財布を紛失時に警察でお金を借りることができる!?その理由と上限金額

「出先で鞄の中を見たらお財布がない!」

「知り合いが近くにいる地域でもなく、これでは家に帰ることができない!」

「どうしたらいいの!?」

皆さん、こんな経験ありますか?

これ、私の実経験なんです。出かけた先でお財布を盗まれてしまい、家に帰る手段がなく途方に暮れた経験があるんです。

そんな時、警察の方からお金を借りられるというお話を伺ったことがあります。その時のお話を少しさせていただきます。

スポンサーリンク

警察でお金を借りることができる理由

警察でお金を借りられる制度があるのは事実です。東京都の警察では「公衆接遇弁償費」という制度を設定してくれているのです。

ただし、お金を借りるためにはいくつかの状況に当てはまった場合のみになっています。

公衆接遇弁償費の条件
  • 外出先で所持金を盗まれた人への交通費
  • 外出先で所持金を失くしてしまった人への交通費
  • 行方不明者や失踪者の保護をしたら交通費や食事代がない
  • 病人を保護したがお金がない
  • 交通事故などによって負傷した人を救護したがお金がない
  • その他、警察官が事情を聞き、必要であると判断した場合

このように、お金を借りるための条件は決められています。

警察は金融機関ではないので、どんな状況でもお金を貸してくれるわけではないのが分かると思います。

私がお財布を盗まれてしまった時も、家まで帰る方法を確認されました。お財布そのものがなかったので、交通費が全くないと判断してくれたのだと思います。

この時は、ちょっと時間はかかるものの、友人が迎えに来てくれるとのことだったので、警察でお金を借りる事はなく、帰宅しました。

スポンサーリンク

警察でお金を借りる時の上限の金額は何円まで?

何らかの事情でお金がなくなってしまい、家に帰る事ができなくなった場合などに警察でお金を借りられるとお伝えしました。

では、いくらまで借りられるのでしょうか?

警察で借りられるお金は、「1,000円」と上限が決められています。警察は金融機関ではないので、いくらでも借りられるわけではないんです。

1,000円もあれば、ある程度の場所までは帰れる…ということですが、1,000円で家まで帰れない場所にいる場合もありますよね。その際は、警察の判断で増額してくれることもあるそうですよ。

ただし、常識の範囲内となりますので何万円とかにはなりませんので気を付けてくださいね。

お金を貸してくれる警察はどこにあるの?

「お財布を失くして、警察でお金を借りるしかない!でも、どこに行けば貸してくれるんだろう?」

そうですよね。警察署に行かないと借りられない…というわけではありません。

土地勘のない場所だったら、警察署の場所が分からない場合もありますし、警察署までかなり遠い場合もあります。

ご安心ください。身近にある交番でもお金を借りる事は可能です。他にもいくつかの場所でお金を借りることができます。

お金を借りられる警察関連施設
  • 警察署
  • 交番
  • 駐在所
  • 警ら無線自動車(パトカー)
  • 地域安全センター
  • 運転免許試験場
  • 鉄道警察隊
  • 鉄道警察分駐所

パトカーや運転免許試験場など、意外な場所でも借してもらうことはできます。当然ですが、警察官や安全サポーターがいない場合は借りられませんので気を付けてください。

警察でお金を借りる時に必要なものは?

「お金を借りるんだし、身分証明書とか必要なの?」

お財布と共に身分証明書も失くしてしまっている場合もあるので、こちらの制度を使う場合は身分証明書等はが必ず必要というわけではありません。

お金を借りる場合、警察側で準備してある書類を記入する必要があります。こちらの書類は、「返済書(A)」となっており、借りたお金を返済する際に必要な書類になっています。

どこの警察や交番でも、こちらの書類があれば借りたお金の返済は可能です。

こちらの書類を失くしても他の書類で照会できるようになっていますので、必ず借りたものは返してくださいね。

まとめ

東京都の警察でお金を借りられる「公衆接遇弁償費」についてお伝えしました。

万が一の際は、本当に助けになる制度です。しかしながら、日本全国の警察に同じ制度があるわけではありません。もし、警察でお金を借りなければいけない状況になった場合は、確認してみてくださいね。

近年では、おサイフケータイ機能などで現金を持っていなくても家まで帰ることができる場合も増えています。

そのため、あまり使われることが多くはなさそうな制度ではありますが、覚えておいてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク