白Tシャツの黒ずみや黄ばみを綺麗に落とすには漂白剤やつけおきがいい?

白Tシャツの黒ずみや黄ばみって、目立ちますよね。
普通に洗濯しただけでは、なかなか落ちてくれません。

漂白剤につけおきするという方法もありますが、それにはポイントがあります。
また、それとほかの方法の合わせ技で、白Tシャツを元のような白さに戻すことができるんですよ!

さっそく、その方法を見てみましょう!!

スポンサーリンク

白Tシャツに残る黒ずみや黄ばみを落とす方法

実は、黒ずみ黄ばみ「皮脂」が原因です。
Tシャツについた皮脂の汚れは、放っておくと黄ばみになります。
さらにそのままにしておくと、それが黒ずみになってしまうのです。

もしTシャツに黒ずみも黄ばみもある場合、先に古い汚れである黒ずみを落としましょう。

また、皮脂は油ですので、冷たい水より温かい水の方が、汚れ落ちが良いです。
ですので、皮脂汚れ落としの時は、ぬるま湯を使いましょう。

用意するもの

洗面器
酸素系の漂白剤
台所用洗剤
柔らかめの歯ブラシ

手順

①まずは、黒ずみの除去からです。
 台所用洗剤を、黒ずみの部分に垂らし、歯ブラシで軽くこすり、黒ずみを落と
 していきましょう。
 ゴシゴシと強くこすってしまうと生地を傷めてしまいますので、力加減に気を
 つけてくださいね。

②黒ずみの除去が終われば、黄ばみを落とす工程に移ります。
 40度位のぬるま湯を洗面器に入れて、その中に漂白剤を入れます。
 パッケージに書いてある量をいれてくださいね。

③しっかり漂白剤をとかしたら、その中にTシャツを入れます。
 20~30分ほどつけ置きしておけば、黄ばみは取れていきます。

④最後に、洗濯機で普段通りに洗えば、黒ずみと黄ばみは取れています。

白Tシャツの黒ずみや汚れが古かったりひどい場合は?

上記のやり方でも取れないほどのがんこや汚れの場合、下記のやり方を試してみてくださいね。

ちょっとびっくりですが、Tシャツを煮てしまいましょう。

用意するもの

大きな鍋
粉末タイプの酸素系の漂白剤
洗濯用洗剤

手順

①まずは大きめの鍋に、水1リットル漂白剤小さじ1杯洗濯用洗剤小さじ2杯
 をいれ混ぜます。

②しっかりと漂白剤と洗剤が溶けたら、Tシャツをその中に入れて、30分程度煮ます。
 火加減は弱火で、吹きこぼれないように注意してくださいね。
 途中かき混ぜることも、忘れないようにしてくださいね。

③火を止めたら、1日そのままにしておきましょう。

④1日たったら、Tシャツを引き上げ、軽く絞ったら、洗濯機でいつものように
 洗ってください。

スポンサーリンク

白Tシャツの黒ずみや汚れを落とすのに便利なグッズ

「ウタマロ石けん」をご存知でしょうか?
どこのドラッグストアにもある、固形の石けんです。
なんと誕生が、昭和32年というロングセラー石けんなのです。

 

 

この石けんは体にも優しく、100円程度で手に入るので、お財布にも優しいんですよ。

こちらの使い方は…

①まず、汚れが気になる部分を水で濡らします。

②濡らした部分に石けんをこすりつけて、そのあとしっかり揉み洗いします。

③汚れが落ちたら、仕上げに洗濯機にかけます。

もしも汚れがひどい場合は、ウタマロ石けんで
揉み洗いしたあとに、ぬるま湯にしばらく付けておいてください。

まとめ

目立ってしまう白Tシャツの黒ずみ黄ばみの原因は、「皮脂」です。
酸素系漂白剤食器用洗剤のダブル使いで、汚れを落としましょう。
皮脂の汚れを落とすのには、ぬるま湯を使うことも忘れないでくださいね。

どうしても落ないがんこな黒ずみ・黄ばみには、
Tシャツを酸素系漂白剤と洗濯用洗剤で煮てしまうという手段を取りましょう。

また、ロングセラー商品「ウタマロ石けん」は、
しっかりと衣服の汚れをとってくれ、しかも安価なのでオススメです。

ドラッグストアや通販で気軽に買えるので、お試しくださいね。

スポンサーリンク