分はあったとはいえ
伸びのある演技をしてくれたと思います。

そして1位はロシアのザギトワ選手です。
同じロシアのメドベージェワ選手との1位争いが気になるところでしたが
ザギトワ選手が1位金メダル、2位にメドベージェワ選手銀メダルとなりました。

どちらも美しくて両方あげたいぐらいでしたね。

以下順位はこちら↓

1位 アリーナ・ザギトワ 個人資格(ロシア) 239.57
2位 エフゲーニャ・メドベージェワ 個人資格(ロシア) 238.26
3位 ケイトリン・オズモンド カナダ 231.02
4位 宮原知子 日本 222.38
5位 カロリーナ・コストナー イタリア 212.44
6位 坂本花織 日本 209.71

スポンサーリンク

フィギュアスケート女子ショートプログラム結果!宮原・坂本選手の順位は?

坂本香織選手の結果は

演技構成点 32.82
技術点 40.36
合計点 73.18
暫定1位から5位となりました。

となっています。

自己ベスト更新してきました!
団体戦の時よりかなり調子がよく
本来の力が発揮されたような気がします。

宮原知子選手の結果は

演技構成点35.69点
技術点40.25点
合計点75.94点

で暫定で2位から4位になりました。

宮原選手は、心配されていたジャンプの
回転不足ですが今日はそれがなくミスもしなかったです。
彼女も自己ベストを更新するいい演技をしてくれました。

その後、ロシアのアリーナ・ザキトワ選手や
エフゲーニャ・メドベージェワ選手などに抜かれ
宮原・坂本共に4位・5位という結果に。

やはり今年はロシア勢の勢いがすごいですね。
レベルが違いすぎます。

実際、見ててもザキトワ選手やメドベージェワ選手は
目を惹くものがありました。

日本の女子フィギュアのメダル獲得は無理でしょう。
フリーでどこまで伸ばしてくるか、入賞ぐらいはして欲しいなと思います。

以下上位6位のまでの順位はこちら↓

1位 アリーナ・ザギトワ (ロシア) 82.92
2位 エフゲーニャ・メドベージェワ (ロシア) 81.61
3位 ケイトリン・オズモンド カナダ 78.87
4位 宮原知子 日本 75.94
5位 坂本花織 日本 73.18
6位 カロリーナ・コストナー イタリア 73.15

フィギュアスケート女子SPの滑走順と時間帯は?

2月21日に女子フィギュアのショートプログラムが行われます。
滑走順と登場時間帯は

坂本香織選手は第4グループ19番で12:37~
宮原知子選手は第5グループ25番で13:40~

の滑走予定です。

全選手の滑走順番は下記リンクから確認できます。

女子フィギュアスケートSP

宮原選手はロシアのメドベージェワ選手の後です。
メドベージェワ選手は非常に注目も高い選手ですし、
実際かなり実力もあり金メダル候補です。

きっとかなり盛り上がると思います。
その後なのでプレッシャーがかかりそうだなと思います。

坂本選手は第4グループの1番目に滑ります。
グループの1番目は6分間練習をしてすぐに入れるので
身体が十分に温まった状態で滑ることができます。

その点は少し有利かなと思います。
また、坂本選手の後にアメリカの長洲未来選手というように
団体戦では逆の順番になっているのも良いですね。

前の選手のプレッシャーを受けずに滑ることができます。

宮原選手も坂本選手も頑張って欲しいですね。

フィギュアスケート女子団体戦フリー結果!坂本選手の順位は?

12日に女子フィギュアスケート団体戦フリーが行われました。
坂本香織選手が出場。

坂本選手は131.91点5位となりました。

冒頭の3回転フリップ+3回転トウループが
コンビネーションにできなかったのが痛かったですね。

後半はなんとか持ち直しはした感じでしたが、
全体的に固くていつもの伸びがなかったなぁ~という印象でした。

2番目の滑走だったんですが、坂本選手の前に
アメリカの長洲未来選手の演技が非常に良く会場の雰囲気を飲み込んでいました。

その直後にやるというのは、やはり緊張したかなと思います。
本人も失敗したらすぐに顔に出てしまうのか、終わった直後に
「ごめん」ってやっていたのがちょっとなぁ~と^^;

まだ、リンク上にいるのに謝るのはやめたほうがいいと思います。

以下順位はこちら↓

1位 アリーナ・ザギトワ 個人資格(ロシア) 158.08
2位 長洲未来 米国 137.53
3位 ガブリエル・デールマン カナダ 137.14
4位 カロリーナ・コストナー イタリア 134.00
5位 坂本花織 日本 131.91

女子フィギュアスケートシングルは
2月21日から始まります。

頑張って納得のいく演技ができるといいですね。

スポンサーリンク

フィギュアスケート 団体女子SPの結果!宮原選手の順位は?

11日に女子フィギュアスケートの団体戦SPが行われました。
日本からは宮原知子選手が出場。

曲は「SAYURI」より。

宮原選手は68・95点でした。

ぱっと見た感じは、綺麗でどれも丁寧に決まっていたと思うのですが
冒頭の2つのジャンプが回転不足となってしまいました。

う~ん、これは前から言われていた宮原選手の癖ですよね^^;
回転不足が足をひっぱり得点が伸びずに4位となってしまいました。

あと、やはり小柄な体格が見劣りしてしまう部分もありますね。

1位はロシアのエフゲーニャ・メドベージェワの結果の81.06点です。

日本団体としては4位で決勝進出が決定しました。

1位 エフゲーニャ・メドベージェワ 個人資格(ロシア) 81.06
2位 カロリーナ・コストナー イタリア 75.10
3位 ケイトリン・オズモンド カナダ 71.38
4位 宮原知子 日本 68.95
5位 ブラディー・テネル 米国 68.94
6位 チェ・ダビン 韓国 65.73
7位 李香凝 中国 58.62
8位 ニコル・ショット ドイツ 55.32
9位 マエ=ベレニス・メイテ フランス 46.62
10位 エイミー・ブキャナン イスラエル 46.30

女子フィギュア坂本香織選手の体調不良の危機??ノロ?インフルか?

先日、フィギュアスケートの団体戦が行われ
宇野昌磨選手が唯一100点越えで1位を飾ったことが新しい日本フィギュアですが
ここにきて少し心配な情報が入ってきました・・・。

それは女子フィギュア代表の坂本香織選手の体調です。

というのも、先日の団体戦では応援するはずの日本チームの
場所に現れず宮原のみが応援に駆けつけていました。

また、9日・10日と練習を休んでいるとのことです。

このことにコーチは「少し疲れが出て休んでいる」と言っていますが
「明日は滑る?」との問いに「ちょっとわからない」という非常に微妙な返答をしているんです。

坂本選手は「日本のインフルの猛威から避けるため」とことで
他の選手よりも早めに現地入りをしていました。

現地の練習時でも「すごく寒くて頭が凍りそう!」と言っていましたが
寒さから体調を崩してしまったのでしょうか?

また、現地ではノロウィルスが猛威を振るっていて
現地の取材陣や選手の中にもかかってしまった人が出たという情報がありました。

選手村の食事や衛生面も決して良いとは言えない状況ですし
もしノロウィルスだったらやばいですね(;・∀・)

元気印満載な坂本選手ですし、今すごく上がり調子だったので
なんとかこの勢いを切らさずに頑張って欲しいのですが・・・。

平昌五輪フィギュアスケート団体戦女子に坂本選手欠場!?宮原選手に負担が?

団体戦女子SPは11日、12日にフリーの予定です。

今のところSPは宮原選手でフリーは坂本選手というのが濃厚ではありますが
もし万が一、坂本選手が欠場となれば宮原選手がSPとフリーの両方を滑るという
こともありえるかもしれません。

しかし、宮原選手も怪我が治ったばかりでの初のオリンピックですし
ここで坂本選手の分も出るとなるとかなり負担は大きいと思います。

疲れがそのまま個人戦に残ってしまって
思うような滑りができなかったらかわいそうですし。

かといって、坂本選手も体調が万全でないのであれば
無理はしてほしくはないですし非常に悩みどころですね。

11日の団体戦でいつものような弾ける笑顔を振りまいてくれたら
一安心するのですが!

体調には十分に気をつけて欲しいですね。

平昌女子フィギュア坂本選手の体調不良は情報戦だった?

体調不良などが心配されていた坂本香織選手でしたが
実際はソウルで密かに練習を積んでいたという情報が!!

⇒ 日本フィギュアの情報戦、坂本花織“雲隠れ”のワケ

体調面の心配はないようで安心しました。
今日はフィギュアスケート女子団体戦ですが、日本の応援席に
坂本選手の姿がありにこやかな元気スマイルを見せていたので大丈夫そうです^^

女子フィギュアスケートの平昌オリンピック出場選手は誰?

平昌には

  • 宮原知子選手
  • 坂本香織選手

この二人に決まりました。

女子フィギュアスケートの出場が期待されている選手は
宮原選手、樋口選手、三原選手3人の声が高かったですが
平昌オリンピックの女子フィギュアスケートの枠は2つなんです!

宮原の内定はほぼわかっていましたが
坂本選手の内定はかなり驚きましたね。

ただ、かなり勢いと伸びしろのある選手ですし
メンタルの面でも強いので期待をかけて選ばれたのでしょう。

先日の四大陸選手権でも坂本選手はトップに輝きました。

もしかしたら、逆転の勝利の可能性もあります!

まだまだ何が起きるか分からない女子フィギュアスケートに大注目です!

女子フィギュアスケートの成績を振り返ってみよう

女子フィギュアスケートが注目されたのは
荒川静香選手のイナバウアーはキッカケではないでしょうか?

イナバウアーでメダルを取り流行語にもなった荒川静香選手
安藤美姫選手、トリプルアクセルの浅田真央選手が活躍して
注目の光を集めた女子フィギュアスケートですが、
歴史を大きく振り返ると海外選手の活躍で日本人選手の活躍は意外と最近のことでした。

日本人初のメダルは1979年の渡部絵美選手、
初の金メダルは1989年の伊藤みどり選手でした。

長いフィギュアスケートの歴史ですが、
2002年の村主選手の活躍と荒川選手の活躍で大きく
日本も表彰台に上がるようになったように感じます。

これからの女子フィギュアスケートの成績も楽しみですね!

女子フィギュアスケートのジャンプ構成を振り返ってみよう

女子フィギュアスケートの構成で人気が高いものと言えば
イナバウアーやトリプルアクセルを考える人は多いのではないでしょうか?

トリプルアクセルはジャンプの一種で3回転ジャンプの1つです。
回転数の多いジャンプはキレイな着地を含め高得点を期待できます。

また、イナバウアーのそりのような女性らしい柔らかでしなやかな動きもキーだとか…。
曲の緩やかさと一緒に選手の動きにも注目です!

平昌オリンピック女子フィギュアスケートの順位予想

平昌オリンピックの順位予想はメディアなどでも出始めていますが、
まだまだ何が起こるか分かりません。

期待選手も再逆転も予想される中辛辣な予想も…。

また、引退した浅田選手がいないことに寂しさを感じるファンもいるようです。

様々な楽しみ方のあるオリンピックですから
予想も応援もこれから楽しみながらやってみてはどうでしょうか!

また、本田選手の伸びしろにこれから期待したいという声も。

若い選手がまだまだ多いのでメダルや順位を予想しながら若手選手を応援してみては?

平昌オリンピックのメダル獲得の予想はこんな感じ↓

なかなか厳しい予想ですが秘めたるパワーを出すことも?
大好きな選手が順位が高くなるようにドンドン応援しちゃいましょう!

平昌オリンピックで女子フィギュアはメダルが取れるか?

平昌オリンピック メダル予想

代表選手はまだ決まっておらず、アメリカのデータでも
少し厳しいと予想されている女子フィギュアスケート。

しかし手に届くかどうかはまだまだ分からないところ。

審査員によっては回転やジャンプなどの構成よりも
曲の理解で構成をきれいにまとめているかを重視する人もいるとのこと。

また若手選手が多いので伸びしろがあるため、
メダルがとることを目指すだけでも選手のいい経験になることは間違いありません。

まとめ

いかがでしたか?

まだまだフィギュアスケートの試合があり予想は大きく
嬉しいずれを起こすこともあるかもしれません。

ぜひ選手をチェックして応援してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク