アイスクリーム頭痛の治し方と予防!痛くなった時の対処法

あなたはアイスクリームを食べて頭が痛くなったことがありませんか?
そんなあなたはせっかちさんかも?

冷たくて美味しいアイスクリーム。

夏場なんて特に、口いっぱいにアイスクリームを入れてしまって頭がキーンとした経験はあると思います。

できれば、キーンと痛い思いをせずに美味しく食べたいですよね。

実は、予防法・対処法があるのです!これであなたもアイスクリーム頭痛から解放されます!

スポンサーリンク

アイスクリームで頭痛になる原因と痛くならない食べ方のコツ

アイスクリームを食べることによって頭が痛くなることを「アイスクリーム頭痛」といいます。きちんとした医学的名称です。

「アイスクリーム頭痛」と名付けられていますがアイスクリームだけではなくカキ氷など、あらゆる冷たいものを食べた時に起こる症状です。

特に、片頭痛持ちの方はアイスクリーム頭痛が発症しやすくなります。

アイスクリーム頭痛の原因

アイスクリームなどの冷たいものを食べることで、口の中の温度が急激に下がってしまいます。そこで脳は体を守ろうと体温を上昇させようとするんですね。

そのときに頭につながっている血管に血液がたくさんめぐり一時的に血管炎症が起きるのです。また、冷たいものが喉を急に通った時に冷たさを「痛み」と勘違いして脳に伝えてしまいます。

この2つの現象によって、アイスクリーム頭痛は起こります。

体がびっくりした時に起こる反射運動と勘違いから、アイスクリーム頭痛は引き起こされるのですね。

キーンとならないコツは?

アイスクリームを食べて頭がキーンと痛くなってしまうあなたはせっかちさんかもしれません。

急いで食べていませんか?

アイスクリーム頭痛を防ぐための最善策は、冷たいものはゆっくり時間をかけて食べることです。

急な刺激はどうしても体を反応させてしまいます。それがアイスクリーム頭痛につながってしまいます。

体温をゆっくり下げていくために急がず食べることを心がけましょう。

アイスクリームなどの冷たいものはゆっくりと口の中で温めながら食べるのがベターです!口いっぱいにほうばるのではなく一口のサイズを小さくすることもポイントです。

また、食べる時は口の中の前方に冷たいものを含んだ方が良いです。前方で温めてから奥の喉に流すようにしましょう。そうすると冷たさが軽減されますね。

そういう食べ方をした方が、冷たさだけでなく甘さを楽しむこともできるのではないでしょうか。

ふわふわカキ氷は痛くならない?!

昔ながらのカキ氷ではなく最近ではふわふわのカキ氷が出てきました。ふわふわのカキ氷は口の中ですぐに溶けてしまいます。そのため、喉に到達する頃には冷たさがだいぶおさまっています。

ふわふわカキ氷を選んで食べるのもアイスクリーム頭痛の予防になりますね。

スポンサーリンク

アイスクリームを食べて頭が痛くなった!そんな時は○○を温めよう

それでもアイスクリーム頭痛が起きそうになったら、口の中を温めましょう!パッとすぐにできる方法としては舌を口の中の上部に押しあててください。

急激に冷やされた口の中の温度が正常に戻っていきます。また、冷たいものを食べるのと交互に温かい飲み物を飲むことも効果的です。

熱い!と思うほど高温のものでなくても大丈夫です。ぬるま湯でも大丈夫なので口の中を温めることを意識しながら飲んでくださいね。

他にも、ウソのようですが逆に冷やすことによって、アイスクリーム頭痛の痛みを軽減する方法もあります。

カキ氷などで、器が手元にある場合はその冷たい器をおでこに10秒ほど当ててみてください。そうすることでも痛みはおさまりますよ。

アイスクリーム頭痛は一時的なものなので数十秒から、どれだけ長くても数分で自然におさまっていくものですが痛みに耐えられない方や気になる方は試してみてください。

まとめ

アイスクリームやカキ氷など冷たいものを食べる時は「ゆっくり食べる」ことが大事です。

急に冷たいものをたくさん食べると頭痛だけでなくおなかも痛くなってしまうかもしれませんからね。特に暑い夏の日には、冷たいものがどうしても欲しくなるもの。

アイスクリーム頭痛が怖いからとアイスクリームやカキ氷を食べるのをやめるのは嫌ですよね。

でも、夏こそ外の暑い気温と冷たいものを食べた時の口内温度の差は大きくなってしまいます。繰り返しますが、「冷たいものはゆっくり時間をかけて食べるように」気を付けてくださいね。

スポンサーリンク