バーベキューに赤ちゃんを連れていくのはいつからがいい?暑さ対策と気をつける点

天気が晴れた日は、家族やパパ友・ママ友、仕事仲間とバーベキューをするのも楽しいですよね。

外でみんなで食べれば、高級なお肉じゃなくっても、いつものお肉もおいしさ100倍で食べられるから不思議ですよね!

大人も子どももとっても楽しいバーベキュー。赤ちゃんを一緒に参加させる時の暑さ対策のポイントを紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

バーベキューに赤ちゃんと一緒に行くのはOK?いつからが一番いいの?

バーベキューと赤ちゃん、いったい赤ちゃんがどれくらいの月齢になったら一緒にバーベキューにいけるのでしょうか??人によって意見がまちまちで、赤ちゃん連れのバーベキューには賛否両論があるようです。

もちろん赤ちゃんをバーベキューに一緒に行って楽しかったという、パパ&ママもたくさんいます☆

我が家には5歳の娘と2歳のやんちゃ息子がいますが、感覚的に、『自分であちこち歩けるようになって目が離せないお年頃の幼児を連れて行くのと比べると、まだ自分では歩くことのできない赤ちゃんを連れて行く方が楽ちんそうだなぁ』とは思います。

でも、赤ちゃんそっちのけで、パパやママたち大人だけが楽しむなんて絶対にダメです!

しっかりと準備と対策をして赤ちゃんも安心して楽しめるバーベキューの1日を過ごしましょう。パパもママもバーベキューでリフレッシュして、明日へのお仕事・子育ての活力UPになるといいですね!

スポンサーリンク

バーベキューに赤ちゃんを連れて行くときの暑さ対策と気を付ける点は?

暑さ対策

カラダの小さな赤ちゃんは大人以上に、周りの温度や太陽光の影響を受けやすいものですよね。暑さ対策は万全で臨みたいもの!日差しを遮ることができるような、簡易タイプのテントやタープなどがあればばっちりです。

厚めのマットやバスタオルがあれば寝かせておくこともできたり、赤ちゃんも抱っこ紐やベビーカーの中ばかりよりも、少し自由に体を動かせるのでおすすめですよ。

オムツ替えや授乳の場所としても使えそうです!車で授乳しようと考えているママは授乳ケープや車用カーテンなどもお忘れなく。

ベビーカーや抱っこ紐用の保冷剤や冷えピタ、クーラーボックスに冷たいおしぼりタオルを用意しておけば大人にも使えて便利!保冷剤と一緒に使うと最高に涼しくて気持ちいいのがうちわです。

赤ちゃんのデリケートなお肌を守るために、赤ちゃんのお肌に使える虫よけや日焼け止めでしっかりと対策をすればばっちりです。着替えも多めに持っていけば安心ですよ。

気を付けたいポイント

赤ちゃんを連れてバーベキューに一緒に行くときに、考えておきたいポイントがいくつかあります。

まず一番大切なのが、一緒にバーベキューに参加する人たちに、赤ちゃんを連れて行くということに理解してもらうことです。

赤ちゃんを連れていけば、当然ママは赤ちゃんにつきっきりになってしまい、バーベキューの準備や後片付けのお手伝いはできないことも考えられるからです。パパも一緒ならパパがママの分まで頑張って動くことは大切ですよね。

ついついママが楽しくなって、おしゃべりに夢中になってしまったりしたとすれば、車で寝かせておいた赤ちゃんを放置してしまったという事も考えられなくもない状況です。ママが『赤ちゃん最優先で動く』という強い意志をもつことも大事です。

時には赤ちゃんが体調を急に崩したり、コンディションが悪くなって自分だけ早く帰ることになるかもしれません。

そんな時でも自分たちだけ帰れるように、周辺の共交通機関を調べておいたり、車で行く場合にも出発の時点で、配車を考えておくことが大切です☆その場にいる友人たちは、だんだん他人の赤ちゃんのことを考えずに行動することも十分に考えられます。

赤ちゃんを守れるのは親であるパパ・ママだけであることを忘れずに行動したいですね☆

まとめ

いかがでしたか?パパママのリフレッシュに家族や仲間とのレジャーはとっても楽しいものですよね。

一緒に行く人に赤ちゃん連れでバーベキューにでかけることを理解してもらっておく事は大切です。赤ちゃんの暑さ対策グッズも忘れず、楽しい一日が過ごせますように☆

スポンサーリンク