加湿器の掃除にはクエン酸!代用に酢や重曹でもOKってホント?

冬になると気になるのが乾燥です。

乾燥により、喉や鼻の粘膜も乾燥して風邪をひきやすくなったり
お肌もカサカサになったりと、いいことがありません。

その乾燥対策として加湿器を使っている方は多いと思います。

しかし、加湿器の本体、タンク、フィルターなどの掃除を怠れば
そこに付着した菌やカビを空気中に放出することになります。

そこで今回は、加湿器を扱う上で大切な掃除方法や、
クエン酸や重曹を使って代用できるのかなどをご紹介します。

スポンサーリンク

加湿器の水垢掃除にクエン酸を使って落とす方法を紹介!

暖房など部屋の乾燥対策で健康を目指しているはずが
加湿器の掃除を怠ったため逆に病気をもらってしまうと本末転倒です。

加湿器、と言ってもいくつかパーツがあり
どの部分が掃除を必要とするのでしょうか?

掃除できるパーツは
タンク、フィルター、吹き出し口、吸気グリル、トレイです。

タンクは、水を毎日交換しないと水が腐り
臭いや菌の繁殖の原因になります。

また水道水のカルキの影響で、タンクの中に白い塊がついてしまいます。

吹き出し口、吸気グリル部分は、軽く濡らした雑巾で優しく拭き取り
掃除機で埃などを吸い取れば完了です。

そして、カルキが固まってしまったタンク、フィルター、トレイは
「あるもの」を用意すると簡単に掃除ができてしまいます。

それが「クエン酸」です。

クエン酸は水に溶けやすく、無色無臭の酸性の粉末です。

水道水のカルキによるタンクやポット内の水垢や白い塊を落とす性質があります。

また、酸性なので、アルカリ性を中和させる働きもあります。

クエン酸はドラッグストアや100円ショップでも
クエン酸という名前の粉末として販売されており、簡単に安く入手できるところも魅力です。

では、そのクエン酸尾粉末をどのように使用すれば
加湿器の掃除に使えるのでしょうか。

クエン酸を使ったタンク掃除のやり方

①バケツか、もしくは掃除するパーツが入る大きさの容器に
 水かぬるま湯を入れ、その中にクエン酸を溶かす。

 溶かす量の目安は、水2リットルに対して大さじ1杯程度。

②クエン酸を溶かしたバケツに、水でさっとゆすいだフィルターとトレイ
 タンクのキャップなどを入れ、約30分程浸します。

 汚れがひどい場合は2時間くらい漬け置きしても良いでしょう。

 タンクにはタンクの中にクエン酸を溶かした水を入れ
 蓋をしめたらしっかりと振り、洗います。

③フィルター、トレイ、タンク共にクエン酸を使用した場合は
 その後しっかりと水ですすぎましょう。

 すすいだ後は、清潔なタオルで拭けば、掃除完了です。

加湿器のフィルターも繊細なので、強い力でこすることはできません。

クエン酸を溶かした水に漬けておくだけ。

こんな簡単な方法できれいになるのなら、
こまめな掃除も苦にならないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

加湿器の掃除にクエン酸の代用で酢が使えるってほんと?

加湿器掃除には、加湿器専用の洗剤や
クエン酸を使用することがおすすめされています。

ドラッグストアや100円ショップで簡単に手に入りますが
わざわざ買うのはもったいない、何か家にあるもので代用できないだろうか?
と考える方もいらっしゃるかと思います。

加湿器の汚れの原因は水道水に含まれる
ミネラルなどのカルキが固まって付着したものです。

ミネラルはアルカリ性なので、クエン酸の酸性が効果的とされています。

同じ酸性の性質を持ち、クエン酸の代わりに代用できるもの。

それが「お酢」です。

お酢と水を1:10の割合で混ぜ、その酢水にフィルターを漬け置きます。

タンクにも酢水を入れて、よく振って洗えば掃除は完了です。

ただ、ご存じの通り酢には独特の臭いがあります。

どうしても酢の臭いがつきやすくなりますので
臭いが気にならない方はクエン酸の代用品として使ってみてください。

加湿器の掃除にクエン酸の代用で重曹が使えるってほんと?

クエン酸と合わせて、改めて注目されているのが「重曹」です。

重曹は、以前より私たちにとって身近な存在ですよね。

ふくらし粉として、古くから料理にも利用されているように
人体にも無害な弱アルカリ性の物質です。

さて、この重曹も加湿器掃除に使えるのでしょうか?

重曹は水に溶けにくい性質があり、研磨剤としてよく使われます。

タンク内の水垢や白い塊をこそぎ落すには
重曹をスポンジやブラシにそのままつけて使用できますが
フィルターは繊細なのでこすることはできず、不向きと言えるでしょう。

また、クエン酸とは違って弱アルカリ性なので
漬け置き掃除ができクエン酸の方が加湿器の掃除としては向いていると言えます。

重曹は、鍋のこげ落とし、研磨剤、銀食器などのくもりとり
ゴミ箱や靴の脱臭剤などに向いており、クエン酸同様掃除の救世主であることは
間違いありません。

まとめ

多くの方が乾燥対策として使用しているものが加湿器です。

自宅やオフィス、公共施設などあらゆる場所に設置され
とても身近な存在になっています。

なんだ、思っていたより簡単じゃない。
と、感じていただければ幸いです。

せっかく加湿器を使用するのであれば
クエン酸等を使った簡単掃除で気持ちよく過ごしたいですね。

スポンサーリンク