今年の漢字2018は何?候補を予想!発表される場所と時期はいつ?

京都の清水寺で行われる今年の漢字一文字の発表は
もうすっかり年末の風物詩になりましたね。

2018年で24回目を迎えます。

今回は今年の漢字の発表日や時間、
応募方法や今年の漢字候補などをまとめてみました。

スポンサーリンク

今年の漢字2018年を大胆予想!

今年の漢字、2018年は何がくると予想しますか?

年の瀬が近づいてくるとこの1年を振り返る話題が多くなりますが
今年の漢字も気になることの一つですよね。

ここで勝手に今年の漢字を予想しちゃいましょう!

今年の漢字が1年の出来事を反映するということで
2018年の漢字を予想する前に今年の主な出来事をおさらいしてみましょう。

1月 成人の日に晴れ着業者が雲隠れ
2月 平昌オリンピックで日本選手大活躍
3月 森友学園問題、財務省が決裁文書を改ざん
4月 福田財務次官、セクハラ疑惑で更迭
5月 日大アメフト部の悪質タックル問題
   藤井聡太棋士が史上最年少で七段に
6月 大阪で大きな地震、震度6弱
7月 西日本豪雨で死者200人以上の被害
   オウム死刑囚の死刑執行
8月 ボクシング協会や体操女子など相次ぐ醜聞
9月 北海道胆振東部地震
   相次ぐ大型台風で各地被害多数
   安室奈美恵さん引退

などなどいまだに記憶に新しい事件などがありますね。

今年の漢字の最有力候補は「嘘」と「災」

「嘘」は

  • 晴れ着業者の雲隠れ
  • 財務省による決裁文書の改ざん
  • スポーツ界の醜聞

「災」は

  • 大阪の地震
  • 北海道の地震
  • 相次ぐ大型台風

から連想されたのだと思います。

これまでに「嘘」は選ばれていませんが
天災が多かったと言われる2004年に「災」は選ばれています。

「嘘」も「災」も平成最後の年を締めくくるには
ちょっと暗いイメージですね……。

過去に選ばれた「今年の漢字」を振り返ってみよう

 

今年の漢字は、日本漢字能力協会が応募して
その中で応募数が一番多かった漢字を今年の漢字に決定します。

ここでは過去に選ばれた今年の漢字を振り返ってみましょう。

2017年 北 北朝鮮のミサイル、九州北部豪雨
2016年 金 リオ五輪、政治と金問題、マイナス金利
2015年 安 安全保障関連法案の審議、芸人の「安心して下さい」が流行
2014年 税 消費税率引き上げ
2013年 輪 2020年オリンピック・パラリンピックの開催年が東京に決定
2012年 金 金環日食などの天文現象
2011年 絆 東日本大震災、なでしこジャパンの活躍
2010年 暑 夏の全国の平均気温が観測史上最高を記録
2009年 新 新政権の誕生、新型インフルエンザ、イチローの新記録
2008年 変 世界的な金融情勢の変動、世界的規模の気候異変
2007年 偽 食品偽装、政界、スポーツ選手による偽証
2006年 命 悠仁様のご誕生日
2005年 愛 紀宮様のご成婚
2004年 災 台風、地震、豪雨、猛暑などの天災
2003年 虎 阪神タイガースの18年ぶりのリーグ優勝
2002年 帰 北朝鮮による拉致被害者の方々が帰国
2001年 戦 米国同時多発テロ
2000年 金 シドニーオリンピックでの金メダル、新500円硬貨、二千円札の登場
1999年 末 世紀末、1000年代の終わり
1998年 毒 和歌山のカレー毒物混入事件
1997年 倒 山一證券の倒産
1996年 食 O-157食中毒、狂牛病の発生
1995年 震 阪神・淡路大震災、オウム真理教事件

やはりその年の出来事を反映する漢字になっていますね。

震災や気候の変化、世間を騒がせた事件から想起される漢字が並んでいます。

また、過去23年間で「金」という同じ漢字の一文字が
3回も選ばれているのも興味深いところです。

スポンサーリンク

今年の漢字は一般人が選んで応募ができる?応募方法や期間はいつまで?

今年の漢字はその年の世相を漢字一文字で表すものを
応募の中から決めます。

ここでは応募期間や応募方法などをまとめてみました。

期間

11月1日~12月5日

応募方法

  • はがき
  • 応募フォーム
  • 書店、図書館などに設置される「今年の漢字応募箱」
    (全国約900箇所以上)

その他の留意点としましては

1回の応募につき漢字は一字であること。

複数応募可能ではありますが、同一の漢字は1票のみ有効となっています。

詳細は公式サイトをご覧ください。

今年の漢字2018はの発表はいつ?発表される場所はどこ?

発表日時

日本漢字能力検定協会、通称漢検によると
2018年における今年の漢字の発表日は12月12日(火)となっていました。

時間についてはわかりませんでしたが
昨年の発表時間が14時でしたので今年も同時刻になると思われます。

発表場所

清水の舞台で有名な清水寺の本堂。

広い舞台の上で清水寺貫主である森清範氏
巨大な越前和紙の上に選ばれた一文字を特大の熊野筆で書きます。

そもそも「今年の漢字」とは一体どういうものなの?

今年の漢字とは日本漢字能力検定協会が発表している
その年の世相を表す字のことです。

1995年からスタートし発表は
毎年12月12日(漢字の日)に清水寺で行われます。

清水寺の奥の院舞台にて日本漢字能力検定協会の理事も務めていた
貫主の森清範により巨大な和紙に漢字一字が揮毫される。

その後12月いっぱいまで本堂で一般公開されたのち
本尊の千手観世音菩薩に奉納されます。

現代の日本の世相を反映する一つの指標として使われることが多いです。

まとめ

今回は今年の漢字2018を予想してみました。

もし「災」が選ばれると「金」以来同じ漢字が選ばれることになりますね。

これまで厳しい世相を表すものが選ばれてきましたが
やはり1年を締めくくるなら明るいほうが良いですよね。

皆が幸せな気分になるような漢字が選ばれますように。

スポンサーリンク