夜行バスでお風呂に入れない時はメイクや着替えお風呂はどうする?

安く、早朝からの時間を有効に使えるのが夜行バスの良さですよね。

しかし女子にとって見過ごせない問題がいくつもありますよね。

今回は夜行バスに乗る時に起こる、お風呂やメイク、
着替え問題について調べてみました。

スポンサーリンク

夜行バスに乗る時お風呂は乗る前?翌日現地についてから?

夜行バスに乗る時お風呂はどうしたらいいのか迷う時がありますよね。

調べてみると夜行バスに乗る前に入る方と
翌日現地に着いてから入る方がいました。

夜行バスに乗る前に入る派

乗車前にシャワーを浴びておきたいという人は
少なくないようで事前に自宅で
お風呂を済ましてくる方が多いようです。

ついでにメイクも落としてすっぴんで来るという方もいるようですよ。

バス会社によってはラウンジに
シャワールームが完備されているバスもあります。

バス会社に確認してみてくださいね。

夜行バスで翌日現地に着いてから派

夜行バスに乗車する前にお風呂に入る時間がなかったという場合は
バスを降りてからシャワーを浴びてスッキリしてから
その日のスケジュールを楽しむという方もいます。

現地組の方々は現地にあるネットカフェや銭湯などに行って
シャワーを浴びたりお風呂に入ったりするようです。

スポンサーリンク

夜行バスに乗る時のメイクは?落とすタイミングは?

慣れない夜行バスに乗るとなったときに
「メイクはどうしているの?」という疑問は
女性なら誰もが思うのではないでしょうか。

夜行バスに乗るときはすっぴん?

とあるアンケート調査によると
高速バスを利用する女性の約7割が車内ではすっぴんで過ごしているとのことです。

夜行バスの集合時間は22時や23時頃なので
バスに乗車する前に自宅でお風呂にも入って
メイクを落としておくという意見が多いです。

夜行バスの乗車場所まで電車に乗ってくるという方は
肌にあまり負担のないベースメイクと眉やリップの
ポイントメイクのみしているという方もいます。

休憩時間にさっとオフできるので便利なようです。

夜行バスでメイクを落とすタイミングと場所は?

とあるアンケートによると落とすタイミングと場所で
一番多かったのは「お出かけ前」でした。

家からバス乗り場へ向かう場合は
お風呂も事前に済ませる方も。

ただ、お仕事の後にバスに乗る方や
出かけ先からバスに乗る人は近くの
パウダールームを利用しているようです。

ベースメイクとポイントメイクのみなら
車内でメイクオフするという方も。

車内や休憩中のサービスエリアのトイレで
メイクをオフするという方が多いようです。

夜行バスに乗るときの着替えや服装は?

夜行バスに乗る時「どんな服装で過ごすか悩む」という方も多いでしょう。

リラックスして過ごしたいけど他の乗客の目もあるので
ラフすぎる服装も避けたいですよね。

ここでは夜行バスに乗る時の服装のポイントを紹介します。

①締め付けない服を選ぶ

基本は、締め付けない服を選ぶことです。

長時間座っていると、下肢が鬱血し、エコノミー症候群になりやすくなっています。

タイトなデニムやパンツは避けた方がベター。

また下着もタイトなものは避けましょう。

女性の場合はノンワイヤーブラなどもオススメです。

少しでも体に負担がかからないような
ゆったりした服を選ぶようにしましょう。

ゆったりしたマキシ丈のワンピースやロングスカートも◎

「現地に到着してから着替える時間がある」
「車内はラフな格好で構わない」という人は
ルームウェアで乗車したり、最初のサービスエリアで着替えてしまうのも手です。

いずれにしても、快適に眠れるよう
肌触りがよく着心地の良い服を選ぶことをオススメします。

②体温調節しやすい服

車内の空調や気温は
自分の思うようにコントロールすることができません。

できることと言えば頭上の風量を調整する程度です。

車内は暑い場合もあれば、寒い場合もありますが
服装である程度の体温調節ができます。

ポイントは簡単に着脱できる「羽織れるタイプの上着」を着ていくこと。

体温調節がしやすくて便利です。

③皺にならない素材

皺が目立たない素材というのもポイントです。

そのまま観光する場合は
服がシワ皺だと恥ずかしいですよね。

夜行バスに乗った後
着替えずに行動する場合は
服の素材にも気を付けましょう。

④女性は冷え性とむくみ対策を

「足先が冷えやすい」という人は靴下を持参しましょう。

夏場でも車内は寒いことがありますので持っていると安心ですね。

スカートで乗車する場合は
レギンスを履いておくとお腹周りの冷えにも効果的。

むくみが気になる人は
着圧タイプの靴下がおすすめです。

着圧タイプの靴下は
エコノミー症候群対策にもなるので一石二鳥!

夜行バスは快適に睡眠できるよう
服装も考えておくことが大切です。

旅先で疲れを引きずらないためにも
ちゃんと準備をして乗車しましょう!

メイクは夜行バスの休憩などを利用してすることもできますが
着替えをするタイミングがなかなかないかもしれません。

着替えだけならバスを降りてから
駅のトイレの個室で着替えるという意見もあります。

まとめ

夜行バスを利用することで、格安で目的地に行けたり
時間を有効に使えたりとメリットもたくさんあります。

メイクや着替え、お風呂などの疑問を解決して
ぜひ夜行バスを利用した旅を楽しんでください。

スポンサーリンク