新幹線に愛犬と一緒に乗ることはできるの?料金とマナーについて

遠くの旅行に行く時などは、いつも愛犬はお留守番です。お留守番はいつも可哀そうだと思ってしまいます。大切な愛犬と一緒に新幹線で旅行できれば、嬉しいですよね。

しかし、愛犬と一緒に新幹線に乗れるのかどうか不安です。また、新幹線に乗った愛犬の様子もどうなるかわからないということも不安のひとつですね。

スポンサーリンク

新幹線に飼い犬を乗せるためには「手回り切符」が必要。その料金は?

新幹線に限らず、電車に同伴するペットは、「荷物扱い」「手回り品」になります。

ただ、在来線のような普通の電車の場合は、電車会社によっては、「手回り品料金」が発生しない場合もありますが、

新幹線の場合は、必ず「手回り品」料金は必要です。※盲導犬、介助犬、聴導犬などは例外です。

新幹線の手回り品料金は、1個に付き280円です。したがって、ペットの犬も手回り品料金280円となり駅の窓口で購入することができます。

犬は手回り品ですので、新幹線の犬の席としての購入はできません。指定席はもちろん、自由席も購入することはできませんので、ご注意ください。

また、隣の席にペットのケースを置くことも禁止されています。ペットケースは足元に置くのが普通です。

新幹線に愛犬と乗る時のマナーと大きさの制限

混雑する時間帯には乗らない

空いている時間帯や、空いている車両を選ぶことが大切です。

他人に迷惑をかけないような席を選ぶ

おとなしく小さな犬でも、嫌いな人はいます。苦手な方もいますので、できれば他の人から離れて座ることをお勧めいたします。

自由席を選ぶ

新幹線の自由席は移動しやすいため、閑散期や空いている路線を利用される方にお勧めです。

普段はおとなしい犬でも、新幹線の揺れなどで驚いて鳴いてしまう犬もいます。
そういう時に自由席は臨機応変に対応できます。

グリーン車

座席と座席の間が普通の車両の席より広いので、余裕をもって足元に犬のケースを置くことができます。荷物の多い方にお勧めです。

※指定席の場合は、すぐ移動できるようなデッキに近い席を指定することをお勧めします。

◎ちなみにお勧めは、車両の一番前の窓側です。この席は足元に余裕があります。また、通路側のように人の行き来を気にすることもありません。

スポンサーリンク

新幹線に乗る場合の飼い犬のペットケースの大きさの制限

キャリーバッグに入った小型犬で、おとなしいし外からは見えないから大丈夫と、自分で判断してはいけません。

他のお客さんの中には、ペットアレルギーや極端に犬嫌いの人もいるかもしれませんので、JRが決めたルールは守らなければいけません。

愛犬のキャリーバッグのルール
  • ケースと動物を合わせた重さが「10㎏以内」を超える場合
    小型犬であっても、10㎏を超えた場合は新幹線に乗ることはできません
  • ペットケースの大きさが、長さ70㎝以内、縦・横・高さの合計が90㎝を超える場合には乗車できません
  • 愛犬の全身がペットケースの中に入れること
  • 抱いたままや頭が出るバッグに入れた状態はいけません
  • 駅構内や車内では愛犬をケースから出さないこと
  • 全身が収まっていてもショルダー系のドッグスリングはいけません
  • ソフトタイプ(布製など)のケースはいけません
  • カート(バギータイプのもの)は手回り品のサイズを超える可能性があります(ケースとカートを分離できるタイプを除き)
  • ハードタイプのケースではないけれど、ソフトのキャリーバッグについてもしっかりした丈夫な作りで、全身がケースのようにすっぽり収まり、サイズの規定内であれば問題はないようです
  • ほかの理由・無駄吠えの多い飼い犬などは断られる場合もあります 

新幹線に飼い犬と乗る時に持っていくべきグッズはこれ!

新幹線に乗せるためには、あらかじめ用意しなければいけないことはたくさんありますね。

持っていくグッズ
  • いつもの散歩道具(リードを含む)
  • トイレセット
    ケースの中に最低1枚はトイレシートをセットしておきましょう。別に、数枚~10枚くらいのトイレシートは荷物の中に入れておくようにしてください
  • マナーオムツ・マナーベルトなどを着用できるように慣らしておくことも必要です
  • お気に入りの玩具やお気に入りのガム
    音のしないおもちゃが良いです。ガムはあまり匂いの強くないものを食べさせるようにしてください
  • ペットボトルなどに入れた水とケースの中でも飲めるような小さめのコップ
  • 飼い犬用の替え服

番外編

  • 睡眠薬
    じっとしていない、無駄吠えの多い犬のための睡眠薬
    ※動物病院で獣医さんに処方してもらったもの
  • 酔わないために、新幹線に乗る前には食事を少なめにするか、早いうちに食事を済ませるようにしましょう

まとめ

●飼い犬の新幹線料金は「手回り品料金」と同じ280円

●飼い犬を入れるペットケースの大きさと重さ
 ・長さ70cm以内で縦、横、高さの合計が90cm以内
 ・重さはケースと犬を合わせて10kg以内

●新幹線に乗る時に必要な飼い犬のグッズ
 ・いつもの散歩道具
 ・トイレセット
 ・マナーオムツ・マナーベルト  
 ・お気に入りの玩具やお気に入りのガム
 ・ペットボトルなどに入れた水
 ・飼い犬用の替え服
  など

新幹線に乗る飼い犬と、飼い犬の料金と、ペットケースの大きさなどはわかりました。だから、すぐに旅行に行ける!では、ありません。ちょっと待ってください。

飼い犬と一緒に楽しみたいあなたには、まだやらなければいけないことがあります。それは、ペットケースに慣れていない愛犬のためにペットケースに慣れさせてあげることです。

急に旅行に行くからといってペットケースに押し込まれた愛犬は、普段はおとなしいかもしれませんが、びっくりして鳴いてしまうかもしれません。暴れてしまうかもしれません。

そうならないために、飼い主が十分に配慮して訓練させてあげることも大切です。

さあ、これで準備万端ですね。あとは、愛犬と一緒に新幹線に乗って旅の始まりです。あなたも飼い犬も、存分に楽しんできてくださいね

スポンサーリンク