バーベキューに子供連れで行く時の持ち物と子供向けの食べ物と玩具はこれ!

バーベキューを子連れで予定している人もいるかと思います。
ですが、メニューや持ち物の準備は大丈夫ですか?

今回はバーベキューに子連れで行く時の
持ち物や子供が喜ぶメニューなどをご紹介します。

スポンサーリンク

バーベキュー子連れ必須の持ち物をチェック!

バーベキュー 子連れ 持ち物

まずは、子供と一緒にバーベキューへ行く時の
必需品をチェックしておきましょう。

着替え

元気な子供を連れてのお出かけ時には、着替えが必需品です。
特にバーベキューは、子供の服が汚れるイベントランキングで
かなり上位に食い込みますから、着替えは多めに用意しておきましょう。

外傷薬

非日常のイベントで超ハイテンションな
子供たちにはちょっとした怪我はつきものです。

  • 絆創膏
  • 消毒薬
  • ガーゼ
  • 脱脂綿
  • 包帯

この程度のものでいいので必ず持って行きましょう。

 

 

虫よけスプレー、日焼け止め

アウトドアでは、虫よけと日焼け止めはマストアイテムです。
虫よけは気休め程度かもしれませんが何もしていないのとは全然違います。

また、昔は「日焼けした子は健康だ」などと
特に根拠もなく言われていましたが紫外線は有害です。

子どもは肌がデリケートですから
日焼け止めクリームを必ず塗ってあげましょう。

 

 

子供の保険証やお薬手帳

子供の具合が悪くなった時や、大きな怪我や火傷をしてしまった時などの
万一のアクシデントに備え、病院受診のために用意しておきましょう。

事前に現地近くの病院のチェックも忘れずにしておき備えは万全に。

何も起こらないのが一番ですが、備えあれば憂いなしと言いますし
アクシデントは油断している時に限って起こるものですから注意しましょう。

スポンサーリンク

子連れバーベキューで子供が喜ぶ食べ物やメニューは?

バーベキュー 子供 食べ物

子連れでバーベキューをする場合、メニューをしっかりと考えないと意外と大変です。
なぜなら、何かと手がかかる子供を横目に、
当日の準備がたくさんだと目が回るほどの忙しさになってしまうからです。

なので、前日までに下準備を済ませ、当日は焼くだけなど
極力当日の作業が少ないメニューを選びましょう。

フランクフルト

子供には肉よりもソーセージの方が人気です。
いつもより大きめのソーセージにすると
バーベキューらしい特別感が出て、子供も喜びます。

焼きおにぎり

焼きおにぎりは、事前に家で作っておけば後は網で焼くだけの簡単メニューです。
凍らせておけば保冷剤代わりになりますし、常温のものなら
準備中にお腹が空いたと騒ぐ子供に食べさせたりと応用が利くので大変便利です。

形を平っべたくして、肉と野菜を挟んで
ライスバーガーにするのもおすすめですよ。

ホイル焼き

肉、魚、野菜をアルミホイルで包み、網で焼くホイル焼きは
バーベキューの定番中の定番ですが、子供にも人気です。

バター醤油の味付けも良いですが、子供向けには
チーズやマヨネーズにするのもいいでしょう。
そのまま焼いただけでは食べない野菜類をチーズや
マヨネーズで和えると食べたりすることが多いので野菜嫌いな子にもおすすめです。

とうもろこし

子供が大好きなとうもろこしは、皮つきのまま焼くのがオススメです。
蒸し焼きになって、下茹での手間もかからず楽です。

いつもの茹でとうもろこしとは違う豪快な丸焼きとうもろこしに
子供たちのテンションも上がること間違いなし。

焼き○○(マシュマロ、バナナ、リンゴ)

バーベキューでしかできない、炭焼きデザートは子供たちにも大人気のメニューです。
例えば、マシュマロは割り箸に刺して数十秒焼くだけの簡単スイーツです。

焼いたマシュマロをクラッカーに挟んで食べても美味しいですね。

バーベキュー子連れなら玩具を持って行ってお子さんが遊べるようにしよう!

バーベキュー 子供 おもちゃ

最初はバーベキューそのものを遊び同様に楽しんでいる子供たちですが
お腹がいっぱいになってくると飽きてきて他のことをしたくてウズウズしてきます。

子供たちは遊びを考える天才ですから、特に大人が
考えなくても放っておけば、何かしらで遊び始めるものです。

ですが、好奇心旺盛で元気いっぱいの子供たちに
アウトドアで自由に遊ばせるのは危険がいっぱいです。

どんな危ない事を始めるかわかったものではないので
危険がないものを大人が用意してあげて、大人の監督下で
遊ばせるのがアクシデント予防には大切なことです。

玉入れ

玉は新聞紙を丸めて作り、的はボールやザルを使います。
ゴムボールなどがあっても、あえて新聞紙ボールを使いましょう。

どこか遠くに飛んで行ってしまうことがなく安心です。
ボールやザルを大人が持って、子供たちにそこに目掛けて投げさせます。
人数にもよりますが、チーム分けして対決すると楽しいですよ。

自然アートワーク

紙皿や紙コップなどをキャンパスにしてのアートワークも楽しいです。
アウトドアならではの自然のものを材料に使って作品作りをしましょう。

のりや木工用ボンド、ハサミやカッターなどを事前に準備しておきます。
木の枝や、ドングリなどの木の実、葉っぱなど
何でも材料になるので意外な傑作ができるかも!?

ボール遊び、フリスビー、バドミントンなど

広い公園の中のバーベキュー場など、子供たちが安全に
走り回れる広い場所がある場合はやはり体を動かすのが一番です。

ボール遊び、フリスビー、バドミントンなどが定番ですね。

 

 

ただし、川や湖、海辺などでバーベキューをする場合はやめておきましょう。

予想外の危険に繋がってしまう可能性が高いからです。
飛んで行ったボールを拾いに行って事故に
あったりしたら大変ですので注意しましょう。

まとめ

バーベキューを家族や仲間みんなで楽しむ休日は、何にも変え難い特別な時間です。

子供の頃のそういった楽しい思い出は、大人になっても心にずっと残るものです。
子供たちにとって良い思い出になるようにしっかりと準備して
怪我や事故に気を付けて楽しいひと時を一緒にお過ごしください。

スポンサーリンク