赤ちゃんの川遊びは何歳からOK?持ち物や暑さ対策など注意する点はこれ!

暑い夏がやってきたら、川でジャブジャブ水遊びがイチバンですよね!

赤ちゃんの水遊びというと、持ち物はもちろん、そもそも何歳から川遊びに連れて行ってもOKなのでしょうか?

今回は赤ちゃんが何歳になれば川遊びに行くことが出来るのかと、持ち物や暑さ対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんを川遊びは何歳から連れて行ってもいいの?

暑い夏には水浴びが涼しいですよね。お家のお庭やベランダでビニールプールを用意して水遊びをしている赤ちゃんも多いですよね!

お家のビニールプールなら、赤ちゃんの腰がしっかり据わってお座りがちゃんとできるようになる7か月ごろから大丈夫なのですが、川遊びはどうでしょうか?

川遊びは、ビニールプールと違って川の水流があったり、お家とは違って虫がいたり、アウトドアなので日差しなどなど、注意しなければならないポイントはたくさん!

そんな川遊びですが、一般的には、『赤ちゃんが歩けるようになってから』がイイと言われています。

赤ちゃんの成長には個人差がとても大きいのですが、歩き始めるのが早い子なら、9か月ごろになったら川遊びが楽しめるようになることもありますよ♪

まずは焦らず、安全に遊ぶためには赤ちゃんがしっかり歩けるようになるまで待ちましょう☆1歳~2歳で川遊びデビューする赤ちゃんも多そうですよね。

スポンサーリンク

赤ちゃんを川遊びに連れて行く時の持ち物はこれ!

 

水遊び用のパンツ

普通の紙オムツでは、水を吸収して重くなって動きにくくなったり、衛生的にもあまりよくありません。

水遊び用のパンツは水分を吸収しないように作られていて、普通の紙オムツよりもサイズがやや小さめになっていたりと、快適に水遊びができるように工夫されています。

薄手のTシャツやラッシュガード

上半身も服を着せて赤ちゃんを日差しや虫刺されなどの刺激から守ってあげましょう。

日焼け止め・虫よけ

赤ちゃんにも使える、お肌に優しく、川遊びなのでウォータープルーフタイプがおすすめです。こまめに塗り直しできると良いです。

バスタオル・着替え

川遊びの分、普段のおでかけよりも1組分多く持っていくといいですよ!

飲み物

川遊びで忘れがちなのが、水分補給。水に入って遊んでいても、はしゃいで汗をかいたりもするので水分補給は大切です。

ウォーターシューズ

川にはあぶない形の石があったりするので裸足は禁物!足の指先やかかとが覆われたものが安心です。

水遊びおもちゃ

ジョウロやバケツ、ペットボトルなど、水を汲んだりできるおもちゃは赤ちゃんたちが楽しめます。

赤ちゃんと川遊びをする時は日焼け対策と虫よけ対策をしっかりと!

川遊びとなると立派なアウトドア!しっかりとした持ち物の準備と対策が大切です。赤ちゃんのお肌はまだまだデリケートなものなので、日焼け対策と虫よけ対策ははずせません!!

赤ちゃんも使えるウォータープルーフタイプの日焼け止めを塗って、さらに直射日光をなるべく避けることを心がけるのがおすすめです!

赤ちゃんのお肌は日焼けしてしまうと、赤いプツプツが出てしまったりとトラブルの元なので、日差しは避けるに越したことはありませんよ。

上半身は薄手のTシャツやラッシュガードを着せて、なるべくお肌が露出しないようにするといいです。川遊びをする時には、帽子をしっかりかぶらせてあげることも忘れないでくださいね!

水辺はとっても虫の好きな場所。いろいろな虫がいて、中にはハチやアブ、蚊などの人を刺す虫もいるので注意が必要です。

赤ちゃんや小さな子どもは、蚊に刺されただけでも、体質や体調によっては真っ赤に腫れてしまう子もいます。

虫に刺されたところがかゆくて、掻き壊して数日後にとびひになってしまうこともあります。赤ちゃんも使える虫よけでしっかりケアして、虫に刺されないように心掛けることが大切です。

まとめ

いかがでしたか??楽しい夏の川遊び。しっかりと歩けるようになったら赤ちゃんも参加OKですよ。

日焼け対策、虫よけ対策でデリケートな赤ちゃんのお肌を刺激から守りつつ、赤ちゃんも、パパもママも家族みんなで楽しいひと時が過ごせるといいですね。

川遊びに出かけたら、くれぐれもお子さんから目を離さないようにお気を付け下さい♪

スポンサーリンク